ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

脳性麻痺

脳性麻痺の症状と治療法

脳性麻痺は、胎児期の後半から出生直後に、何かの原因で脳が障害を受けてしまって、運動障害が起こる病気です。

脳性麻痺は病名にまひとついてますが、単純にまひして力がでないということではなく、強い筋肉の緊張がおこってしまって、運動が障害をうけると考えられています。


今、脳性麻痺にかかっている人は日本全国で10万人いるそうですが、脳性麻痺による運動障害は、乳児期から現れて、大人になって症状がつよまることもあります。


脳性麻痺の主な症状としては

手足や首の筋肉が常に突っ張った状態になって、運動を妨げ、筋肉痛のような痛みが出る、意志とは無関係に手足や首、肩などが激しく動く、不随意運動を起こすなどの症状があります。


こうした症状が首から肩にかけて起こるのが、脳性麻痺による痙性斜頸です。


脳性麻痺による痙性斜頸では、自分の意志とは無関係に頭部が振れ、その振れに対して手足や口が同時に動いたり、片方の肩があがってしまうという症状があらわれます。

そのために身体全体のバランスがとれなくなります。


頭部や肩が動いてしまい、常に首に負担がかかるため、次第に首の骨がずれたり変形したりすることもあります。


最近ではポツリヌス治療がこの脳性麻痺による痙性斜頸にも使われるようになって、効果をあげるようになっています。