ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

リウマチ


若年性関節リウマチ 原因 症状若年性関節リウマチは子供のリウマチ性疾患の中でもっとも多い病気です。

慢性関節リウマチは、大人の女性に多い病気ですが、子供の場合は、おとなと違って、高熱がでて、全身症状をともないます。


若年性関節リウマチは、子供では、8〜10歳の女子に多く発病します。

他のリウマチ疾患と同じように若年性関節リウマチの原因はまだはっきりとしていませんが免疫異常がからんでいるといわれています。


若年性関節リウマチの主な症状としては、38〜40度の高熱が発生して、数ヶ月の期間つづくことがあります。指の関節、手首の関節、ひざの関節が左右に腫れて、痛みがおこってきます。


朝起きたとき、関節がこわばっているとか、動かない、首が回りにくく、口が開きにくいなどの症状もあります。皮膚には、ピンク色の発疹がでてきたり、手首、ひじ、指に小さな結節をふれます。心臓や目のトラブルをおこしたりします。


若年性関節リウマチは、再発をおこしやすい疾患で、経過のながい病気です。そのほとんどのものは、10年くらいほどで治癒をしていきますが、なかに慢性関節リウマチに移行するものもあります。


また、若年性関節リウマチは関節局所だけではなく全身性の炎症をおこしているので、さまざまな成長障害が発症します。





リウマチ性関節炎 症状リウマチ性関節炎では、ひざやひじの関節に痛みが生じます。これは自己免疫疾患の異常が原因で、白血球が患部に活性酸素をさかんい振りかけます。

リウマチ性の病気にもいろいろとありますが、その中にリウマチ性関節炎という病気があります。


これは、関節に炎症がおこる病気ですが、その原因ははっきりとわかっていません。

リウマチ性関節炎は、身体にとっての外敵である細菌やウイルスを抑える免疫の機能が異常に反応して、自分の細胞を敵とみなして自分で自分に攻撃をしかけてしまうという、自己免疫疾患といわれる病気の一つになります。


正常であれば免疫反応をおこさないような抗原に対して、免疫をつかさどる細胞が勝手につくって、自分の細胞をどんどん攻撃します。

これは、免疫システムに何らかの狂いが生じたために、そのような異常反応がおこります。


高齢者の死因で多いのは、肺炎などの感染症による病死です。高齢になると細菌やカビなどの外敵に対する免疫力が衰えて、病原体に侵されたまま完治せず、それが直接の原因で死亡するケースが多いです。


一方、高齢になると、自己免疫力をは反対に増してくるとかんがえられています。これは、免疫システムでの外敵と自己を識別する力が衰えてくることを意味します。


リウマチ性関節炎になった人の関節には、白血球の一種である好中球が多くみられます。これは、炎症が起こると好中球が駆けつけて患部に活性酸素を撒き散らすからです。


関節には、関節を円滑に動かすため滑液という潤滑液がありますが、関節を包む骨液膜から分泌される滑液には活性酸素を消去する抗酸化物質やガラクターゼなどの抗酸化酵素が十分に含まれていません。


これが、活性酸素の被害を広げます。つまり関節での炎症が起こると、活性酸素を消去する方法がありません。


一方、リウマチ性関節炎にかかった人の骨液や血液には過酸化脂質が増えていて、ビタミンCの量が通常より減っていることがわかっています。




10歳以下の子供に起こる慢性の関節炎は、若年性関節リウマチといわれ、成人の関節リウマチとは区別します。若年性関節リウマチには三つのタイプがあります。

多関節型 おかされる関節が5個以上。大人の関節リウマチの小児発症型と考えられます。

少数関節型 おかされる関節は、4個以下。虹彩毛様体炎を伴うことがあります。

全身型 おかされる関節は一定ではない。主な症状は発熱で、全身症状が多い、スチル病ともいわれます。

このなかの全身型が大人におこることがあり、成人発症スチル病といいます。子供のころに発症し、成人期まで続いている場合と合わせて成人スチル病といわれています。

スチル病の特徴的な症状としては、高熱、全身の関節痛、皮疹の三つが主な症状です。

高熱 スチル病は不明熱が起こる代表的な病気の一つです。典型的な熱の現れ方は、急に発熱し、夕方から夜間にかけて39度以上の高熱になるものの、朝には平熱近くまでさがるいう熱型です。

