ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

冷え性


低体温 冷え低体温の人が年齢や性別に関係なく全体的に増えています。普通、人間の体温の平均温度はは36.5℃程あります。36.5度は、体内にある酵素が最もよく活動してくれる温度になります。

ところが、身体の体温が下がり、低体温になると、酵素の働きが低下するため、新陳代謝が悪くなり、免疫力も低下します。


低体温は、身体全体の冷えになります。冷えと低体温は相通じつつも多少の違いがあります。


冷えは、ストレスなどによる自律神経失調や、心臓のポンプ力が弱かったり、貧血症や動脈硬化などで血流が悪くなると体温の分布にムラができ、手足など末端を中心に身体の一部に慢性的な冷えを自覚する症状をいいます。


この症状は東洋医学では、冷え症としてとらえていますが、西洋医学には冷え症の概念がなく、自律神経失調症からくる不定愁訴の一つにとらえられています。


また体感温度は頭寒足熱が理想的ですが、上半身が熱く、下半身が冷たいというのぼせ症も冷えの一種です。


低体温は、体全体の冷えともいえる状態で、冷暖房完備で汗腺が発達しなかったり、長時間冷気にさらされたりなどで、体温調節がうまく働かなくなり、通常の基礎体温を切ったものをいいます。


部分的な冷えを自覚する冷え症と違い、多くの場合冷えの自覚はありません。ただし、低体温と冷え症を伴うケースは特に女性によくみられます。


なお、医学的にいう低体温症は、体内の深部温度が34度ないし35度以下になり、放置をすると生命の危険をともなう症状をいいます。


低体温も冷えも万病の元です。身体の中では酵素を触媒にして、さまざまな化学反応を起こして、全身の血行や細胞の新陳代謝、食物の消化吸収、免疫力の活性などの生命活動が営まれていますが、この酵素の活性は36〜37度で働きます。


なので、体温が36度をきると酵素活性がうまく働けず、いろいろと弊害がおきてきます。


例えば、腸内では腐敗菌が増えて異常発酵をおこし、腸管免疫も低下する、女性ホルモンの分泌が衰えて卵巣機能が低下し、生理不順や不正出血、生理痛、不妊症につながる、免疫を弱め、アレルギーや免疫病、風邪などを始め感染症にかかりやすくなります。


炎症や感染症にかかると熱が上がるのも、体の生体防御反応によるもので、体内温度が高まると細菌やウイルスの活動が弱まる上に、外敵をやっつける免疫の働きも高まるからです。


ちなみに、体内温度が1度下がると酵素反応は50パーセント低下し、がん細胞は39.3度で死滅することがわかっています。


健康な人の体温は約36.5℃でです。このくらいの体温になると細胞の新陳代謝が活発になり、健康で、免疫力も高く、ほとんど病気をしない状態を保つことができます。低体温の人は、体温をあげる生活を取り入れることが大切です。




足 冷え足の冷えは、主に自律神経のアンバランスからおこる症状です。足が冷えて、なかなか寝付けない、オフィスで足や腰が冷えて、体調を崩しやすいなど、冷えに悩む女性が多いようです。

女性が男性より冷えになりやすいのは、熱を伝えにくい皮下脂肪がおおいためです。人が冷えを感じるのは皮膚の温度が15度以下ですが、女性は身体の中心部が温かくても、その熱が皮下脂肪によって皮膚に伝わりにくく、冷えを感じます。

冷え性の大きな原因は自律神経のの障害です。自律神経には、交感神経と副交感神経があって、それぞれ相反する働きをしています。


この二つの神経は、環境や状況に応じて、バランスよく働いています。皮膚の温度は、交感神経によって左右されていますが、交感神経が働くと、皮膚の血流量が少なくなり、体温が下がっていきます。


交感神経の働きには個人差があり、少しの寒さで交感神経が働く人と、あまり働かない人がいます。交感神経が過敏な人では、皮膚の温度がすぐ下がって、冷えを感じます。


この二つのバランスが崩れてくると、寒くもないのに交感神経がが働いて手足が冷えたり、熱くもないのにのぼせたりします。


自律神経の異常は、更年期におこりやすいのですが、精神的、肉体的なストレスがあるとバランスを崩し、このストレスがさらに冷えを悪化させることになります。


足の冷えはふくらはぎの筋肉を動かしようにしましょう。ふくらはぎの筋肉を動かす為には、ウォーキングがもっとも効果的です。


3cm以上あるヒールを履いているとふくらはぎは縮まった状態になるので、ふくらはぎの筋肉の伸縮はほとんどされません。また、ブーツを履いている場合は、ふくらはぎをさらに締め付けてしまうのでご注意を。


足の冷えに効果的な運動 足指運動

足の指でグー・チョキ・パーを繰り返します。
足の甲部分を足の色が白くなるぐらいまで、摩ります。
電話帳ほどの高さの場所に足先をのせて、かかとを上下させます。
また、それと並行して、アキレス腱のストレッチを行うようにしましょう。



冷え症改善

実に全女性の7割が冷えを感じています。

それは甘いものや南方系の果物、メロンやパイナップルのとり過ぎ、不規則な生活などがその原因になっているといわれています。

冷えは万病の元といわれています。

冷え症になって体温が低下すると、身体の中のいろんな科学変化・代謝がうまくいきません。


身体を温めてくれる素材や料理を学び、冬になっても冷えない身体作りをしておくことが大切です。


冷え症改善の食事のとり方

砂糖、くだもの、生野菜、香辛料、ジュースなどの陰性といわれる食品を少量に

動物性の食品、脂をごく少量に

豆類を少量にする

主食を多く、副食を少量に

朝食を少量に、穀類を主とする

よく咀嚼するようにする



冷え症について

教えてgoo ヤフー知恵袋より

冷え性について
冷え性についてマッサージ、腹巻、しょうがを食べる、冷たい飲み物をとらない、運動、など色々と試したんですが、どうも冷え症が改善されません。何かこれをやって、解消したよ!という方法を教えてください。(続きを読む) 2007/03/24 20:58:17

