ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

泌尿器の病気


尿路感染症 症状尿路感染症は、腎臓から尿道の間に細菌が感染する病気です。腎臓、尿管、膀胱、尿道など尿の通り道を尿路と呼びます。この尿路のどこかに大腸菌などの細菌が侵入してきて炎症がおこるのが尿路感染症です。

炎症を起こしている箇所によって、上部尿路感染症、下部尿路感染症に分けられます。尿の通り道は、本来上から下への一方通行ですが、何かの原因で尿が逆流したり停滞した状態が続くと菌が侵入し繁殖しやすくなります。


尿路感染症の症状としては、膀胱や尿道などの下部尿路に炎症が起きると尿の回数が増え、排尿時に痛みをともなってしまいます。


上部尿路感染症である腎盂腎炎になると全身がだるくなり、腰痛がおきたりもします。乳幼児の場合では、顔色が悪くなります。嘔吐や黄疸を起こすこともあり、熱があっても、鼻水やせき、下痢などのかぜ症状はみられません。


尿路感染症は、かぜなどとまちがわれやすい病気なので、高熱が続くときは一度受診していても再受診をするようにします。尿路感染症かどうかは尿検査をすることがわかります。


腎盂腎炎と診断されたときは、入院することになり、一定期間にわたって抗生物質での治療が行われます。


この病気には抗生物質が効果があり、3〜4日ほどで熱がさがり、おしっこもきれいになっていきます。ただし、再発したり慢性化しやすいので、症状が治まったとしても
投薬などの治療は継続されます。


膀胱炎の場合は、抗生物質を投与しながら、水分をたくさんとり、膀胱内の細菌を尿と一緒に排出させます。女性は尿道が短いため男性よりも膀胱炎にかかりやすいので、普段から予防を意識することが大切です。


性器の清潔をこころがけましょう。尿路などに先天的な異常があって、尿路感染症繰り返すケースもあります。この場合は、手術を行うことで治療をすることもあります。




膀胱炎 症状膀胱炎の症状 膀胱炎は、尿道からの細菌感染によって起こる病気です。女性に多く見られる症状で、不潔な性交や冷え、排尿をがまんすることが原因となります。

膀胱は内面が軟らかい粘膜の袋状のものでできている器官で、尿の貯蔵庫としての働きをしています。 膀胱炎とは、膀胱内に 細菌が侵入・繁殖することで炎症が起こる病 気のこと。


膀胱においてたまっている尿のなかには少量の細菌が存在していますが、その細菌が膀胱の中で次第に繁殖をしていくこと膀胱炎になります。


膀胱炎の症状は、尿の回数が増え、終わってもまだ出し足りない感じが残ります。時に尿が出にくい感じがします。肉眼的な血尿がでることもあります。熱はありません。


排尿の回数が非常に多くなり、おしっこを終えたあとい痛みが走り、おしっこが終っ た後に残尿感があって、下腹部に違和感をともなう軽い痛みあらわれてきます。


濁りのあるおしっこや、時には血液がまじることもあります。悪寒をともなう熱が出たりします。


膀胱炎は、尿道が短い細菌が入りやすいという理由で女性に多い病気です。同様な症状でも男性の場合は前立腺炎のことが多くなります。


膀胱炎は再発を繰り返していると、細菌が腎臓にまで及び、高熱とふるえをともなう腎盂腎炎になることがあります。


膀胱炎は軽い症状の場合は、できるだけ水分を摂るようにすれば治ることが多いようです。抗生物質を飲めば、通常3 日ほどで治癒するようで、そのために早めの処置をすることが大切になります。


膀胱炎を予防するために必要なことをいくつか上げておきます。


.好肇譽垢簇莽をためこまないこと 過激なダイエットは避ける、▲肇ぅ譴魏翹しないこと、水分は多めに摂るようにする、こ葦部を清潔に保つこと、ゲ屡梢箸鯲笋笋気覆い茲Δ砲垢襦\戸用ナプキンなどは3時間内に交換することです。




前立腺炎は、最近によって炎症を起こしたもので、急性前立腺炎と慢性前立腺炎があります。大抵、前立腺だけがおかされていることはほとんどなく、となりにある精嚢にも細菌が侵入して、炎症が起きていることが多いようです。

慢性前立腺炎は、普通、壮年期の男性に発症します。急性のものから次第に移行して慢性的なものとなるケースと、はじめから慢性症であるケースがあります。慢性前立腺炎の原因は、腸内細菌によるものとされていますが、クラミジアなどの性病が原因となる場合もあります。
 
慢性前立腺炎の主な症状としては、各種排尿障害、尿道、膀胱、会陰部、腰、大腿部などの疼痛、性欲減退、勃起不全など、いろいろなものがあります。

肛門のところや、下腹部、などに言葉で表現できないような嫌な感じの起こることが普通のようです。尿に膿がまじったり、尿のでる回数が増えたり、残尿管がひどくなったりします。また腰が痛くなることも多いようです。

慢性前立腺炎の治療では、前立腺液を顕微鏡を使用して確かめられ、長期間の化学療法行って、抗生物質などが使用されます。また前立腺へのマッサージなども有効とされています。





