ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

動脈硬化

動脈硬化の予防は長寿のキーワード!

動脈硬化は一種の老化で、高齢になると皮膚が弱くなり、足腰の筋肉が衰えるのと同じように動脈が硬くなり、さらにはもろくなってきます。

動脈硬化は年齢を重ねて長生きをすればするほど避けて通れないものです。


すべての血管は連続して全身に張りめぐらされれているので、ある臓器の血管が動脈硬化に侵されていれば、ほかの全身の血管も動脈硬化に侵されていると考えられます。

ですから動脈硬化は全身を侵す病気です。


人は動脈とともに老いるといわれるように動脈硬化は典型的な老化であり、また全身を侵していくところから動脈硬化は動脈のがんという医学者もいます。


ただがんが徐々に克服されるのに対して、動脈硬化はいまだに確実な治療薬も治療方法もなく、今のところ進行の予防、血管の老化がすすまないようにする以外にありません。

そういう意味でも動脈硬化はがんよりも怖い病気といえます。


生活習慣の中でも動脈硬化との関わりが深い、食事には十分な注意が必要ですね。


動脈硬化を起こす菓糖飲料

甘いものや、脂の多いものは、確実に身体にダメージを与えてしまいます。

グルメ番組花盛りで、食べ物に関する話題がことかきませんが、食の選択がむずかしくなりましたね。

今は意識して選ばないと身体に余計な負荷をあたえるものが多いです。


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
甘味飲料による(冠)動脈の健康への影響度は、含有されている糖分の種類で異なることが、新しい研究で明らかにされた。研究者らは、過体重成人の動脈への脂肪沈着が、ブドウ糖含有飲料に比べ果糖含有飲料で多いとしている。


米カリフォルニア大学デイビス校のKimber Stanhope氏らは、過体重、肥満の成人に果糖含有飲料とブドウ糖含有飲料のいずれかを10週間摂取してもらい、動脈に対する影響度を比較した。被験者は全員、脂質30%、複合炭水化物55%のバランス食を摂り、そのうち13人がブドウ糖含有飲料を、10人が果糖含有飲料を摂取した。


9週間後に明らかになったのは、果糖含有群では、食後24時間のトリグリセライド(中性脂肪)値が摂取開始後2週間で上昇し、ブドウ糖含有群では逆に低下したこと。また果糖摂取群では、空腹時LDL(悪玉)コレステロールなどの数値が上昇したが、ブドウ糖摂取群にこうした変化は認められなかった。


研究者は「過体重や肥満者などメタボリック症候群や心血管系疾患の発症リスクのある人では、果糖含有飲料の過剰摂取は最低限、避けるべきである」としている。米国糖尿病協会(ADA)によると、果糖含有飲料の米国の消費量は、過去40年間で135%上昇している。研究結果は、シカゴで開催されたADA年次集会で発表された。

HealthDayNewsより
動脈硬化が原因で発症する病気

動脈硬化の進行を放置してしまうと、時間の経過と共に全身にさまざまな合併症を生じさせてしまいます。



例えば、動脈硬化が進行し、心臓の筋肉に酸素や栄養を供給している冠動脈が狭窄したり詰まったりすれば、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患が起こってしまいます。



動脈硬化が進行し、脳の血管がもろくなってしまって、破れたり詰まったりすると、脳梗塞や脳出血といった脳卒中を招いてしまいます。



足に動脈硬化がおこると、その先に血液が供給されなくなってしまって壊死してしまうこともあります。



動脈硬化のこうした合併症を防いでいくためには、検査で血液の中の脂質の状態を知って、総コレステロール値などの低下をはかることが第一になります。

特に危険因子を持つ人は定期的な検査をすることが大事になりますね。




動脈硬化は血管の老化です。

動脈硬化とは、血管の内壁にコレステロールがたまったり、血管の細胞が増殖したりして、血管が弾力を失ってしまい、硬くもろい状態になっていく症状です。。

動脈硬化では、血管壁がだんだんと厚くなり、内腔がだんだんとせまくなってきます。



動脈硬化が進行してくると、次第に血液の流れがだんだんとわるくなり、ひどくなると血管自体がつまってしまいます。

動脈硬化は、血管の老化に加えて、生活習慣や病気など、さまざまな原因によって起こってきます。



早い人で20歳代から始まって、加齢とともに進行していくのが動脈硬化です。



誰でも高齢になると、ある程度の動脈硬化になることはさけられませんが、単なる老化現象ではありません。

動脈硬化の起こりやすい人には、高血圧や、高脂血症、喫煙などの要因があって、この三つは特に動脈硬化の最大危険因子とされています。



危険因子をいくつも持っている人は、それだけ動脈硬化を起こしやすいといえます。