ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

女性の病気


PCOS 多嚢胞性卵巣症候群POCS 多嚢胞性卵巣症候群は、女性の約7〜10パーセントにみられる病気です。多嚢胞性というその名の通り、卵巣のなかに小卵胞がたくさんできているのに、なかなか排卵できない状態がしばらくつづきます。

超音波検査やMRI検査の画像から、卵巣のなかにふくらんだ卵胞がいくつも入っているのが判明します。

経膣超音波断層法の検査で、左右それぞれの卵巣について2〜9mmの卵胞が12個以上ある、もしくは卵巣の体積が左右の平均で10mlを超えていると多嚢胞性卵巣、これに月経異常と卵巣を刺激すると黄体形成ホルモンの過剰分泌が加わり、三つがそろった場合はPCOS 多嚢胞性卵巣症候群と診断されます。


PCOS 多嚢胞性卵巣症候群の月経異常の症状はいろいろあり、全く排卵しなくなる場合もあれば、ときどき排卵がおこるケースもあります。月経の周期が長くなる、黄体機能不全になることもあります。


不妊や月経不順だけでなく男性化の症状があらわれます。 多嚢胞性卵巣症候群のメカニズムは、残念ながら、まだ完全にわかっていません。主な原因は、脳下垂体から黄体形成ホルモンが過剰に分泌されることです。


黄体形成ホルモンホルモンが過剰になってくると、男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌量が増加します。


そうしたことが引き金になって、にきびができる、声が小さくなる、筋肉量が増える、胸や顔など男性と同じ部位に体毛が生えるといった、男性化と呼ばれるいろいろな症状がみられます。


欧米人に比べて日本人は、こうした男性化粧症状が出現する頻度が少なくないことが知られています。


血液検査に加えて、糖負荷試験、またはインスリン抵抗性の検査がおこなわれる場合もあります。


これらはPCOS 多嚢胞性卵巣症候群の診断や治療方針を決める上で必須の検査ではありませんが、PCOSの女性ではインスリンの分泌量が過剰になる、あるいは分泌されたインスリンが正しく働かなくなるケースが多いからです。


そのため、体重が増えたり、減量が困難になってくると傾向があり、ほとんどの人は肥満をともなっています。

糖尿病や動脈硬化のリスクも高くなる女性の生活習慣病です。PCOS 多嚢胞性卵巣症候群は、月経不順や不妊だけでなく、動脈硬化から脳梗塞や心筋梗塞などを発症するリスクが高いということです。


また、子宮内膜症や子宮体がんのリスクも高くなります。PCOSが女性の生活習慣病ともいわれるのは、そのような理由からです。


多くの場合、若いうちから症状があらわれます。PCOS 多嚢胞性卵巣症候群の人は思春期に初経がこないこともあり、この場合は卵巣からの排卵がおこりません。初経がきても、月経不順が続くことがおおくなります。


近年、PCOS 多嚢胞性卵巣症候群の発症率が高くなっているのは、たんなる肥満だけでなく、過激なダイエットとリバウンドの繰り返しによる体重の急激な変化なども影響をしているのではないかとも考えられています。


PCOS 多嚢胞性卵巣症候群の根本的な治療法は確立されていまえん。症状とその重症度、年齢、妊娠の希望などを考慮して治療法を選択するようにします。


子宮体がんがないことを確認するためには、超音波検査で子宮内膜の状態をみるほか、子宮内膜の細胞を採取して検査をおこなうようにします。


妊娠を希望しない場合や、軽症の場合は経過をみるだけのこともありますが、重症であればやはり薬物などによる治療が必要です。


妊娠を望む場合は、排卵を誘発する治療薬や周期的に黄体ホルモンを使用する、あるいは卵胞ホルモンと黄体ホルモンを順次使用する治療の他、卵巣の表面に小さな穴をあけて排卵をしやすくする治療、妊娠のための対外受精などの方法があります。


肥満がある場合は、生活改善によって減量を実践するようにしましょう。高脂肪、高たんぱくの欧米化食が影響をあたているようです。食事は、食性にあった伝統的な和食をベースにするのがベストです。



多のう胞性卵巣症候群は、未熟な卵胞がたくさんできてしまい、排卵がおこらなくなってしまった状態をいいます。多のう胞性卵巣症候群の主な症状としては、生理不順、生理がこない、妊娠しないといったものがあげられます。

