ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

脳・神経の病気


くも膜下出血 頭痛 症状くも膜下出血は、脳を包んでいるくも膜の下を通っている血管にできた瘤が破裂して出血して、脳を圧迫する病気です。

脳卒中のなかでは特に女性に多くみられ、30〜40歳代の比較的若い年齢にもみられる病気です。

くも膜下出血が恐ろしいのは、その死亡率の高さになります。一回目の瘤の破裂で出血が起こった後、一週間〜一ヶ月以内に再度破裂することがあり、これを食い止めないと死亡する確率が非常に高いです。


くも膜下出血の代表的な症状は、頭痛になります。なので頭痛もちの人は、くも膜下出血の発生と何か関係があるのかというと。


くも膜下出血は、先天的な要因が大きく関係していて、これに加えて高血圧や喫煙、40歳以上のなどの要因が加わってくると発症しやすくなります。


頭痛もちの頭痛のタイプは、偏頭痛と緊張型頭痛が2大勢力になります。このうち注意が必要なのが、血管性の頭痛である偏頭痛になります。


偏頭痛は何らかの原因で脳の血管が拡張し、血管にくっついている神経が脈打つたびに刺激をされて痛みがおこります。そのために、偏頭痛は心臓の拍動に合わせて痛みを発するのが特徴です。


以前は、偏頭痛とくも膜下出血は関係ないとされていましたが、最近では関係があるのではないかと考えられるようになってきました。


その理由として、偏頭痛では血管の炎症が起こっているのですが、動脈瘤の発生にも血管の炎症がかかわっているからです。


したがって、偏頭痛もちの人はそうでない人より、血管の炎症を頻繁におこしているので、くも膜下出血のリスクがあることを自覚しておきましょう。


ただ、頭痛もちだからといって、くも膜下出血の頭痛を見逃すかというと、そうしたことはありません。


くも膜下出血の頭痛は、ふだんおこる頭痛とは比較できないほどの激痛をおこしてしまうことがほとんどです。


頭痛の現れ方も偏頭痛は徐々におこりますが、くも膜下出血では急激におこるのが特徴になります。


いつもと違う痛みや、痛みで首が曲げられないときは危険なサインです。その場合は大至急脳神経外科に行くようにしましょう。



脊髄炎は、脊髄に発生する炎症を総称しています。脊髄は、脊柱管のなかにあって、長い束状のものです。脊髄には脳から身体全体に行く、運動神経、知覚神経、内臓神経などが通っているもので脊髄炎でおかされてしまうとさまざまな症状がでてきます。

脊髄炎がおこる原因としては、結核や梅毒、化膿性の細菌、ウイルス感染によるものが多かったりしていますが、抗生物質の研究がすすんだことで、最近では、こうした感染による脊髄炎はほとんどなくなってきました。

以前は、原因不明とされていた、急に発生する下半身の運動麻痺、知覚の麻痺がおこる脊髄炎は、脱髄性脊髄炎かウイルスによるものとされています。

脊髄炎の主な症状としては、脊髄の犯されたところから下のほうに下半身の運動麻痺と知覚麻痺が発生し、そしてそれらが左右対称におかされるのが特徴になります。おかされたところが上のほうになると、腕、足とともに麻痺してきます。膀胱や直腸にまひが及んでくるので大小便がでにくくなったり、垂れ流しになったりします。

脊髄炎の治療は、その発生する原因によって治療法はだいぶ異なってきますが、副腎皮質ホルモンが有効とされています。

ウイルス性のものについては抗生物質を服用します。それと同時にリハビリをすることがとても重要で、すこしでも動くことができるなら、立ったり、歩いたりという訓練をおこたらないようにしなくてはいけません。



てんかんは、慢性的な脳におこる疾患と言われています。典型的なものは大発作といわれているものです。

てんかんは、数時間前や数日前から焦燥感や怒り、頭痛、めまい、しびれや幻覚などがあることもあり、突然全身けいれん発作がおこり、意識をうしなって倒れたりします。

てんかんの治療では、身体に原因があるときは、それを治すことが先決です。けいれん発作予防のため、けいれんをおさえる鎮症剤を、5年、10年と長期にわたった根気よく飲むこととされています。

過労、睡眠不足、過食、過飲などをさけるようにして、こころの平安をこころがけることです。

てんかんは精神的なものが強く働くことが多いようで、不公平や屈辱的な取り扱いで、怒りたいのに、怒れないということが重なって、わだかまりが残っている場合に多いようです。

まわりの人も厳格に怒らないようにすること、本人もなるべく周囲を温かくながめて、ささいなことで怒らないことあまりものごとにこだわりをもつことのないように生活することが心がけることです。自立訓練がいいようです。

