ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

子宮筋腫

子宮筋腫とは

子宮筋腫は、子宮の筋肉がこぶ状にふくらむ良性の腫瘍です。女性の性器に発生する腫瘍でもっとも多いもので、30代以降の女性では、4〜5人に一人あるといわれています。その発育にはエストロゲンが深く関係しているといわれています。

子宮筋腫のできる場所によっては、強い症状がでることがありますが、子宮がん検診などで偶然みつかることも少なくありません。子宮筋腫にはその発生した部位によって次の三タイプがあります。

漿膜下筋腫

これは子宮筋腫のなかでもっとも多いタイプで、子宮を包む外側の膜をに発生します。茎状にのびるものやごつごつした塊状のものが多発するものがあります。全体的に大きくなる傾向があって、ほとんど無症状のことが多く、過多月経や貧血もみられます。

筋層内筋腫

子宮内の筋層にできるものです。単発のものであれば増大することはあまりありませんが、子宮膜筋症との合併が結構みられます。

粘膜下筋腫

子宮内膜の粘膜にできるもので、粘膜内ポリープと間違われることもあります。月経を起こす子宮内膜にできるもので、それほど大きくなくても過多月経で貧血になりやすかったり、月経痛が強かったり、不正出血がみられたりします。


子宮筋腫の原因と治療について

子宮筋腫ができる原因はまだはっきりのところはわかっていません。

ただ子宮筋腫が大きくなるには女性ホルモンの一つの卵胞ホルモンがかんけいしていると考えられています。



子宮筋腫が成熟期の女性に多発して、25歳未満の若い女性にはまれで、子宮筋腫があっても閉経すれば発育が鈍り、退縮することから女性ホルモンの関与が考えられます。



子宮筋腫の治療は手術によりますが、ケースによって手術をしない場合もあります。

普通は、まだ若く閉経までに間があり筋腫もどんどん育つと思われる場合、過多月経で貧血がひどいとか、月経痛でがまんできないほどつらいなどの場合は積極的に手術がすすめられます。



子宮筋腫が大きくても、症状が軽く、閉経の時期近いなら、少し様子を見て筋腫の自然退縮をまつことになります。




子宮筋腫は、成熟した女性の5人に一人という確率で見られる良性の腫瘍です。

子宮筋腫は、子宮壁の筋層を構成している平滑筋が増殖をして、こぶ状になったもので、多くは子宮体部に発生します。



子宮筋腫には発育の方向によって子宮の筋層内で大きくなるもの、子宮の内腔に飛び出してくるもの、子宮の外側に張り出してくるものがあります。



子宮筋腫症状としてはもっとも多いのが月経過多です。

次に多いのが月経痛で、月経のたびに下腹部や腰痛がおこります。



さらに子宮筋腫がおおきくなってしまうと、周囲の臓器を圧迫するためにおこる頻尿、お腹のはり、便秘、痔、月経時以外の下腹痛、腰痛、足のしびれ、痛みがあらわれるようになります。

月経過多による疲労感、動悸、息切れなどの症状がでることもあります。



なかには、子宮筋腫であっても自覚症状がまったくない人などその症状はさまざまです。