一日に2回、高熱だすピークがでることもありますが、発熱を繰り返しても、あまり消耗せず、解熱しているときは、元気な様子をみせるのも、スチル病の特徴です。

関節症状 関節炎が起こるのは大中関節で、ひざや手首に多く指にもよくみられます。発熱があるときは、関節の痛みや熱感も激しくなります。

発熱の初期は関節の変形もなく、X線検査でも異常はあらわれませんが、発作を繰り返したり、慢性化すると、関節リウマチと同じような骨破壊や変形がおこる場合があります。

湿疹 リウマトイド疹という特有の皮疹があらわれます。直径数ミリのサーモンピンク色をした斑点が、発熱のときだけばらまかれたようにあらわれますが、かゆみもないので見逃されてしまいます。

こうした三つの症状以外にも、のどの痛みは発熱のときによくあらわれ、リンパ節がはれることもあります。

治療は、熱を下げることが治療の中心になります。非ステロイド抗炎症薬が有効な処方で、熱がおさまればこれだけで十分ですが、ほとんどの場合、ステロイド薬が必要になるようです。

病態が重くなった場合は、ステロイドパルス療法や血液浄化法、また関節炎には関節リウマチと同じように抗リウマチ薬が使用されます。

変形性関節症は、関節の老人性の変化から起こってくる病気で、運動器の病気になります。変形性関節症は、リウマチ性疾患のなかでも一番多い病気です。

人が何らかの行動をすると、関節に負担がかかります。こうした状態が40年〜50年と続いていくと、関節内の関節軟骨がすりへってきます。

こうした軟骨の栄養は、毛細血管の末端からしみこむように補給されていますが、老人性の変化や病気、外傷があると、栄養の補給がうまくいかなくなります。

透明色の関節軟骨は黄色味を帯び、軟骨面もざらざらになり、骨どうしがぶつかりあることで、増殖して余分な骨ができ、関節が変形を起こしてしまいます。

こうした症状が変形性関節症で、こうした関節に無理がかかってくると、炎症がおこります。この炎症が起こった状態を変形性関節炎といいます。

変形性関節症の症状は、まずは関節がこわばるようになり、それが何年も続いて強い痛みを発生するようになります。両膝が一番多く、足組、股や指先、そして脊髄などにもおこります。

変形性関節症の痛みは、運動痛で、動き始めるときの痛みが特徴です。この段階で無理をして動かしているとやがて痛みはなくなります。熱は炎症が強くないとでてきません。

変形性関節症になったときには、すこしでも悪くなっている関節にはできるだけ負担をかけないようにして、サポーターなどを巻いて、身体を動かすときなどの配慮が大切です。


若年性関節リウマチは、子供では8〜10歳の女児に多く発病します。慢性関節リウマチは、成人の女性に多く発症する病気ですが、こどもがかかる若年性関節リウマチは大人と違って、高熱がでて、全身症状をともないます。

若年性関節リウマチが発症する原因はまだはっきりとはしていませんが、免疫系のトラブルが関係しているといわれています。

その主な症状は、38度から40度の高い熱がでてきて、その症状が何ヶ月にわたって続いてしまうことがあります。指の関節であったり、手首の関節、ひざの関節が左右対称に腫れ、かなりひどい痛みがおこります。

また若年性関節リウマチでは、朝、起床したときに関節がこわばった感じがあり、動かしにくい、頸がまわりにくい、口が開けにくいといったものがあります。皮膚には、ピンク色の発疹が現れたり、手首、ヒジ、指に小さな結節をふれます。また心臓や目がおかされることがあります。

若年性関節リウマチは、再発をおこしやすい病気で、そのほとんどは、10年ほどで治癒していくようですが、なかには、そのまま慢性関節リウマチに移行するものもあるようです。