てんかんの薬による治療では、大発作には、デパケン、アレビアチン、テグレトール、エクセグラン、マイスタチンといった薬が使用されます。

小発作には、ザロンチン、ミノ・アレビアチン、デパケン、ミオクローヌス発作には、リボトリル、デパケンの薬が使用されます。

精神運動発作には、テグレトール、アレビアチン、デパケン、エクセグラン、マイスタチンなどが使用されます。


パーキンソン病は、まだその原因がはっきりとしない病気ですが、中脳の異常から分泌されるドーパミンという物質の減少によるものといわれています。パーキンソン病にの始まり方がゆるやかなために、単なる老化現象とまちがわれることも多くあります。

パーキンソン病の主な症状としては、手足の振るえ、筋肉のこわばり、動作が緩慢になるなどで、こうしたことから顔は仮面をかぶったように無表情になり、前かがみの姿勢をとって、声はぼそぼそと不明確になります。よだれを流したり、手足がむくんできたりします。

自律神経障害、突進現象、歩行障害、精神症状などがあります。パーキンソン病ではその他にもいろいろな症状がでます。しかし、すべての患者さんにこれらの症状がすべてあるというわけではありません。

こうした症状は左右のどちらかから出現してきて、両方にでてきたとしても、右か左かどちらかの側に症状が強いというのが普通です。パーキンソン病のはじめのころでは、上にあげたような症状がはっきりと自覚されずに、疲労しやすい、力が入らない、脱力感などとして自覚されることもあります。

パーキンソン病では病気がだんだんとすすんでくるのと関係なしに、身体的、精神的ストレスで症状が悪化していきます。

パーキンソン病の治療では、L・ドーパ製剤のほか、二、三の薬物が使われていて、筋力の低下を予防するためにリハビリテーションなども重要になってきます。



坐骨神経痛というのは症状についた名で病気名ではありません。坐骨神経痛はそれ単体で発症する病気ではなく、あくまで何かしらの疾患に付随して発症する症状です。

坐骨神経は、身体のなかでもっとも長い神経で、神経痛をおこしやすいものです。坐骨神経痛でもっともおおいのは椎間板ヘルニアで、原因の8割をしめています。

年齢は、20歳代から50歳代が多く、脊髄変形症、カリエス、骨盤、脊髄の病気などで坐骨神経が圧迫されたり、炎症がみられたりすると坐骨神経痛がみられます。そのほか糖尿病、動脈硬化、梅毒、アルコール中毒などによってもおこります。

坐骨神経痛とは坐骨神経痛を抑えようとして治まるものではなく、あくまでそれを引き起こしている原因になっている病気を押さえ込む事で治療といえます。

坐骨神経痛の主な症状としての痛みは、おしりの坐骨神経根から、大腿のうしろをはしり、ひざから下は下肢の外側を通ってかかとまで達しますのではげしいときは静かに横になるしかありません。せきやくしゃみなどによっても痛みは増していきます。

足をのばしたままで大腿部をもちあがえるとはげしい痛みが発生しますがこれは、ラゼーク症候といわれ、診断する上で重要なものになります。

坐骨神経痛は原因になっている病気を治療することが大切です。痛みが激しいときには、鎮痛剤、椎間板ヘルニアによる場合は、下肢の牽引療法を行います。椎間板ヘルニアによるものは、もとの病気がよくなるにしたがって数週間の安静でおさまります。



脳出血は、脳梗塞とともに脳卒中と言われている病気です。高血圧や動脈硬化が進行するともろくなっている血管が破れてしまい、血液が脳組織の中に侵入して脳の機能に障害がおこってしまう症状です。

脳出血の主な原因は、やはり高血圧です。一般的には最大血圧、200ミリ以上の人におこりやすいとされています。直接的には、精神的緊張、興奮、または過労や偏った食事、便通異常などがあげられます。

脳出血を引き起こすそのたの要因としては、厚すぎたり寒すぎたり、温度差の変化といった気温などもおおいに影響をあたえます。

脳出血症状としては、高血圧を持っている人が発作前に軽い頭痛やめまいなどの症状をおこすことがありますが、発作は通常、頭痛や、吐き気とともに、意識障害をひきおこしてしまいます。

ひどい場合は完全にこん睡状態になり、いびきをかいたり、呼吸の状態が強弱の波をくりかえすこともすくなくありません。けいれんや嘔吐、発熱や発汗などがある場合もあります。

脳の出血をおこした側とは反対のほうに半身不随の状態をおこし、片側の頭、舌、腕、手、足などが動かしにくくなります。同じ側に知覚障害などもでてきます。

脳出血では、言語障害などもみられますが、舌や口のまわりの筋肉の動きがわるくなったためおこる障害と脳のなかにある言語中枢が直接障害をうけておこる失語症などがあります。


