ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

胃腸の病気


腸閉塞 症状腸閉塞では急激な症状が現れます。子宮や卵巣のがんに限らず、良性腫瘍であっても、開腹手術後には腸の癒着がおこりやすくなります。これは腸を直接切ったりしない場合でも同じです。

手術後に組織の修復のためにさまざまなサイトカインという免疫系にかかわる物質がでてきて、手術でひきおこされた炎症を繊維化して治そうとする働きをします。

これは、生体反応ですから、臓器の癒着は程度の差こそあれ、術後は必ず起こるものです。


最近は、臓器の癒着を防止する特殊なフィルムが開発され、腸閉塞に腸の表面に貼るようにして癒着防止に努めていますが、それでも、ときどき腸が癒着を起こし、腸が折れ曲がったり、ねじれたりして、腸閉塞になる場合があります。


腸閉塞というのは、小腸や大腸のどこかに食べ物や消化液、ガスなどが詰まった状態になることです。


腸閉塞で怖いのは、腸管膜という膜の中の血管まで締め付けられて血行障害を起こしてしまうことです。


腸管膜のなかの血管は腸に栄養を送っていますが、腸管膜が締め付けられることで、血行障害が起こり、腸管が壊死してしまうことがあります。


このときには、緊急手術が必要となり、適切な処置をしないと、命にかかわることがあります。


腸閉塞の症状は、便秘、突然おこる腹痛や吐き気、嘔吐などです。同時におなかがはった感じがします。実際、腹部がふくらんでくることもあります。


腹部の痛み方は、キリキリと強い痛みが起こった後、しばらく痛みが遠のき、再びキリキリと痛み出すといった状態を繰り返します。


嘔吐物は、食べたものだけでなく、胃液や黄色い胆汁を含み、さらにひどくなると下痢便のような色やにおいを伴ったものになります。


腸閉塞になっても、その多くは手術をしないで、内科的な治療で治ります。一時的に飲食をいっさい絶ち、点滴で栄養補給しながら、腸を動かします。


軽症の場合は、しばらくこの状態を続けるだけで治ります。それでもよくならない場合は、鼻から胃腸に管を入れ、内容物を吸い上げて腸管の内圧を下げます。


一週間前後の内科的治療で治らないような場合は、手術が必要になることがあります。


かつて腸閉塞は、比較的簡単に手術がおこなわれていましたが、手術によって再び別な癒着がおこる可能性もあるため、内科的治療で経過をみる場合が多くなっています。


手術後の腸閉塞は、いつ起こるかわかりません。手術をしてからまだ日がたっていなうちに起こることもありますし、何年かたってから起こることもあります。


腸閉塞の予防としては、まず第一に手術後3年間は、満腹になるまで食べ過ぎないようにすることです。


それと整腸作用のある食べ物をとり、水分を十分摂取することが大切になります。それでも症状がでてきたら、速やかに受診をするようにしましょう。





食道静脈瘤 症状 対策食道静脈瘤は、食道粘膜の下の静脈の壁が膨らんで、血管がこぶのようになる疾病です。

肝硬変などの肝臓のトラブルなどにより、肝臓からの門脈という血管の圧力が高まっている人によくみられます。


食道静脈瘤が食道にできても症状はほとんどないですが、大きく拡大した血管のふくらみは、表面がきわめてうすくなっているので、魚の骨とった硬い食べ物で傷ついたり、きつい咳などをすることで腹圧がかかってくると食道静脈瘤がはれつすることがあります。


静脈瘤が破裂をすると、大出血がおこります。大量の吐血のがめに、ショック状態におちいり、命の危険にさらさられます。なので出血がおこったら早急に入院をしないといけません。


静脈瘤自体は、特に症状はありませんが、原因である肝硬変の症状の 手のひらが赤くなる、胸のあたりに血管が浮き出る、疲労感、倦怠感、黄疸などがでます。静脈瘤が破裂した場合に吐血や下血などがおこります。


肝硬変になってしまうと、大抵、食道静脈瘤ができてしまうようです。肝硬変でなくなる人のおよそ4割が静脈瘤の破裂によるものです。


食道静脈瘤では、大出血するまでの自覚症状がないので、ついつい安易に過ごしがちになりますが、定期的な検査をすることで、早期発見をすることが大切になります。ただし、肝硬変のある人はその治療が優先します。