尿道狭窄は、尿道の内腔が狭く細いために、尿が出にくくなるもので、生まれつきのものと、後天性のものとがあります。生まれつきのものは、出生のときに発見をされれば、切開手術で治癒します。

それとは反対に後天的な尿道狭窄は、外傷によるものと、淋菌性尿道炎にかかったときに適切な治療を受けないでいると、数ヶ月から数年たってから、その部分が狭くなって起こります。

尿道狭窄の症状は、尿をだそとすると、おなかに力をいれないと出にくい状態になり、そして時間もかかり、尿が膀胱にたまっていても出せなくなることもあります。

軽症のときは、金属製性のブジーという棒状の器具を使用して、少しずつ拡げていきますが、手術によって狭くなった部分を切除したりすることもあるようです。

尿道狭窄は、しばらくほうっておくと、排尿障害のため腎不全や尿湿潤を起こし、命に危険をおよぼすことがあるので、早めに治療をしておくことが大切になります。


前立腺炎は、前立腺が細菌によって炎症をおこしてしまうもので、急性の前立腺炎と慢性の前立腺炎があります。

前立腺炎では、前立腺だけがおかされることはほとんどありません。隣接している精嚢でも細菌感染がおこり、炎症をおこしていることが多く、これを精嚢炎といっています。

急性の前立腺炎の初期症状は発熱です。はじめのころは37度くらいの微熱がでますが、それがすすむに従って40度をこすような高い熱がつづいてしまうこともあります。

それ以外には、はじめのころは排尿をした後に多少痛みがでるくらいですが、高熱がでるようになると、肛門のあたりがはれてしまうような感じになり、痛みを覚え、排尿や排便をするときにひどく痛むようになります。

前立腺炎でその症状が特に悪化をしたときには、尿の閉塞を発生させ、全身の状態も悪くなります。慢性のものの症状は、いろいろで、一様ではありません。急性のものから移行する場合と慢性前立腺炎としてはじめからおこってしまう場合があります。

尿に膿や粘液がまじってきたり、頻尿になったり、残尿感がひどくなってきます。肛門の周囲などに鈍い痛みがでることもあり、それにしたがって腰痛がでることも多いようです。


過活動膀胱とは

過活動膀胱の発症率が年齢上昇とともに増加をしています。昼間の頻尿は年齢によらず50%前後ですが、夜間頻尿は年齢が上がるにつれて急に増加します。尿意切迫感は、50〜70代では男性に多い傾向があり、切迫性の尿失禁は40〜60代で女性の方が多くあるようです。

特に日本では、過活動膀胱に罹っている人が、非常に多いようです。40歳以上1万人を対象としたアンケートによると、40歳以上の人で、過活動膀胱に罹っている人は全体の12.4%、なんと810万人の人が排尿トラブルを起こしています。

過活動膀胱は、膀胱と尿道で構成される下部尿路の機能トラブルで発症します。そのなかで膀胱の筋肉の過活動が原因といわれています。排尿筋過活動とは、膀胱を形づくる筋肉が自分の意思とはかかわりなく勝手に収縮してしまうようになっています。ですから、頻尿になったり、我慢ができなくて、最後には尿を漏らしたりします。

こうした症状に対して、最近では、効果的な薬が手にはいるようになりました。適切な治療を受ければ、症状が軽くなる可能性は非常に高いのです。過活動膀胱の症状は他の病気でもおこってきます。その中には、膀胱癌や前立腺癌などの癌もあります。男性では前立腺肥大症が原因となっていることも多いです。結石が理由のこともあります。

頻尿をおこし、漏れそうなときに、年のせいにして排尿障害があって当たり前とあきらめてしまう人も多いようです。ただ、そうした症状が過活動膀胱のせいなら、薬が効くことが期待されます。また他に重大な病気があるのかもしれません。年齢のせいにすることなく一度検査などで確かめてみることも大切です。


過活動膀胱について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

私は32の男ですが、最近トイレの回数が増えて、膀胱炎では無いかと心配しています...
私は32の男ですが、最近トイレの回数が増えて、膀胱炎では無いかと心配しています。普段は1・2時間に一回で、車に乗ったりすると、増えるような気がします。それで、一回の出る量が他の人に比べて、少ないような...(続きを読む)

過活動膀胱で、10日ほど前から「ベシケア 5mg」を夕食後に1錠服用しています。生...
過活動膀胱で、10日ほど前から「ベシケア 5mg」を夕食後に1錠服用しています。生理痛がひどいのですが、鎮痛剤を服用しても大丈夫でしょうか?鎮痛剤はイブ(イブプロフェン配合製剤)です。よろしくお願いし...(続きを読む)

過活動膀胱のことでみなさんにお聞きします
・・・先日、おもらししたことについてここで質問をしました。たくさんの回答、ありがとうございます。病院へいった結果、「過活動膀胱」だとわかりました。若い人にも多く、私だけではないと知って少し安心しました...(続きを読む)