髄膜炎は、脳の表面を覆っている髄膜が、細菌とかウイルスによって炎症をおこしてしまう病気です。

髄膜炎を起こす原因として考えられているのが、病原体の違いで、化膿菌によるもの、結核菌によるもの、ウイルスによるものなどに分類されます。

化膿菌は、肺炎菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、インフルエンザ菌などがあります。こうした菌は、頭部の外傷、中耳炎、蓄膿症のように脳の近くの化膿をおこしているところから、直接に血液の流れにのり、脳膜までいき、脳膜炎を発症させます。

脳膜炎の主な症状は、はげしい頭痛、吐き気、嘔吐などで、その炎症が進行すると、後頭部や首などがつっぱった状態になり、うなじが硬直したり、意識がぼんやりとしたりといった意識障害、手足の麻痺、呼吸の麻痺などがおこります。

髄膜炎のなかの化膿性ものや真菌性のものは、39から40度の熱が発生し、寒気やふるえといった症状がでてきます。

結核性の髄膜炎では、幼児に多くみられ、はじめの症状が食欲不振からはじまり、頭痛、吐き気、痙攣といった髄膜炎特有の症状があらわれます。

ウイルス性の髄膜炎は、はじめの症状が風邪とかわりません。それが次第に髄膜炎特有の症状が出てくるようになります。



片頭痛の治療法

ストレスの過多の時代では、片頭痛を訴えている人が増えているそうです。片頭痛にかかるのは若い女性に多い傾向があって、母親譲りの場合もあります。頭痛発作の前に、目の前がチカチカする、目が見えなくなる、目の動きが悪くなる、手足が一時的に麻痺するなどの前兆が、ある場合と、ない場合があります。

片頭痛では、その発作がおきているときは吐き気があったり、実際に吐くこともあったりするので、脳腫瘍などと間違えて心配したりすることもあるかもしれません。

片頭痛がおきているときは一定の時間が過ぎるとその症状は自然に治まります。こうした発作は、一度だけのこともありますが、数カ月、数日おきに起こる人もあり、時には社会生活に支障をきたすほどのこともあります。

片頭痛の治療 片頭痛が軽症の場合は、消炎鎮痛薬や従来から使用されているエルゴタミン製剤が有効です。ただし多くのケースでは、神経伝達物質のセロトニンという物質の受容体に働くトリプタンという薬がもっとも有効といえます。トリプタンは、頭痛発作時の三叉神経・血管系の興奮による血管拡張を抑えるといわれています。

頭痛が起きたらなるべく早く服用することが大切です。症状として吐き気を伴う場合は、皮下注射や点鼻薬を使用するとよいでしょう。スマトリプタンの経口薬は、効きめが現れるのに30分ほどかかりますが、皮下注射では10分、点鼻薬では15分ほどで効いてきます。無効の人にはエルゴタミン製剤または、消炎鎮痛薬の坐薬を吐き気止めと併用します。

片頭痛での痛みの頻度の高い人には、予防薬として、塩酸ロメリジンやβ-遮断薬といった高血圧の薬や、抗てんかん薬、抗うつ薬などが有効な場合があります。薬をしようするとどうしても副作用もありますから、専門医によく説明を受けて服薬するようにしましょう。



多発性硬化症について

多発性硬化症は、中枢神経系の髄鞘が壊されていく炎症性の脱髄疾患です。髄鞘は、電線にたとえて考えると銅線を絶縁しているビニールにあたります。それがなくなっていくために、異常がでてきます。髄鞘がアレルギー性変化がおこることで壊される病気を脱髄性疾患といいます。

中枢神経の白質は髄鞘ですが、この髄鞘が壊される病巣を脱髄斑と呼ばれています。多発性硬化症では、新旧の炎症性の脱髄斑が白質に多くあらわれます。古くなった脱髄斑は、視神経や脊髄、側脳室周囲の大脳白質に多くあらわれます。男性よりも女性に多い傾向があり、30歳前後の人がかかりやすいようです。

髄液中のIgGが増え、T細胞異常もいわれます。免疫異常により髄鞘を自己抗体とする自己免疫疾患といわれています。人種差や家族内発症があるため遺伝的因子も推定される。これにウイルス感染などの外的発病因子が関連していると考えられています。

多発性硬化症では、病巣が視神経、大脳、小脳、脳幹部、脊髄などに多発するために、症状もいろいろです。最初の頃は、突然片側の目が見えなくなったり、急に物が二つに見えたり、あるいは手足の麻痺、しびれなどがあらわれます。また、歩行障害、言語障害、膀胱・直腸障害けいれん発作、震え、筋肉痛、頭痛などで始まることもあります。何時間も場合によっては数日は症状が増えていきます、軽症では一週間まはた数週間で全く症状がなくなることもあります。

