ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

緑内障

緑内障とは

緑内障は、眼球内部を満たす眼房水の圧力が異常に高くなったため、一時的に、または永久的に視力障害をおこしている状態です。

生活習慣病の1つとして考えられていますが、 失明する原因として世界各国で第1位から第3位の間にあります。



緑内障には、発症の原因によってそれぞれ、先天性緑内障、原発性緑内障、続発性緑内障 に分けられる。それぞれ症状に違いがあります

先天性緑内障:先天的に、眼房水が排泄される部分の発育が悪いため眼圧 が高くなるものである。角膜や強膜が伸びきってしまい、黒目が大きくな ったりする。放置すれば視神経の圧迫により、失明する。



原発性緑内障

眼圧上昇の原因が不明で、眼圧上昇が徐々で比 較的軽い単性緑内障と急激におこり重度の炎性緑内障に分けられます。

炎性緑内障では、急激な眼痛や頭痛、悪心がおこり、1日で失明することもある恐ろしい症状です。



続発性緑内障
目に疾患があって、それが引き金となって眼圧上昇をおこした ものを続発性緑内障といいます。

医療(薬剤)が原因で、原発性緑内障に似た症状のあらわれることもあります。

アレルギー性血膜炎に対して、 ステロイド点眼剤を長期連用すれば眼圧が上昇して原発性緑内障と同じ経過をとることがあります。