全身におこる症状が重症なときは安静にすることが必要です。痛みをやわらげ、炎症をとめるためにアスピリンが使われます。ステロイドはあまりしようされないようで、関節が固定してしまわないように温熱療法をおこなったり、マッサージなどが行われたりします。


慢性関節リウマチと関節の痛み

リウマチの語源がギリシャ語の流れであることはよく知られています。古代ギリシャではリウマチは、有害な液体が脳から全身に流れ、関節などにたまって痛みを起こす病気であると考えられていました。

この学説そのものは現代の医学的常識とはまったくことなりますが、イメージとしては後世まで影響を及ぼしました。日本リウマチ友の会の機関紙名、流、もこの語源に由来をしているものです。

慢性関節リウマチの典型的な症状は、関節の痛みです。この痛みは関節のなかの滑膜という部分の炎症から始まります。

人の身体には68個の関節がありますが、構造は共通しています。関節は、ヒジ、ヒザ、手首、足首、頚椎、アゴなど骨と骨とが接続する部分を指します。硬い骨同士がぶつかるのではなく、わずかなすき間を開けて接触するそれぞれの骨の先を弾力性にとんだ軟骨が覆い、クッションのような役目を果たしています。

関節全体を包み込んでいるのは、関節包という結合組織ですが、その内側を裏打ちしているのが問題の骨膜です。骨膜は、さらに内側の関節腔に関節液を分泌して、関節の働きをスムーズにして栄養補給します。また骨膜の組織にはマクロファージににた細胞があり、関節腔の中の老廃物をとりこんで処理する清掃係のような働きをしています。

関節の基本的な構造は大小に関係なく共通しているので、慢性関節リウマチにかかると、免疫異常が引き起こす炎症は、左右対称で、全関節に及ぶ可能性があります。

慢性関節リウマチにかかると、排除してはならない自分の身体の成分を排除すべき異物と誤認した異常な免疫活動が延々とつづくことになるので、これを終わらせることが困難になってきます。


慢性関節リウマチについて 教えてgoo ヤフー知恵袋より

慢性関節リウマチの悪化原因で「湿気」とは何のことでしょうか?
・・・慢性関節リウマチらしいので養生をしようと思っていますいろいろ調べましたURLの中に「湿気や冷え、感染症、けが、過労、ストレス、出産などがきっかけで症状が悪化することがあります。」という文章を見た...(続きを読む)

慢性関節リウマチについて
・・・慢性関節リウマチ患者の食事の仕方と食事用の装具について教えてください。....(続きを読む)

慢性関節リウマチについて教えてください。
・・・医療技術系の大学に通っている学生です。是非、慢性関節リウマチの検査所見について、できるだけ詳しく教えてください。学校の講義でRAについて発表することになりました。私自身、祖母、母がリウマチの家系...(続きを読む)




慢性関節リウマチの治療

慢性関節リウマチの場合、薬物療法などによって症状がおさまった状態を、完治ではなく寛解といわれています。

米国のリウマチ学会では、344例のデータを分析した結果、1981年に慢性関節リウマチの寛解の基準を発表しています。この基準によると、6項目のうち5項目以上が2ヶ月以上を続いていれば、臨床的にその患者は寛解した判定できることになります。

1、朝のこわばりが15分以内で消える

2、疲労感がない

3、関節に痛みがない

4、関節を圧迫したり動かしたりしても痛みがない

5、関節または腱鞘の軟部組織に腫れがない

6、血沈を1時間後に測定したときの数値が女性で30mg以下、男性で20m以下である

五項目以上を満たしていても、慢性関節リウマチのによる発熱がある場合、慢性関節リウマチ以外に理由が見当たらない体重減少が見られる場合、血管炎、筋炎、肋膜炎などの症状がある場合は寛解にいたっていないと判定されています。

慢性関節リウマチは治療の結果治るのではなく、寛解する病気です。すでに症状がすすんで、骨の破壊や変形がみられる場合にはそれを元通りにすることはできませんが、適切な治療をおこなえば関節の痛みや腫れを取り除き、現状以上に病気が進行しないようにストップをかけることは可能です。