超音波検査で、卵巣の表面に直径、5〜10ミリくらいの真珠のような小さな袋がつらなっているのがみられる状態を多のう胞性卵巣といいます。組織が増殖すると卵巣が腫れて大きくなっていきますが、そのほとんどは症状がなく、排卵も生理も正常にあって、妊娠も可能です。

多のう胞性卵巣症のうち卵巣は、おおう膜が厚く硬くなって、排卵がおこりにくく、そのために生理が不順になったり止まったりして血液検査でも異常がみられるものを多のう胞性卵巣症候群といいます。

男性ホルモンがふえることがあり、体毛がこくなって、にきびができやすくなることもあります。

多のう胞性卵巣症候群の治療では、女性ホルモンを薬で補うホルモン補充療法をおこなって、生理が周期的にくるようにします。不妊を改善したいケースでは、それにプラスして俳卵誘発剤を使って俳卵をおこすことによって、妊娠をしやすい状態をつくっていきます。

太り気味の人は、やせるだけで俳卵するようになり、生理がもどることがあります。場合によっては、腹腔鏡手術を行って俳卵をしやすくすることもあるようです。


子宮筋腫は子宮に発症する腫瘍ですが、婦人科の中年以降の病気では、非常に多く見られる病気です。

子宮筋腫症状には次のようなものあります。

月経困難症 月経痛がひどくなり、月経に関係なく、腰痛がおこったり、下腹部に圧迫感があったりします。直腸を筋腫が圧迫すると、便秘の症状になったりします。その前方にある、膀胱に圧力がかかると、おしっこが近くなります。

下肢のむくみや腰痛 子宮筋腫が大きくなって、骨盤内の神経や血管を圧迫すると、血液の循環が悪くなって、下肢がむくんだり、神経を圧迫したりして、腰痛を引き起こしたりします。

月経量の増加や不正出血 子宮筋腫は子宮がんとならんで、不正出血の原因になります。また月経量が増え、血液の固まりがでてきたり、期間が長引いたりします。その結果、頭痛や全身倦怠感がおこってきます。

妊娠しにくい 子宮筋腫があると子宮内腔が変形し、受精や受精卵の着床、発育の邪魔をします。そういうことから子宮筋腫があると、妊娠しにくく、妊娠したとしても流産をすることが多いようです。

子宮筋腫は、人によって、自覚症状がまったくない場合もあります。他の病気で病院に行った時に、偶然発見されることもあります。


卵巣腫瘍とは

卵巣は、卵子を育て、毎月の俳卵や女性ホルモンの分泌など、複雑な働きをする臓器です。卵巣はたくさんの種類の細胞でできていて、排卵のたびに傷ついては修復を繰り返すこともあって、からだのなかで腫瘍ができやすい場所のひとつです。

女性の5〜7パーセントでおこるといわれています。卵巣にできる腫瘍は20種類ほどありますが、ふくらんだ中に液体がたまっているものを卵巣腫瘍といいます。卵巣腫瘍の8割は卵巣のう腫です。

卵巣腫瘍は、良性、境界悪性、悪性型の3種類にわけられますが、卵巣腫瘍のうち、卵巣のう腫の多くは良性、それ以外の充実性腫瘍では、約8割が境界悪性または悪性といわれています。悪性の代表的なのが卵巣がんです。

腫瘍が小さいうちは、自覚症状はほとんどなく、きづくのはこぶしほどの大きさになるころです。おなかがふくらんだり、腹痛や腰痛、まわりの臓器を圧迫して便秘や頻尿がみられたりします。生理時以外にも下腹部がいたくなったり、ウエストがふとくなったりと感じることがあります。

また運動などで腫瘍がねじれる茎捻転がおきると、吐き気や激しい痛みがでてきて歩けなくなることもでてきます。


乳腺症の症状について

乳房にできるしこりのおよそ8〜9割はこの乳腺症といわれる病気です。主に30〜50歳までの女性によくあらわれてくるある種の乳腺の老化現象のような症状であって、病気とはみなさないと考えられるケースもあります。

乳腺症の多くの場合、乳房の外側上方に境目のはっきりしない固いしこりが発症して、指でつまんだりすると軽い痛みがでてきます。月経の前に特になるとしこりは拡大し、月経が終わるとしこりははっきりしなくなり痛みもとれてきます。