直腸から肛門にかけては、病気の巣といっていいほど、いろいろな病気が発生します。直腸では悪性リンパ腫悪性黒色腫がみられます。

一般にがんといわれている病名は、医学的に悪性腫瘍に分類されます。悪性腫瘍は大きくがんと肉腫に分かれます。

二つの異なる点は、がんは体の表面から発生した悪性腫瘍で、肉腫はそれ以外の非上皮性の結合組織、脈管組織、骨、軟骨、筋肉や神経、造血組織などから発生した悪性腫瘍といえます。

肉腫で多いのは、平滑筋や線維肉腫などですが、直腸でよくみられるのは悪性リンパ腫や悪性黒色腫などです。

また、最近では、エイズの付随病気として発生するカポシ肉腫もよく聞くようになりました。

大腸の腫瘍のうち、がんや腺腫などの上皮性腫瘍のうち、肉腫はさらにその半数にすぎません。肉腫がいかに消化管内で頻度の少ない腫瘍に属するのかがわかります。

悪性リンパ腫は、直腸のリンパ節がはれる悪性腫瘍で、腸管切除や化学療法によって治療が行われます。

直腸に発生する悪性リンパ腫は、ポリーポージス型直腸悪性リンパ腫といわれ、大腸ポリーポージスに似ているのが特徴です。

目で見ると、ポリープが敷き詰められた、あるいは散在しているような形態をしています。なので腺腫が多く発生する大腸ポリープという病気と一見区別ができないことも多いようです。

下部直腸は、直腸扁桃がみられる部位でもあり、ここがポリーポージス型直腸悪性リンパ腫と誤認される場合もあるようです。

いずれの場合でも、内視鏡下に組織生検を行って診断を確定する必要があります。

検査する目的は、ステージを決めるために、腹部大動脈の周囲のリンパ節に腫瘍があるかどうかを調べ、腫脹があれば腹部大動脈のリンパ節が腫れていないかなどを確認するためにCT検査を行います。

悪性リンパ腫と確定診断されたら、ステージ兇泙任論儷謀に腸管切除を行い、状況に応じて化学療法が追加されます。

こうした治療によって十分に病状が消失した状態が得られ、その後の5年間は、約半数の患者が病気の状態から解放されます。

化学療法に頼らざるを得ないステージ掘銑犬凌佑両豺腓蓮5年生存率が約25パーセントの低率にとどまるってしまうので、早期発見、早期治療が必要になってきます。


胆石症は食生活の欧米化や高齢化により増えていて、成人人口のおよそ10%の人にみられます。そのなかでも胆嚢結石が約8割と最も多く、胆管結石は約2割、肝内結石は1〜2%になっています。

胆石は胆嚢や胆管内にできた石のことで、胆嚢にある場合は胆石症、肝臓外胆管にある場合は総胆管結石症、肝臓内胆管にある場合は肝内結石症といいます。

胆石症の原因となる胆嚢結石の6割はコレステロールを主成分としたコレステロール結石となります。

結石が胆嚢の中にある場合は無症状ですが、胆嚢内の胆汁が十二指腸へ流れる際に、結石が一緒に移動し、胆嚢管内でつまると、疝痛がおこります。

胆汁が分泌される、食後から30分から2時間くらいの間に発作がおこるのが特徴です。疼痛は1時間程度でおさまります。

胆石がおこる原因としては、胆汁にとけているコレステロールが何かの影響で飽和状態になり、結晶化してできます。

コレステロールの摂取量、腸管からの吸収量、肝臓での合成量が増えることで結晶化します。

胆石症で、疼痛発作が起こったときは、鎮痛薬で痛みを抑え、その後は脂肪の少ない食事に変えて、発作がおこりにくいようにします。

胆石症の発作を繰り返す場合は、胆石を溶かす薬を使ったり、胆嚢を摘出することもあります。

胆石発作を防ぐには、脂肪の多い食事を避けること、そして食べ過ぎによる脂肪の過剰摂取を避けることが大切です。タウリンやステロールは、タコやイカ、エビなどの魚介類に含まれる成分で、コレステロール値を下げる働きがあります。


慢性胃炎の一般的な症状としては、脂肪や甘味の強いもの、酒類や香辛料などを口に入れた場合に強くでてきます。

慢性胃炎になると、食後2時間から3時間くらい経過すると、胸焼け、胃の痛みなどがでてくることもありますが、これは食後にすぐでてくる上腹部の痛みと違って、絞られるような痛みであることが多いようです。

ゲップなども慢性胃炎ではしばしばみられ、便秘をおこしてしまう傾向もつよいようです。なんとなく食欲がでてこなかったり、胃がもたれたり、腹部の膨満感、はきけや、ひどいときには嘔吐をともなうといった症状のでてきます。