慢性関節リウマチは難しい病気であってもけっしてコントロールできない病気ではありません。原因は完全に解明されていませんが、早期発見ができるようになり、治療法も進歩しているので、病気の進行を食い止める、普通の生活ができるようになってきました。


若年性関節リウマチについて

若年性関節リウマチは、大人の関節リウマチが幼児期にあらわれたものと考えられていますが、数種類のタイプに分かれ、単純な関節リウマチというわけではありません。タイプによって、症状、経過、治療方法、予後に随分と差があります。全国で約1万人の子どもがこの病気にかかっているといわれていて、女児に多い傾向があります。ここ数年では、若年性特発性関節炎ともいわれています。

若年性関節リウマチの主な原因は、まだはっきりとしていません。関節の内側にある滑膜という場所で炎症がおこり、だんだんと軟骨や骨が壊れていきます。発症に影響するものとして、白血球の血液型や、免疫の異常、何らかのウイルス感染、外傷、ストレスなどが考えられます。

若年性関節リウマチのおもな分類

〜歓鳩拭“熱、発疹が主で、関節炎は最初は目立ちません。熱は1日のうちで平熱になったり高熱が出たりして、体温の差が大きいこと(弛張熱(しちょうねつ))が特徴です。また、熱が高い時に手足や体に細かい発疹(リウマトイド疹)が現れます。そのほか、リンパ節腫脹(しゅちょう)、肝障害、心膜炎などさまざまな全身の症状を来します。感染症や血液の病気と区別がつきにくく、診断までに時間がかかります。

多関節型 成人の関節リウマチに似た経過をたどります。指などの小さな関節を含めて、5カ所以上の関節に炎症がみられます。左右で同じ関節が侵されることが多く、発熱は微熱程度です。

少関節型 関節炎は4カ所以下です。膝(ひざ)や足などの大きな関節が侵されることが多く、4〜5歳の女児に多い傾向があります。関節炎は他の型に比べると軽く、多くは数年でよくなります。わからないうちに虹彩炎という眼の病気を合併することがあるので、眼科の定期受診が必要です。最近は臨床症状と検査所見から、病型をさらに細かく分類しています。


関節リウマチについて

関節リウマチにかかっている人は、70〜100万人だそうです。そのうち30〜50代の女性に発症します。ひとつの関節にとどまらず、左右対称性に全身の関節にこわばり、痛み、はれを生じ、進行すると関節が壊れます。

微熱、食欲減退、全身倦怠感などの全身症状や、目や口の乾きなど涙腺や唾液腺、さらに、皮膚、肺などの関節外臓器の症状を伴うこともあり、膠原病のひとつとして位置づけられます。すなわち、従来、関節の病気との認識でしたが、現在ではリンパ球の異常による内科的疾患と考えられています。

関節の炎症が持続すると、関節の破壊を引き起こし、関節の変形や強直をもたらし、その結果日常生活動作に制限を来します。関節の破壊は発症2年以内に最も進行するため、極力早期に診断し、適切な治療を開始すること特に大切です。

関節リウマチは、典型的な生活習慣病である糖尿病がふえてくると同時に増加傾向をみせています。ですから関節リウマチは食の欧米化と密接な関係のある病気と考えたほうがいいです。

関節リウマチの特定の原因は不明ですが、遺伝や感染する病気ではなく、免疫異常が関係しています。免疫は、体に外から異物が入ってきた際に、それを見分けて攻撃し、体を守るシステムですが、「自己免疫」の病気では、このシステムに狂いが生じ、自分自身の体の一部を攻撃します。免疫の司令塔がリンパ球ですが、リウマチでも自分自身を攻撃するリンパ球が病気を引き起こします。

リウマチのリウマは、ラテン語で流れるという意味ですが、その理由は長い間不明でした。現在、自分自身を攻撃するリンパ球が、全身の関節や臓器に流れていき、あちこちの関節滑膜で炎症を起こして痛みやはれを生じ、皮膚、肺、涙腺、唾液腺などで皮下結節やリウマチ肺などの関節外症状を引き起こすと考えられています。