乳がんと乳腺症との関係はあまり関係ないとされています。原因としては、女性ホルモンを中心とするホルモンのアンバランスが考えられています。乳腺症のしこりの内部には線維化したり、過剰に増殖した乳腺組織や、液体のたまった袋がありますが、乳腺症から乳がんに移行することはまれであるとわかってきました。

乳腺症で乳房の痛みの症状が軽症の場合には経過をみておくだけでよく、3〜6カ月するとしこりが自然と消えていきます。乳房におこる痛みなどが強いときは鎮痛薬やホルモン薬を内服するときもあります。乳腺症は閉経期後には、頻度は急に低くなってきます。


乳腺症について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

乳腺症:かゆいとき、かいてもいいのですか?
・・・乳ガン検診の際、医者に乳腺症と言われました。特別な病気ではないので、ほっといていいよ、と言われましたが、時々かゆいので困っています。かいてもいいのでしょうか?また悪化すると大病になるなど....(続きを読む)

乳腺症について教えてください。
・・・先日、胸に「しこり」があり病院で検査を受けました。結果は乳腺症でしこりも1cm程の大きさなので心配ないと言われました。そもそも、どうして乳腺にしこりができるのでしょう?ほかっておいても本当に大丈...(続きを読む)

乳腺症と診断された場合、保険に入れるかどうか
・・・会社の健康診断で乳腺症と診断されました。この場合、生命保険、医療保険に入ることができるのでしょうか。特に女性疾患向け保険に入ることは可能でしょうか。どなたか、教えてください。よろしくお願いします...(続きを読む)




カンジダ腟炎の症状

カンジダ膣炎の主な症状は、激しいかゆみ、おりものの異常です。カンジダ膣炎は、カンジダというカビの一種である細菌が増殖することで起こるものです。

カンジダというのは、腟や外陰部の常在菌の種にあたり、妊婦の20%以上で検出されるといわれています。ただ、検出されてもカンジダ腟炎ということではありません。カンジダが様々な原因で増え、腟や外陰部に炎症を起こし症状が出て初めてカンジダ腟炎といわれます。

カンジダ膣炎の主症状としては、外陰部およびその周辺に激しいかゆみがでて、濃いクリーム状のおりものが増加していくるのが特徴です。

主治療は腟内や外陰部の白色苔状のおりものを十分拭きとった後、抗カンジダ薬(腟坐薬を腟の奥のほうに挿入し、抗カンジダ薬を含む軟膏を外陰部にすり込みます。

治療期間は10日間毎日行われます。たいていの場合、4〜5日で症状が軽くなることが多いですが、治療を中止すると再発しますので、辛抱つよく治療を続けることが肝心です。妊娠しているときには、治療しておかないと、出産のとき、腟内のカンジダが新生児の口腔に感染し、口腔カンジダ症の原因となります。

カンジダの感染経路は性交による場合や接触、入浴での家族内感染などがあります。カンジダ腟炎は再発をくり返すことがしばしばあります。原因として治療の不徹底、夫の陰茎にうつったカンジダが性交により、再度妻のほうに移行するいわゆるピンポン感染です。


カンジダ膣炎について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

カンジダ膣炎について・・・
・・・2.3日前から、陰部のかゆみがあって。今日、婦人科に行ったら『カンジダ膣炎』って言われました。その時に先生に聞き忘れてしまった事があって。それは入浴についてで。いつも旦那や子供とお風呂に入るので...(続きを読む)

カンジダ膣炎について教えてください
・・・現在、24週の初産婦ですが、先日カンジダ膣炎と診断されました。本によると膣内が細菌に感染すると早産を引き起こすことがあるとあり、すごく怖くなっていましたが、別の本でカンジダ膣炎は直接早産に結びつ...(続きを読む)

カンジダ膣炎で・・・
・・・いる」と言われました。(性行為はなし)もう最近はカンジダ膣炎になるとすぐ分かります。カンジダになったら絶対病院に行かなければならないのでしょうか。市販の薬でカンジダの治療薬はないものでしょうか。...(続きを読む)




