ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

呼吸器の病気


小児喘息 症状小児喘息は、呼吸をするときに呼吸困難を繰り返す病気で、軽度の場合、激しい咳やヒューヒュー、ゼーゼーといった喘鳴や、呼吸が速くなるなどの症状がみられます。

小児喘息は中度まで進行してくると、横になって寝てしまうよりも座っているほうが楽になり、呼吸もさらに短くなって速くなります。苦しいので話をするのもつらく、イライラをおこしたります。乳児の場合では、授乳しにくくなります。

小児喘息では、重度になってくると、座ったりまっすぐに立ったりすることさへも苦しくなりチアノーゼをおこします。


喘息の呼吸には特徴があって、吸うのは楽でも、吐くことが困難になります。そのため、呼気が長くなると傾向があります。


小児喘息の初期の頃は、風邪をひいたときに咳がなかなか治らなかったり、ヒューヒューと呼吸にともなって音が聞こえることが多いようです。


風邪にかかるたびにこうした症状を繰り返しているうちに、風邪に罹らなくてもぜんめいが聞こえるようになったり、咳がでやすくなったり、運動をすると同様にぜんめいや咳がでて、苦しくなることがおこるようになります。


喘息そのもののおこる原因は、まだよくわかっていませんが、遺伝が大きく関係をしていると考えられています。また現在では大気の状態が悪く、環境によっても悪化していくと考えられます。


小児喘息の治療法は、まずは治療の前に喘息であるかどうか、何が原因となっているかを調べる必要があります。


小さな子供の場合は、痰が詰まっただけでも喘息のような音がでることもあるので、慎重に診断をしないといけません。


5歳以上の小児の場合は、ピークフローメーターという器具を使って、肺の機能を確かめることができるので、喘息であるかどうかをかなり詳しく調べることができます。


小児喘息の治療は、体質そのものに対する根本的な治療と、発作時の対症療法があります。


発作に対しては、気管支を広げていく吸入薬や内服薬を使い、発作が重いときには副腎皮質ステロイド薬の短期の大量投与も必要になってきます。


また水分補給と酸素吸入も行って発作を軽くしていきます。小児喘息は、なんといっても予防が大切になります。発作の予防には、少量の副腎皮質ステロイド薬やメンタールなどの吸入薬が使われます。


小さい子供は、自分で上手に吸入できないことがあるので、ネプライザーや吸入補助器を使用することがあります。




誤嚥性肺炎 症状誤嚥性肺炎は、高齢者に多い細菌性肺炎になります。特に認知症とか脳梗塞などの後遺症から、唾液や飲食物を飲み込む嚥下機能が低下している人におこります。

脳性麻痺を起こしている人や高齢者は、肺炎で命を落とされることが多々あります。肺炎の原因はいろいろありますが、誤嚥性肺炎は、嚥下障害のために、口の中の細菌で汚れた唾液や食物を気管へ吸引して発生します。

誤嚥性肺炎は、一般的な細菌性肺炎にみられるような発熱や咳はあまりともなわず、悪臭を放つ膿性の痰がでてきます。


その他として、元気がない、食欲がないといった、一見肺炎とわからないような軽い症状しかあらわれないこともあります。


誤嚥性肺炎がおこる原因としては、食道に流れ込むべき唾液や飲食物が誤って気管に入ってしまい、雑菌などを一緒に飲み込んでしまうことが感染をおこすします。普通は、誤嚥から1週間ほどで症状がでてきます。


治療法は、原因となる細菌に作用する抗菌薬も増加しているため、高齢者など、肺炎にかかるリスクの高い人では、肺炎球菌ワクチン接種によって免疫力を高めておくなどのよ予防策も必要となります。


流動食を含めた食事を止め、点滴により水分の補給と抗生剤の投与をします.

