ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

血液検査

血液検査の役割・血液検査で予防医学に上手に活用

具合が悪くなって病院にいくと今は大抵血液を採取して血液検査を行います。

血液検査によってかなりの病気の症状がわかってしまいます。



血液は、心臓のポンプによって、からだのすみずみまで、酸素や栄養分を運んで二酸化炭素や老廃物を運び出す働きをしていいます。

ですから、全身の組織や臓器の状態を見事に反映していて、からだのどこかに異常があると、血液の成分にその影響があらわれます。

そういう意味からも、血液検査は全身の健康状態を知る上でも基本になる重要な検査です。



血液検査で測定可能な項目は1500種〜2000種におよんで、体調の変化は、ほとんど血液検査で追跡できるようになっています。



血液検査は、病気の早期発見、早期治療、早期の改善に不可欠は検査です。