主婦湿疹の症状

主婦湿疹は、手のひら、特に指先などを中心に、皮膚はガサガサになり、乾燥し、かたくなって、ひび割れができてきます。主婦湿疹の症状はしだいに広がっていくことから、進行性という言葉があります。手や指先をよく使う人にみられます。

皮膚の表面自体は、皮脂膜によってまもられています。ただ、機械的、化学的なくり返しの攻撃によって、その保護膜が壊されてしまい、それらの修復が間に合わず、ついに皮膚は荒れてしまいます。

右利きの人なら右手の指先、特に物を持つときによく使う親指、人差し指、中指にまず起きてきます。すると、その指があたると痛いために、自然に左手を使うために左手にも症状が生じ、病気が進んているようにみえます。

手のひら全体にひび割れが広がっていきます、よく洗剤かぶれと間違われますが、洗剤や水仕事によってだけ起こるとすれば、手の甲も含めて、手全体が荒れるはずです。

炊事、洗濯、掃除、子育てと、主婦が家事で手を使う頻度は想像以上です。そこで進行性指掌角皮症が起こり、そのうえ、水仕事や洗剤の攻撃を受ければ、手の皮膚はボロボロになっていきます。

こうした状態が、主婦湿疹いわれるものです。その症状は子どもの数に比例して悪くなり、子離れとともによくなっていくことが多く、主婦の手がいかに酷使されているかがわかります。


乳腺炎について

急性乳腺炎の多くは、授乳期時、産褥期によくみられ、うっ滞性乳腺炎と化膿性乳腺炎の2つに分類され、それぞれ治療法が違ってきます。慢性のものでは乳輪下膿瘍と呼ばれる病気があります。

急性うっ滞性乳腺炎
若い初産の女性の分娩後の2〜3日の頃にみられるもので、乳管から乳汁の排出障害がでているため、乳房の腫れと軽い発赤と熱感が起こります。初産のケースで、乳管が狭いので乳汁がつまることが原因とされています。

急性うっ滞性乳腺炎の治療では乳汁のうっ滞を取り除くために、乳房を温めて血液の流れをよくし、乳頭と乳輪をよくマッサージして授乳をつづければ、症状はかるくなります。

急性化膿性乳腺炎
分娩後2〜6週のころに、うっ滞性乳腺炎の途中で乳頭の傷口から化膿菌が入ってこの病気にかかります。全身に寒けやふるえが出て発熱し、乳房がかたく赤く腫れて激しく痛みます。その後炎症は1カ所に固まってきて膿瘍をつくり、時には自然に破れて膿が外に出ることもあります。

急性化膿性乳腺炎治療は、初めの頃には乳房を冷湿布して、乳汁は搾乳します。乳房は安静を保つためブラジャーなどで固定し、マッサージなどはしないようにします。抗生物質と鎮痛薬・消炎薬を飲みます。



膿瘍ができたら、注射針で刺したり(膿を吸引する)、局所麻酔をかけて皮膚を切開して膿を出さなければなりません。

生理痛(月経痛)の症状について

月経は、女性にとっては大変つらいのもです。わずらわしく感じたり、面倒に思うこともありますが、特に月経痛の強い人はなお更です。月経時の不快な症状には、いろいろなものがあります。

月経が始まる2〜3日前から、下腹部が張ってきて、乳房の痛みなどの局所症状、めまい、吐き気、頭痛、眠くなるなどの全身症状、抑うつ症状やイライラするなどの精神的症状があらわれます。

こうした症状は、月経前緊張症といわれています。そして月経が始まると、下腹部痛や腰痛などの局所症状、いわゆる月経痛が現れます。月経痛は、妊娠に備えて肥厚した子宮内膜が、はがれて体外へ排出される際に、子宮が強く収縮するために生じるものです。

月経痛には人によって差がありますが、激痛のために通勤や運動ができないといった激しい症状の場合は、病気が原因のときもあるので、要注意です。月経痛でも特に、日常生活に差し支えるような痛みを生じるものを、月経困難症といわれています。

原発性月経困難症 子宮の発育不全を原因とするものです。未成熟な子宮は鋭角に曲がっているため、月経時にはがれた子宮内膜を排出するのが困難になります。排出を促すために、子宮はより一層収縮します。そのため、強い痛みを生じます。成人になり子宮が成熟すれば、子宮の角度が緩やかになるため、子宮内膜の排出が容易になります。