また誤嚥を予防するための嚥下訓練を実施したり、食後2時間以内は横にならないなどの生活習慣病も大切になります。


口のなかの細菌を減らし、清潔に保つために口腔ケアを行うことも予防につながっていきます。





慢性閉塞性肺疾患 COPD慢性閉塞性肺疾患である慢性気管支炎、肺気腫といわれていたものをまとめてCOPDと言われるようになりました。肺に発症する生活習慣病です。日本では、約530万人の人が罹っているといわれています。

慢性閉塞性肺疾患になると、咳や痰が連日続くようになり、身体を動かしたときなどに息切れを起こすようになります。

慢性閉塞性肺疾患の症状はゆっくりと進行し、息切れがひどくなって日常生活に支障をきたすようになります。


せきや痰から始まり、しばらくするとこれに息切れが加わります。ありふれた症状で進行していくために自分が病気であることに気づきにくいのが特徴です。


気づかないうちに肺の機能が低下していき、少しの運動でも息切れを起こし、日常生活に支障をきたすようになってきます


さらに重症化してくると、慢性呼吸不全におちいり、心不全とか重い肺炎を併発するようになって、死に至ることがあります。


慢性閉塞性肺疾患の多くはタバコで、この病気は、喫煙者に多くみられます。たばこの有害な粒子やガスを長期間吸い続けてきたため、肺に慢性的な炎症が起こっている状態です。


分泌物や痰が増えて、気管支の内腔が細くなったり、肺胞の壁も破壊されて、酸素と二酸化炭素のガス交換がスムーズにいかなくなります。


その結果として、体内が酸欠状態になり、息苦しくなってきます。

慢性閉塞性肺疾患の治療法は、その症状の程度によって、異なってきますが、いずれも禁煙することから治療が始まります。


中等度の場合は、呼吸を楽にするための薬物療法、呼吸機能の低下がみられる場合は、現在の呼吸機能を効率的に生かすための訓練が行われます。


重症患者の呼吸不全を改善するためには、酸素吸入法が必要になります。





気管支ぜんそく 症状気管支ぜんそくは、一般に小児ぜんそくといわれています。アレルギー反応によって気管支が収縮したり、気管支の粘膜が腫れたりして、気道が狭くなってきて呼吸を行うことが困難になり苦しくなる病気です。


気管支ぜんそくの症状は、何度も繰り返しおこります。気道炎症をおこした部分がさらに敏感になって再び気道炎症をおこしやすくなります。


ただ、気管支ぜんそくは、一生つきあっていくものかというとそうではなく、一般的に成長とともに軽くなっていくのが普通です。そうした理由から、小児ぜんそくといわれています。


小児から成長して、15歳前後になる頃では、70パーセントが症状が消えている、また、軽減しています。予後にも影響してくるので気管支ぜんそくの診断は専門医のもとで慎重におこなう必要があります。


気管支ぜんそくの症状である発作は、人によっていろいろです。小さな発作はヒューヒュー、ゼェーゼェーという軽い喘鳴がひどくなり、陥没呼吸もみられます。


大きな発作では、さらに喘鳴が強くなり、呼吸困難で眠ることもできなくなります。寝ていると苦しいので、座った状態で呼吸をしなければなりません。チアノーゼがおきることもあります。


気管支ぜんそくでは、治療も症状によって、それぞれ違いますが、基本は長期管理と予防です。


発作がおきたら、気道を広げる気管支拡張薬や副腎皮質ステロイド薬を用います。また、長期管理薬としてロイコトリエン受容体拮抗薬や吸入ステロイド薬を使用します。


家の中でアレルゲンがわかっているときは、それらをできるだけ遠ざけるなどの工夫をすることが大切になります。家で発作がおきたら、少し前かがみに座らせるようにすると楽になります。





気管支喘息 症状気管支喘息は、せきの発作を起こすと、胸がゼイゼイといって、汗をかき、肩でいきをします。1〜3歳くらいに発病することが多く、男の子に多くみられます。


気管支喘息は、一般に小児喘息といわれています。アレルギー反応によって気管支が収縮したり、気管支の粘膜が腫れたりして、気道が狭くなってきて呼吸が次第に苦しくなります。