尿路結石の検査法

尿路結石ができるのには多くの病気や何らかの異常が原因となっています。尿路結石は、その症状が激しい痛みを伴うため症状のあるときの治療はしっかりと行う方が多いですが、一旦なおるともうそれっきり何もしない人が多いことも事実です。

尿路結石の再発率は非常に高く、5年間で約半数の人が再発結石をつくります。高血圧や糖尿病での不摂生は数日のうちに血圧や血糖値の変化にあらわれますが、尿路結石の再発は何年も経ってから現れます。

尿路結石の原因を見つけるにはいくつかの検査が必要となりますが、検査はそんなに面倒ではありません。

原因がはっきりとしているのにこれを見逃していると何度も尿路結石をつくっていまいます。尿路結石の検査は、治療や予防にとても重要なことになるのでシッカリと検査をすることが大切になります。

尿路結石の検査法

○検尿 尿のPHや尿中の成分を顕微鏡で調べます。

○血液検査 血液中のカルシウムや尿酸値などを調べます。

○24時間尿 丸一日の尿量とその中に排泄された物質を調べます。

○結石の成分 結石が実際に手に入れば、その成分を調べることができます。



尿路結石・ピークは40代男性

尿路結石症では、上部は突発的な痛み、下部は尿とともに排石です。上部尿路結石症では、突発的にでてくる側腹部、腰背部の発作的痛みが特徴的で、頻脈、発汗、吐き気、嘔吐などの症状がみられることもあります。

この疼痛は、結石が尿管につまり、腎盂の内圧が急激に上昇して、また結石がつまったことによって上部尿路平滑筋がけいれんをおこすためといわれています。ただし腎結石では疼痛がみられないこともあります。目でたしかに血尿をみとめることもありますが、尿検査で90パーセント以上に尿潜血がみとめます。ただし尿路の完全閉塞状態になってしまうと血尿がみられないこともあります。

下部の尿路結石症では、比較的容易に排尿とともに排石します。まれに尿道に結石がつまると、急激な膀胱のぼうまんにともなって激しい尿意と下腹部痛がでてきます。

尿路結石の95パーセントは上部尿路結石で、20歳代から50歳代の青壮年層を中心に幅広く分布していてピークは40歳代になります。男女比は男性に多く見られ、そして高齢者に多く、前立腺肥大症や膀胱機能障害と関係があります。



前立腺肥大症と老化

前立腺の組織は年齢とともに大きくなり、中年を過ぎの男性のほとんどはに前立腺の肥大がみられます。70歳になると、ほぼ100パーセントの男性にあるといわれますから、年齢的に前立腺が肥大しても当然といえます。

ただ、実際に不快な自覚症状を感じるのはその2割程度で、あとの8割の人たちは、前立腺肥大症をもっていていも、排尿障害を感じることなく過ごしています。前立腺が肥大していても、かならず排尿障害がおこるものではないということになります。

従来は、前立腺の肥大が尿道を圧迫したり、閉塞するために排尿障害が起こるという考え方をしていました。つまりホースがつまるということです。最近はそうした単純なものではなく、むしろ前立腺肥大症が膀胱機能の障害を引き起こすために尿がでにくいとか、頻尿などの症状がでるという考え方もされています。

前立腺肥大症の人の膀胱を調べてみると、約半数の人に過活動などの膀胱の障害があるというデータがあります。過活動は、膀胱の少量の尿がたまっただけで、自分の意志ではコントロールできない膀胱の収縮がおこりやすくなるもので、頻尿や尿もれなどの症状がでます。

前立腺肥大症が進行すると膀胱の活動も落ちてしまいます。この場合は、尿がでにくい、尿が勢いよくでない、残尿感などの自覚症状が強くなります。


膀胱炎の症状

膀胱炎では下腹部がチクチクと痛み、尿が近くなります。


トイレが近くて、排尿するたびに痛い、とか尿が濁っている、残尿感がある

こうした症状は、いずれも膀胱炎の可能性が高いです。

膀胱炎は、尿道からの細菌感染が原因でおこることがほとんどです。

ですから、尿道の短い女性のほうがかかりやすくなります。

またおしっこを長時間我慢すると、膀胱炎にかかりやすいという特徴もあります。


膀胱炎の治療は、膀胱の中の繁殖した菌を洗い流すのが、もっともてっとり早い方法です。

水分をいっぱいとり、おしっこを沢山だすようにします。

病院へいくと抗生剤を処方してもらえます。


最近は膀胱炎によく効く抗生剤がたくさん開発をされていますから、それらを上手にりようしましょう。

膀胱炎の痛みは抗生剤がきけば自然にとれます。


ただし、一度治癒をしても、肛門付近の大腸菌などが膀胱にはいるとすぐに再発をしてしまうので、つねに清潔な状態を保っていくことが大切になります。


膀胱炎は薬を飲めば一週間以内に治ってしまいますが、放っておくと膀胱内で細菌が尿管を逆流して腎臓へ向かい、腎盂炎をおこすことがあります。

腎盂炎になると高熱がでて、ときには重症になることもあるので注意が必要です。