原発性月経困難症は10歳代から24歳ぐらいまでの年齢の人に多く、子宮が成熟するにしたがって症状は軽くなりますから、痛みがあっても心配はありませんが、痛みが強い場合は、リラックスを心がけ、休学、休業するなど生活の工夫をしたり、鎮痛剤で症状を和らげます。

継続性月経困難症 何らかの病気を原因としたもので、安定した月経が続いた後、月経痛がひどくなり、しかも痛みが次第に強くなるのが特徴です。原因疾患で多いのは、子宮内膜症や、子宮内膜症の一種で、子宮の筋肉層に子宮内膜ができる子宮線筋症です。


子宮内膜症と症状

子宮内膜症は、子宮内膜と同じ組織が子宮の内側以外にもできてしまう病気です。主な症状は、月経時に強い痛みが生じ、放置していると、月経がある限り慢性的に進みます。

変異した内膜は、いろいろな場所にできます。卵巣や卵管、子宮と膀胱の間、子宮と直腸の間、お腹の中を裏打ちしている薄い膜である腹膜の表面など、子宮周辺のさまざまな場所に生じます。例えば、卵巣に内膜症が起きた場合は、卵巣に血液が溜まり、茶色い血液の塊ができます。

茶色の血液は、チョコレート嚢胞といわれています。子宮の筋層内に内膜症ができたものを子宮線筋症といいます。子宮腺筋症は、子宮内膜症と似ており、合併することの多い病気です。子宮内膜に似た組織が子宮の筋層に潜り込んで増殖・出血を繰り返し、子宮壁が硬くなる病気です。

子宮内膜症の症状は多岐にわたりますが、代表的なものが、激しい月経痛です。なかには痛みのない人もいますが、患者さんの約九割に痛みの症状が見られます。子宮内膜症の痛みは、寝込んでしまうほど強いものが多く、鎮痛剤が効きにくいことも多くあります。症状が進行んすると、月経時以外にも痛みを感じるようになります。

腰痛、性交痛、排便時通、下腹部通など様々な痛みが生じます。これは、異常な内膜が体外に排出されず組織内に血液が溜まってしまい、ブルーベリースポットと呼ばれる血豆のようなものになるためです。血豆ができると腹膜の神経を刺激します。さらに進行すると、内膜症が起こった部分が月経周期に合わせて増殖、剥離を繰り返し、血豆が破裂します。

血液中には血液を固める成分があり、血液が固まる過程で周囲の組織がくっつきあってしまいます。そうなると、卵巣や子宮をはじめ、膀胱や直腸などの臓器が癒着し、ひどい場合は骨盤の臓器がひと塊になります。

子宮内膜症は、月経痛やその他の痛みで生活の質を著しく低下させるだけでなく、理由はよくわかっていませんが、不妊症の原因になる恐れもあります。不妊は子宮内膜症の症状とはいえませんが、不妊の人の約三割が子宮内膜症を併発していると言われており、何らかの因果関係があると考えられています。

不妊を引き起こす原因は、はっきりわかっていませんが、卵巣と子宮が癒着して卵子が卵管にうまく取り込まれないためではないかと言われています。子宮内膜症のために炎症が発症すると、ダグラス窩に滲出液という液体がたまります。この滲出液が精子を取り込む卵管の働きを妨げることも不妊の原因になります。


子宮内膜症について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

子宮内膜症(チョコレート嚢胞・片側4僉砲ありましたが、妊娠検査薬で陽性がでま...
子宮内膜症(チョコレート嚢胞・片側4僉砲ありましたが、妊娠検査薬で陽性がでました。7月頭に結婚、式を控えており、その後に旅行に行く予定をしていました。明日、病院に行って検査してこようと思いますが、4...(続きを読む)

子宮内膜症
・・・検査の結果、癒着があり、子宮内膜症の疑いがあると言われました。腹腔鏡下手術を薦められ、手術をしてみないと子宮内膜症がどれぐらい進行しているかわからないそうです。子宮内膜症と診断された方にお......(続きを読む)

子宮内膜症について
・・・痛み、症状からすると子宮内膜症ではないとビクビクしています。内科には行きまして、エコーの結果、内臓は問題はありませんでした。卵巣の腫れもないとの事。しかし、エコーだけでは子宮内膜症は判らないかも...(続きを読む)