アレルギー体質の子供が大気の汚染、たばこの煙のほか、ウイルスやダニ、などにであうと過敏に反応してしまいます。


気管支喘息は、繰り返しおこります。気道炎症をおこした部分がさらに敏感になって再び気道炎症をおこしやすくなります。


気管支喘息は、一生つきあっていくものかというとそうではなく、成長とともに軽くなっていくのが普通です。小児ぜんそくといわれるのはそのためです。


15歳前後では、70パーセントが症状が消えている、また、軽減しています。予後にも影響してくるので気管支喘息の診断は専門医のもとで慎重におこなう必要があります。


気管支喘息の症状である発作は、人によっていろいろです。小さな発作はヒューヒュー、ゼェーゼェーという軽い喘鳴がひどくなり、陥没呼吸もみられます。


大きな発作では、さらに喘鳴が強くなり、呼吸困難で眠ることもできなくなります。寝ていると苦しいので、座った状態で呼吸をしなければなりません。チアノーゼがおきることもあります。


気管支喘息では、治療も症状によって、それぞれ違いますが、基本は長期管理と予防です。


発作がおきたら、気道を広げる気管支拡張薬や副腎皮質ステロイド薬を用います。また、長期管理薬としてロイコトリエン受容体拮抗薬や吸入ステロイド薬を使用します。


少しぐらい発作をおこすことがあっても、あまり気にしないで、病人扱いにあまりしないことが大切です。天気のいい日などは、外で遊ばせて肌を鍛えることが大切です。





無呼吸症候群 症状 治療法無呼吸症候群は、睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上か睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる場合に診断されます。呼吸数が5〜15回を軽症、15〜30回を中等症、30回以上を重症と診断されます。


睡眠中に頻繁に無呼吸の状態を繰り返すことにより、熟睡がでにくくなり、睡眠時間をとったにもかかわらず、日中に眠気を感じるようになり、交通事故等を引き起こてしまう恐ろしい病気です。


無呼吸症候群にかかり、そのまま治療を受けずに放置しておくと生命に危険が及ぶケースもあります。アメリカで行われた研究で驚くべきデータが出ています。


1時間当たりの無呼吸数が20回以上の重い無呼吸症候群の人は、治療をせずに放置すると9年後には心臓病、脳卒中、交通事故などの原因で10人に4人が死亡してしまうという統計が発表されています。


なので無呼吸症候群になったら適正な症状分析と診断、治療、予防などの対策が必要になります。また、眠っている間に呼吸が数十回、数百回と止まってしまうと、体内の酸素不足が深刻にもなります。


酸素が不足してくると寝苦しさや息苦しいという症状が現れ、睡眠不足となります。また酸素不足は循環機能に負担をかけてしまい、不整脈、高血圧、心不全、糖尿病等を引き起こしてしまういろいろな問題点があります。


ですから、いびきのあとに呼吸が止まるような症状があるときには無呼吸症を疑い、 早めの治療が必要です。最近では睡眠ポリグラフィーという検査が行われます。


無呼吸症候群では、基本的には入院検査になりますが、睡眠状態を見るために脳波、筋電図、眼球運動、呼吸状態を調べること出来ます。


検査では血液中の酸素濃度を調べるパルスオキシメーターと呼ばれるセンサーをつけてベッドに入ります。また、無呼吸症候群は肥満傾向から大きないびきをかくという特徴があります。


いびきは体重の増加ととも大きくなるためとくに肥満傾向にある方は注意が必要です。無呼吸症候群の治療には大きく分けて3つの方法があります。


1、外科的手術で狭くなった気道を広くする方法  2、睡眠時にマウスピースを装着して下あごを前方に引き出し気味に固定し、気道が閉じないようにする方法  3、専用の鼻マスクを装着して、CPAPと呼ばれる装置から持続的に空気を送り込むことで気道を陽圧にして内部から押しひろげて閉塞を防ぐ方法があります。


重篤な病気にかかるリスクを軽減するためにも無呼吸症候群の診断が下されたら早急に治療を行う必要があります。





呼吸器疾患 病気呼吸器疾患は、呼吸器に発生する病気の総称になります。酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出する大切な臓器が呼吸器ですが、その呼吸器に疾患が発生すると、呼吸器のいろいろな部分に影響がでてきます。