または、あくびが頻繁にでるとか、すっぱい水が上がってくる、背中がはって痛んでくるというような症状もあります。

このような慢性胃炎の症状は、その症状をおこしてしまう原因として、胃液の分泌が正常な状態よりも増加してしまうことによって、正常よりも低下をしてしまうことによって起こるものが混ぜ合わさっています。

慢性胃炎の症状は、胃液が分泌してくる量によって異なってきます。増加してくるものを胃酸過多で肥厚性胃炎として、低下してくるものは、低酸、または無酸として萎縮性胃炎といって分けて考えることがあります。

胃酸過多の症状では、下は白色や褐色のこけにおおわれてしまいます。無酸をともなった症状では、舌が赤くなったりすることがあります。こうした舌の状態は、単純な胃潰瘍や十二指腸潰瘍と違うようです。


胃潰瘍は、胃液に含まれている、胃液に含まれている消化酵素の影響でできると考えられているため、消化性潰瘍とよばれることがあります。十二指腸潰瘍は、比較的若年層に発生し、胃潰瘍は熟年、老年層に多く見られる傾向があります。

胃潰瘍の原因で大きな影響を与えているのがストレスです。心身の過労や精神的ストレスによって、潰瘍をおこします。

胃液の働きは、食べ物を消化するためにありますが、何かの原因で、この消化作用が強くなりすぎたり胃や十二指腸の粘膜の抵抗力が衰えている場合には、胃液が自分自身の胃や、それに続く十二指腸の粘膜を一部分自己消化してしまいます。

胃液のなかのタンパク消化酵素と、胃の粘膜を保護している粘膜細胞とのあいだに攻撃と防御のしのぎあいが起こります。前者を攻撃因子、後者を防御因子と呼んでいますが、潰瘍がおこるのは、この両者のバランスが崩れ、均衡が破れた結果からです。

たばこや酒、コーヒー、濃い緑茶などを長いこと飲む習慣があると、このバランスを崩してしまう原因になりますが、そういう習慣のない人でも潰瘍になる人は多くいます。

胃液が胃壁や十二指腸の粘膜をとかし始める最大のきっかけは、精神的なストレスです。十二指腸は胃よりもストレスに弱いとされ、ストレス潰瘍と呼ぶこともあります。ストレスが起きると、なぜ胃液と胃や十二指腸の壁にある粘膜のバランスが崩れてしまうのでしょうか?

精神的ストレスがかかってくると、脳のなかにある視床下部の自律神経中枢が刺激されます。そして副交感神経がが刺激で興奮すると延髄にある迷走神経から胃壁に刺激が伝わります。その結果として胃液の分泌が急激に増加をしていきます。

一方交感神経が刺激を受けて興奮をしてくると、脊髄にある内蔵神経から胃に刺激が伝わります。そのため胃の血管が収縮して血液の流れが悪くなり、胃の粘膜をおおっている粘液が少ししかつくられなくなってしまいます。

交感神経のもう一つの経路では、下垂体の前葉が刺激をうけて副腎皮質刺激ホルモンが分泌されますが、このホルモンは、副腎で、副腎皮質ホルモンを分泌させます。このため胃液の分泌がさらに促進されるのに、胃の粘膜を守る粘液はいっそう減ってしまいます。

ストレスから攻撃側因子の胃液がどんどん増えていくのに対して、防御因子の粘液がたりなくなっていくわけですから、胃の粘膜は防御能力を失って胃液によって自己消化を起こし、潰瘍ができてしまいます。

たばこや酒、コーヒーなどや肉体の疲れは、胃壁での血液の流れを障害することになり、潰瘍を発生しやすくすることになると考えられます。


消化吸収不良症候群は、糖質とかタンパク質、脂質などの栄養素やビタミンやミネラルなどが、小腸で消化吸収されるときに障害が発生し、栄養摂取不良からいろいろな症状がおこる病気です。

消化吸収不良症候群には、原発性のものと続発性のものがあります。原発性のものは、生まれつき小腸の粘膜そのものに変化が発生し、栄養物の消化吸収ができない場合です。乳糖を分解できない乳糖不耐症というのもあります。

原発性の消化吸収不良症候群は、グルテン腸症とも言われ、小麦タンパクのグルテンが小腸の粘膜にマイナスの働きかけをするのが原因だとされています。下痢が1日3〜4回おこり、酸臭の強い消化不良をおこした便を排泄するのが主な特徴です。