妊娠を希望している為、冷え症を改善したいので養命酒を飲みたいと思っているので...
妊娠を希望している為、冷え症を改善したいので養命酒を飲みたいと思っているのですが、現在潜在性高プロラクチン血症の為、テルロンを飲んでいるのですが、養命酒を服用しても大丈夫なのでしょうか?(続きを読む) 2006/02/27 10:47:29

"冷え症"って医学的にも正式にはない言い方なのでしょうか
・・・があるとのことですが"冷え"は生まれ持った性質ではなく症状だと思うのです。本などで医師が書かれる文では"冷え症"とするのが多いので、医学的な病名では正式に"冷え症"というのがあるの....(続きを読む) 2005-10-10 11:35:00

足の痺れと冷え症。
・・・ているともう駄目です。立てなくなるほど痺れてしまいます、そしてなかなか痺れが取れません。一度、人に相談したところ冷え症が原因なのではないかといわれました。確かに夏でも足先が紫になるくらい冷え症な...(続きを読む) 2005-10-24 18:42:00

冷え症に効く筋肉トレーニング
・・・。筋肉トレーニングと聞いても腹筋くらいしか思いつかないのですが、腹筋も冷え症に効きますでしょうか。他に、特に、この筋肉トレーニングで冷え症が改善された、とか、冷え症改善のための筋肉トレーニングだ...(続きを読む) 2005-11-12 16:27:00

冷え症の受診科
・・・小さいころから冷え症なのですが、ここ最近ひどくなってまいりました。(寝られない状態です)受診したいのですが、見当がつきません。冷えが該当する専門受診科目をご存じの方いらっしゃいましたら教えてくだ...(続きを読む) 2006-02-25 17:09:00

冷え症と頭痛、だるい
・・・今度は冷え症が原因かなと悩んでます。腰から下が冷えと変な違和感?があり、上半身がすぐ熱くなる感じがあります。<のぼせてるみたいです>この、症状で最初に書いた個所に痛みなどおこりますか...(続きを読む) 2003-01-15 19:45:00

母の冷え症をなんとかしてあげたい
・・・強度の冷え症に悩んでいます。なにかできることはないかと思い、皆さまのお知恵を拝借したく質問させていただきます。@母は、身長がかなり低く痩せ型。小食。@更年期はもう過ぎたようだが、更年期によって冷...(続きを読む) 2004-10-14 23:32:00

冷え症にいいお茶、食品
・・・冷え症の方で、その症状を回復できたお茶があったら教えてください。お茶じゃなくてもいいです。....(続きを読む) 2003-04-11 17:16:00

冷え性の 原因と改善法
・・・。と言われた為冷たい飲み物を控えたり、生姜を食べたり、お風呂で温めたり、していますが、なかなか改善しません。原因がわかるとそれにあった改善法があるのかなと思ったりしています。冷え症に詳しい方.....(続きを読む) 2006-03-04 04:52:00

複式呼吸が冷え症に効果がある理由をお教えください
・・・複式呼吸が冷え症に効果があると聞きました。なぜ複式呼吸が効くのか、なぜ普通の呼吸法ではダメなのか、複式呼吸で解消するのか、をお教えください。ご回答は専門家さまのみに限定させていただきます。......(続きを読む) 2005-12-09 20:56:00

特に女性の方へ 冷え症について
・・・わたしの妻のことなのですが、彼女は冷え症なのです。手足は常に冷たくて、新陳代謝もとても悪いのです。激辛のものを食べたりしてもまったく汗がでてこないようです。(わたしは滝のようにかくんですが。。)...(続きを読む) 2006-01-22 13:34:00


冷え性は、栄養のアンバランスや不足によって招いてしまいます。


最近、若い女性の中で冷え性を訴える方が増えているそうです。

その原因の一つに20代の女性のダイエット志向が影響しているようです。



食事のエネルギーを落として必要な栄養成分を不足なく摂るためには、かなりの工夫と知識が必要になります。



でも痩せている人の多くは栄養不足の状態を続けることで体重を維持しているケースが多くて、その結果が冷え性を招いています。



実際に今体温が36度ない若い女性が増えているのです。



冷え性の状態が続いていますと、基礎代謝といわれる生命維持に必要なエネルギーの消費自体も、節約モードに入ってしまうと言うことです。



それに加えて、運動不足の状態が加速してしまいます。



運動をして毛細血管の血流を改善することで末端の冷えは改善できるのですが、運動不足は特に足の冷えを助長する体液の貯留を引き起こしてしまいます。



運動不足は冷え性の大敵ですね。



栄養素のタンパク質や鉄分を補って冷え性を遠ざけましょう。



タンパク質をとると、体温が上昇しやすくなります。



動物性のタンパクは過剰になると血液がドロドロなってしまうので、タンパク質は植物性のタンパク大豆が正解です。


冷え性だけではなく、すべての症状の改善の基本は、栄養はバランスよく満点にです。

それと食べ物は、食性に合ったものをとるのが基本ですね。