呼吸器疾患には気管支炎 、気管支喘息、肺炎、肺気腫、胸膜炎、鼻炎 、扁桃炎 、咽頭炎、喉頭炎などの病気があります。 


風邪なども正確には急性上気道炎と呼ばれていて、呼吸器疾患に含まれるものが多くあります。その多くのケースでは、気管や気管支にも炎症が及んでおり気管支炎を併発しています。


呼吸器疾患の症状がおもくなってくると肺炎になって命にかかわる症状になったりし、風邪ということで治療をしないでそのまま放置をしてしまうと重篤な症状に陥ります。


気管支喘息 気管支がアレルギーなどで炎症を起こし過敏になり、何かの刺激で腫れたり痰がでたりして狭くなることによって呼吸困難が出現します。


気管支を広げる薬で治療となりますが、予防的な治療が大事です。また、アレルギーで起こっていることも多くアレルギーに対する治療を必要な場合もあります。



肺気腫 呼吸細気管支と肺胞が拡張し、壊れてしまう病気です。ほとんどが煙草の原因と考えられています。息を吸うときには、肺に空気が入っていきますが、吐き出すときにうまく空気が肺から出て行かなくなります。


また、喘息様発作を併発することも多くあります。治療としては禁煙はもちろんですが、薬としては気管支を拡張させる薬や酸素療法を行います。



肺炎 肺のなかは一般的に無菌状態ですが、呼吸の際に吸い込んだ感染源が肺内に進入し炎症を生じる病気です。細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、心筋性肺炎などの感染性の肺炎と、薬剤性肺炎、アレルギー性肺炎などの非感染性の肺炎があります。


菌咳、黄色痰、高熱等の症状が出現しますが、高齢者の場合は症状があまりでないこともあります。特殊な菌やウィルスやカビなど原因の確定診断が治療のうえで重要です。


肺癌 現在、日本人の癌の死亡率のなかで男女ともに肺癌が1位になっています。肺癌は初期は無症状のことが多く、症状出現時には進行しており、手遅れのことが多い病気だからです。そのため定期検査による早期発見が非常に大切です。


血痰や胸痛は肺癌の可能性を強く疑わせる症状の一つであるため、血痰や胸痛が認められた場合は早期診療を必要とします。


肺結核 結核菌による肺感染症の一つです。初期症状は、咳、痰と微熱が出て、体重減少や全身倦怠感もあります。肺結核の確定には胸部レントゲン検査、痰の検査などが必要です。





気管支喘息気管支喘息は、1型アレルギーの代表的な症状になります。

気管支喘息は気管に吸い込まれたホコリやダニの死骸や糞などの抗原が、粘膜上皮下のマスト細胞に固着している抗体と反応し、平滑筋が収縮し気道を狭くすることによって発症します。


気管支喘息は肺への空気の供給および排気が少なくなり、呼吸困難から喘息発作が起こります。気道を取り巻く筋肉は平滑筋といわれ、自律神経の支配を受けます。


通常交感神経は筋肉は緊張、収縮させるものですが、気管支の場合は交感神経支配が強まると気道は広がり、副交感神経支配では逆に気道が狭くなり、夜間や朝方に喘息発作が起こるのは、この時間帯が副交感神経の支配が強いことによります。


小児の気管支喘息は、思春期を迎える頃になると半減し、大人になるにつれ増加傾向をたどります。


この頃から進学や就職などのストレス期にあることで、従来から言われているストレスが自律神経失調症の原因であるということの矛盾です。


ストレスには、いろいろな種類があって、思春期に受ける正常なストレスは意欲の神経である交感神経支配を強めることになり、アレルギーや喘息発作を減少させることが考えられます。


気管支喘息の減少は、ストレスが交感神経をより強く刺激し、気管を拡張したためだ、と考えられます。


気管支喘息以外のアレルギー症状が減少したとすれば、交感神経支配の強化によって、体熱産生量が増え核心温度が正常化したこと、および皮膚血流量が抑えられ皮膚組織が正常化したこと及び冷え性の軽減に体調アップなどが考えられます。