重症のものでは、手足の麻痺、片麻痺、知覚鈍麻、視力消失、視神経萎縮などを残します。この病気の特徴は、このような発作を繰り返し起こすことです。発作の間隔は数ヶ月に一回くらいのものから、数年ないし十数年に一回くらいのものまで色々です。最近CTやMRI検査で病変を早く見つけられるようになり、治療にも役立ってます。


多発性硬化症について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

多発性硬化症についてお尋ねします。
多発性硬化症についてお尋ねします。多発性硬化症の場合、日光に当たったり、体温が上昇すると悪化するそうですが多発性硬化症にも拘らず、日光も体温上昇も苦手でないということはありますか?(続きを読む)

多発性硬化症の他覚症状
・・・の弛緩性麻痺と痺れがあり、良くなったり、また悪くなったりしています。MRI等の検査異常なし、原因不明ですが、残された可能性としては「多発性硬化症」があると言われています。しかし、多発性硬化症は中...(続きを読む)

多発性硬化症についてご存知の方・・・
・・・多発性硬化症と診断されました。最近増えていると聞き、いろいろ調べてみましたが人それぞれ症状が違ったり、重度の方は歩けなくなるそうで考え出すととても不安になります。詳しくご存知の方がいらっしゃいま...(続きを読む)




神経痛の様々な症状

神経痛の症状は、医学的には次のような条件を持つものです。…砲澆一定の感覚神経の経路に沿う、痛みの起こり方は発作的で、その間に痛みのない時期がある、これを繰り返す。D砲い箸いΔ海箸里曚に、感覚検査でほかの感覚異常が見当たらない、つ砲澆魄き起こすような条件や場所があって健康体でなんでもないような刺激で急に痛みがおこってくる。ツ砲爐箸海蹐鯢騨組織標本につくって調べてみても、傷みと目でみた所見と直接結びつけるような所見がない。


三叉神経痛
三叉神経は顔面、口内粘膜、歯の感覚を支配している神経で、左右3本の枝からなっています。このどちらかの枝の支配領域に、数秒から1分くらいの発作性の鋭い痛みが認められます。この痛みの発作は繰り返し認められますが、発作と発作の間には無症状です。一般に、三叉神経の第2枝、第3枝に高頻度でみられ、歯磨きの際に誘発されやすいなど、痛みの発作を誘発する特定の誘発領域が認められます。
三叉神経の腫瘍、多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)、帯状疱疹などに伴ってみられる症候性のものと、特発性の神経痛とがあります。しかし、最近、特発性の三叉

神経痛の原因として、動脈硬化などで蛇行した血管が三叉神経を圧迫して症状を起こしていることがわかってきました。そのため、厳密には特発性とはいえなくなっています。

舌咽神経痛
舌咽神経の支配領域である舌根、口蓋扁桃、咽頭側壁などの神経痛です。嚥下、会話、咳などで誘発されることが多くみられます。

後頭神経痛
第2、3頸(神経領域の神経痛で、後頭部の大後頭神経や小後頭神経の支配領域に神経痛が認められます。

肋間神経痛
特定の肋間神経にみられる神経痛で、帯状疱疹後にみられることがあります。

坐骨神経痛
坐骨神経の支配領域に沿った痛みで、大腿背面から下腿、足背部などに痛みがみられます。椎間板ヘルニア、腰椎症による第4腰神経〜第3仙神経の神経根の圧迫により生じることもあります。腰痛と関連して頻繁にみられます。


神経痛について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

耳の下が痛く、神経痛
・・・数日前から右耳の下が少し痛いなと思っていましたが昨日の夕方から数分おきに神経痛が起こり「イタタタ」と連発してます。今朝はだいぶ回数は減ったのですが、心配だったので近所の耳鼻科に行きましたが、.....(続きを読む)

坐骨神経痛??
・・・たかと思いきや 9月に入ってからまた痛くて…友人に坐骨神経痛なのでは?と言われました。尻餅や腰、臀部を強く打ったりしても坐骨神経痛になったりするのでしょうか?病院へは まだ行....(続きを読む)

肋間神経痛について
・・・肋間神経痛が出ます。ある日、突然痛みだし、しばらく我慢していると痛みが治まるので、医者にかかっていません。喫煙をするのでビタミン不足が原因でしょうか。肋間神経痛を未然に防ぐいい方法はないでしょう...(続きを読む)

頭痛神経痛
・・・頭痛神経痛になって3日、以前脳神経外科で診察してもらった際に飲んだ薬で治まってますが キレるとまた痛み出します。神経ブロックする注射をしてくれるとのことですが頭の事なので不安です、どなたか経験さ...(続きを読む)