関節リウマチについて

教えてgoo ヤフー知恵袋より

関節リウマチ 検査数値について
・・・うちの母が関節リウマチの疑いがありました。関節リウマチの七つの要件を満たしています。検査したところ抗GAL欠損G抗体が63,4抗核抗体が40基準値よりも高いのですがMMP-3は50.0KL-6は...(続きを読む)

慢性関節リウマチについて
・・・慢性関節リウマチ患者の食事の仕方と食事用の装具について教えてください。....(続きを読む)

慢性関節リウマチについて教えてください。
・・・医療技術系の大学に通っている学生です。是非、慢性関節リウマチの検査所見について、できるだけ詳しく教えてください。学校の講義でRAについて発表することになりました。私自身、祖母、母がリウマチの家系...(続きを読む)



慢性関節リウマチには食事療法を

朝、目が覚めたときに、何となく手がこわばっている。これがリウマチ性慢性関節炎の初期症状としてよく知られています。こわばるのは、そこの血流が悪くなっているためです。ほとんどのケースで手の血管は細くなり、冷たくなっています。血流障害があるからです。とりあえず、よくマッサージするとか、遠赤外線などで温めるとかあれこれと工夫をして、血流障害がひどくならないように努めることが大切です。

指先も冷たいほどの血流障害が続くと、そこの関節炎が本格化する危険があります。関節炎のトラブルが長引いて、だんだんとひどくなって指がまがらなくなり、変形して固まり、リウマチ性慢性関節炎になる人が増えています。

リウマチ性慢性関節炎は、典型的な生活習慣病である糖尿病が増えてくると同時に増加傾向をみせています。なのでリウマチ性慢性関節炎もまた食の欧米化で大変おこりやすくなる病気の一つと考えられます。


慢性関節リウマチについて

教えてgoo ヤフー知恵袋より


慢性関節リウマチの治療法について
・・・慢性関節リウマチの主な治療法について教えてください。また、「慢性関節リウマチの低出力レーザ治療」について現在、臨床で取り入れられているのか取り入れられているならどのような成果をあげているのかなど...(続きを読む)

慢性関節リウマチの悪化原因で「湿気」とは何のことでしょうか?
・・・慢性関節リウマチらしいので養生をしようと思っていますいろいろ調べましたURLの中に「湿気や冷え、感染症、けが、過労、ストレス、出産などがきっかけで症状が悪化することがあります。」という文章を見た...(続きを読む)

慢性関節リウマチについて
・・・慢性関節リウマチ患者の食事の仕方と食事用の装具について教えてください。....(続きを読む)

慢性関節リウマチについて教えてください。
・・・医療技術系の大学に通っている学生です。是非、慢性関節リウマチの検査所見について、できるだけ詳しく教えてください。学校の講義でRAについて発表することになりました。私自身、祖母、母がリウマチの家系...(続きを読む)

リウマチに効く漢方薬
・・・慢性関節リウマチというのになってしまい、『アント』という原料が蟻で錠剤の漢方薬が効くという話を聞きまして、探しているのですが全然見つからずこまっております。昔からリウマチの特効薬として知られてい...(続きを読む)

慢性関節リウマチ(RA)について教えてください。
・・・慢性関節リウマチの手指の変形にZ変形・クルケンベルグ変形・ラクダの背変形がありますが、具体的にはどのような変形なのでしょうか?整形外科に詳しい型、リウマチに詳しい方どうか教えてください。....(続きを読む)

リウマチの診断基準はどんな意味があるのでしょうか?
・・・慢性関節リウマチかも知れないらしいとの診断を下されました診断基準で判断するとかろうじてひっかかるかどうかとのことです血液検査では何もひっかからないのですが、痛みや朝のこわばりはリウマチの症状とお...(続きを読む)

リウマチの方におたずねします
・・・こわばり等状況は慢性関節リウマチの初期症状との診断をえてますが、血液検査ではまだ引っかかりませんので様子見の状態ですちょうど手がこわばりだした3ヶ月前ころから、体重減少(3ヶ月で約4.5K減、手...(続きを読む)