ストレスにイライラ、クヨクヨさせるマイナスのストレスとその反対のプラスのストレスがあります。


プラスのストレスをも含めてそれを病気の原因としているのは間違いで、適度なストレスは健康にとって必要なものです。


強度の冷え性であるか、何らかの原因で内臓に障害のある人にとって、健常者にプラスのストレスが逆に負担になる場合もあります。


こうしたストレスの受け止め方をする子供が不登校児になる傾向があるようです。また、まったくストレスのない子供も同様のようです。





呼吸不全 症状呼吸不全の症状は、血液中に占めている酸素濃度が極端に低下をしたり、二酸化炭素の濃度が極端に上昇している症状のことをいいます。

呼吸器官である肺の働きは,空気中の酸素を体内に取りこんで,代謝の結果生まれた二酸化炭素を空気中に排出することです。


身体に何らかのトラブルや病気が原因となって肺の機能が低下をすると、空気中の酸素を取り込む能力が低下していき血液中の酸素の量が低下します。


逆に二酸化炭素がたまってくる場合もあります。血液中の酸素量が一定基準より低下した状態をさします。


呼吸不全は、慢性的な肺の病気の最後の段階に起こることが多く、急を要する治療が必要になります。


急性呼吸促迫症候群などの重篤な急性肺疾患によって、健康な人にも呼吸不全は発症します。呼吸機能や肺に影響を及ぼす多くの病気が呼吸不全を起こすことも考えられます。


酒などのアルコール類などの過剰な摂取は重い鎮静状態をおこし、呼吸停止や呼吸不全を引き起こします。


気道の閉塞、肺組織の損傷、肺周辺の骨や組織の障害、肺を正常な形にしている筋力の衰えなども呼吸不全を起こす原因になります。


肺塞栓症のように肺を通過する血流の異常によっても呼吸不全は起こります。肺塞栓症では肺への空気の出入りは阻害されませんが、肺の一部への血流が止まるため、空気中から酸素をうまく取りこめなくなります。


呼吸不全によって血液のなかに含まれている酸素濃度が低くなると、皮膚が青っぽく変化するチアノーゼが起こり、二酸化炭素濃度が上昇して血液の酸性度が高くなると、錯乱や眠気が起こります。


身体は二酸化炭素を身体の外に出そうとと深く速く呼吸をくりかえしますが、肺が正常に機能していないケースでこうした呼吸をしても効果はあまりありません。


そして酸素濃度の低下によって脳や心臓は機能不全になり、呼吸不全は、意識の混濁や意識消失、不整脈などが起きて生死にかかわる重篤な症状へとつながっていきます。



肺化膿症は、肺の一部に細菌感染による炎症がおこり、化膿した状態になる病気で、細菌性肺炎の重症化したタイプといえます。

誤嚥をおこしやすい高齢者、麻酔や飲酒の影響で意識が薄れた人、身体の免疫機能が低下した人などに肺化膿症は発症します。

肺組織の損傷の程度は、誘引になる細菌の数や性状によって変わってきます。嫌気性菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、クレブシエラ、大腸菌などが肺化膿症を起こしやすい細菌になります。

肺化膿症の症状は、疲労感や食欲不振などからはじまり、やがて痰をともなう咳がでてきます。痰は悪臭を帯び、血が混じることもあります。

症状が長引いてくると体重が減少し、発熱などもみられるようになります。

肺化膿症の原因は、口やのどにある細菌です。細菌が肺のなかに吸い込まれて感染症をおこしてしまうものです。意識障害のある人は誤嚥をおこしやすく、細菌が気管のほうに流れ込んでしまいます。

それが肺の中で増殖し、感染を広げることになります。

治療法としては、殺菌作用のある抗生物質を点滴注射をします。症状が回復し始めたら、点滴からのみ薬にかえますが、完治までには数週間から数ヶ月かかります。

薬物療法のほか、体位ドレナージで膿瘍の排出を促したり、気管支鏡で痰を吸引します。

肺化膿症の治療は入院治療が基本となります。検査により誤嚥性肺炎なのか、血行性感染なのかをはっきりとさせます。

誤嚥性肺炎では、嫌気性菌の関与を考慮して、ペニシリン系とβ―ラクタマーゼ阻害薬との配合薬、クリンダマイシン、カルバペネム系抗菌薬がすすめられます。

血行性感染が原因のものは、原発の病巣を特定して、抗菌薬を選びます。