続発性の消化吸収不良症候群は、胃や小腸の切除手術をの後などや、慢性腸炎などで粘膜に炎症が発生し、小腸での栄養分を消化吸収する面積が多く減ってしまうことや小腸の細菌群に異常が発生したりしたために起こります。

肝臓や膵臓などの病気のために、消化液の分泌が悪くなり、消化機能の障害から吸収が悪くなる場合もあります。乳糖不耐症は、乳糖の分解酵素が欠いているためにおこるものです。




急性腹膜炎は、大腸菌などの細菌による感染が一番多く、代表的なものは、虫垂炎が手遅れでやぶれておこるものです。

腹膜は、おなかのなかにある、胃や腸など、いろいろな臓器の腹腔面を包んで保護をしています。同時に液体を分泌したり、吸収したりする働きをしています。腹膜炎というのはそもそも腹膜がなんらかの原因で炎症を起こした場合で、急性腹膜炎、慢性腹膜炎があります。

その他の急性腹膜炎がおきる原因では、胃、十二指腸潰瘍に穴があいておこる場合のものがおおくあります。肝臓や脾臓が破裂した場合や、憩室炎、胆嚢炎などの場合にも化膿した病巣から病気が広がって二次的におこるものです。

急性腹膜炎症状としては、虫垂炎のときに手当てが遅れて虫垂が破れると、さらに強く激しい痛みがおこります。おなかは板のようにカチカチに硬くなり、どこをおしてもひどい痛みを感じます。高熱が発生して脈は速くなり吐き気もひどく、呼吸も浅く早くなります。

こうした急性腹膜炎症状は、非常に特徴があるので、一刻もあらそって入院をして手術を受ける必要があります。入院するまでの間もとりあえず、腹全体を湿布でひやすようにし、絶食をして安静にしておくことが大切です。



急性胃腸炎は、突然の嘔吐や下痢がおこる炎症性のもので、ストレスが深く関係しているものがありますが、一過性のものです。嘔吐は胃炎が関係し、下痢は腸炎が関係します。

急性胃腸炎は、微生物やそれらから生じる毒素など発症します。肉体的な精神的なストレスなどを抱えていると免疫力が低下することが感染をおこしやすくなります。主に感染症型と毒素型に分類されます。

ウイルス、細菌、原虫など主原因とされていますが、2つ以上の微生物から起こることもあります。その他にも化学物質やアレルギーかかわりがあります。感染症法では、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフスは2類感染症で、場合によって入院や消毒が必要になります。

腸管で出血がおきる大腸菌感染症は3類感染症で、職種を特定してでの就業制限や消毒などの処置が必要になります。

アメーバ赤痢、クロプトスポリジウム症、バンコマイシン耐性腸球菌ルス性胃腸炎は4類感染症で、発症状況の収集と分析が実施されて公表されます。

急性胃腸炎は、食べ物などの原因物質や感染経路がはっきりとしているケースがありますが、分からない場合も結構おおくあります。海外にでたり、行き先での食べ物や飲料物で感染することもあります。またペットを介して感染するケースもあります。

同じ環境であってもかかる人と罹らない人がいますが、その人の持っている免疫力の差がでてくると考えられます。


虚血性大腸炎について

虚血性大腸炎というのは、大腸に必要な栄養や酸素を送っている血管の血液の循環が悪化するために、腸の粘膜が炎症性の状態を起こすびょうきです。虚血性大腸炎は、加齢による動脈硬化で、血液の循環が、悪くするために起こることが多く、ここ数年では、日本でも高齢者が増加することでふえてきた病気です。

高齢者に多くみられますが、ライフスタイルや食生活、過度なストレスなどで、若年者、特に女性の発症もみられるので注意する必要です。。

虚血性大腸炎で、急激な腹痛と血便が出たら医師にかかるようにします。急激な強い腹痛と血便で発症することがほとんどで、下痢も多くみられます。早めの治療が必要ですので、そのような症状がみられたらすぐに医師の診察を受けます。

虚血性大腸炎では、壊疽型、狭窄型、一過性型の3群に分けられ、壊疽型はほかの2型に比べるとまれですが、重症で注意を要します。壊疽型は腹痛が強く、持続性かつ進行性で、数日以内に穿孔および腹膜炎の症状を伴ってきます。

症状が出にくい高齢者の場合では、ショックで緊急入院することもあります。症状は壊疽型を除くと1〜2週間以内に消えいていくよいうです。中高年者以上で腹痛、血便が発生しているときは、虚血性大腸炎が疑われますので、躊躇なく、消化器内科または消化器外科を受診するようにしましょう。