ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

子宮内膜症

子宮内膜症は、現代人の女性の間で大変増えている病気の一つです。

子宮内膜症は、子宮内膜炎とは全くにことなる病気で、子宮内組織が本来の場所以外のところに進入して発育してしまうものです。

それは、卵巣とか、子宮の筋層、腹膜、腸壁などです。


子宮の筋層内できたものを内性子宮内膜症、それ以外の場所にできたものを外性子宮内膜症といいます。


子宮の内膜は、ホルモンの影響を受けて、月経の周期ごとに増殖や出血を繰り返しますが、本来とことなるところにできた内膜も同様に増殖したり、出血したりします。


月経血と違って、出血しても出口がないので、血腫となったりいろいろな障害をおこいます。


子宮内膜症は、腸と子宮や卵管が癒着してしまって、不妊の原因になることもあります。