ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

認知症


認知症 症状 対策認知症は、高齢化社会を背景にして増加をしている病気です。物忘れがひどくなると、いやでも自分の年齢を思い知らされます。

約束したことを忘れることが増えた。何度も同じものを買ってしまう。小銭の計算が面倒になり、ついお札をだしてしまう。

このような症状があるとすれば、認知症の前兆かもしれません。心当たりの有無はともかくとして、年をとるにしたがって認知症のことは気になるものです。


おだやかな老後の暮らしを一変させる認知症はこれまで、手の施しようがない病気とされてきました。これまでインプットされてきた認知症に関する常識と偏見です。


多くの人が感じていた認知症の常識や偏見が現在、変わりつつあります。優れた治療薬や激しい症状を抑える新しい介護のやり方、早期発見と適切な予防など新しい方法がどんどんと生まれています。


そして、最新の医療や介護と家族のサポートを得て、穏やかに暮らし続けている人たちがいます。


認知症は、加齢を重ねたうえで自然とでてくるものではなく病気と認識することが大切です。年をとると認知症になるのは必然というわけではありません。


加齢にしたがって多少物忘れがひどくなったとしても、それは年相応の物忘れという場合が多いようです。


認知症の場合は、今朝ご飯を食べたという出来事自体を忘れてしまうので、日常生活に支障をきたします。


認知症は、決して年のせいではなく脳の細胞が壊れてしまうことによって脳が萎縮して認知機能が低下していく病気の総称です。高齢者に多い物忘れとは根本的に異なります。


認知症は、その原因や症状によって数十種類分類をされますが、代表的なタイプは、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症の二つのタイプになります。


認知症の進行を遅らせる治療法 認知症に治療法がないというのは時代遅れの間違った常識です。アルツハイマー型認知症の進行を遅らせる治療薬やトレーニング法があり、安定した症状を保ちながら生活している人は多くいます。


アルツハイマー型認知症になると神経細胞の活動が弱くなるため、神経伝達物質の量が減り、記憶したり考えたりする力が衰えます。


もともと脳の中には、分解酵素があるため神経伝達物質が分解されて、どんどんと少なくなっています。


日本で、唯一承認されているアルツハイマー型認知症の薬である塩酸ドネペジルは、分解酵素をつかまえて少なくなってしまった神経伝達物質を守ります。神経細胞の働きを補って記憶力などの低下を遅らせることができる薬です。


物忘れという一番重要な問題について、あきらめずに訓練をすることで、本人が心配している症状が進行することをある程度遅らせることができます。


他にも、アメリカを中心に、海外ではさまざまなタイプの新しい治療薬の開発や、手術による治療の研究などが進められています。




痴呆の主な症状について

痴呆には、アルツハイマー型と脳血管性型の2種類があります。食の欧米化にともなってアルツハイマー型の痴呆が増えているそうです。アルツハイマーも脳血管性痴呆もその症状は多少異なりますが、主な症状は次のとおりです。

痴呆症状 |稜修猟祺次ゝ憶、特に最近の記憶が悪くなり、忘れっぽくなり、物を置き忘れる、ガスや水道の栓を閉め忘れる、約束を忘れるなどがしばしばくり返しみられるようになります。その症状が重くなってくると、少し前に食べた食事のこと、少し前に会った人の名前、少し前に起こったできごと、家族の名前、自分の年齢や住所も忘れて、わからなくなります。このようになっても、多くの場合、自分が忘れっぽいという自覚がないのが特徴です。

計算力は衰え、簡単なお金の勘定を間違えたり、できなかったりします。また一般知識も失われ、理解力や判断力も悪くなり、相手の話が理解できなかったり、物事の処理ができなかったり、自分の周囲で起こったできごとへの正しい判断や対応ができなくなります。

痴呆症状◆‘常生活動作が低下 食事の摂取、衣服の着脱、排便・排尿、入浴、歩行などがしだいにひとりでできなくなります。

痴呆症状 日時・場所・人物などの認識が悪化 「今は何年何月か」「きょうは何曜日か」「今の季節は」「昼か夜か」などの日時に関する認識、「ここがどこか」「自分の家はどこか」などの場所に関する認識、「配偶者、子ども、知人の顔や名前」など人物に関する認識などが失われるようになります。

痴呆症状ぁ\鎖西評の表出 不眠、妄想、せん妄、人柄の変化、興奮などがみられます。妄想は「自分の持物をだれかに盗まれた」「とられた」などと訴える被害妄想や嫉妬妄想がしばしばみられます。せん妄は意識が混濁して、落ちつきがなくなり、錯覚、幻視、興奮を伴う状態で、夜間によくみられます。また人柄も変化し、認知症の進行とともに放置しておくと、意欲が失われ積極的に何もしようとしなくなります。

痴呆症状ァ〔簑蟾堝亜」况法不潔行為、叫び声、破衣行為、昼夜の区別不能、攻撃的行為などがみられます。外出して迷子となったり、夜間に騒いだり、便をこねまわしたり、介護に抵抗するような行為は介護者を困らせます。

痴呆症状Α/牲仂評が現れる 脳血管性痴呆では、片麻痺、構語障害、言語障害、歩行障害がでてきます。


健忘症とぼけ

最近、物忘れがひどいと悩む人がすくなくないようです。

ただその大部分は健忘症です。



年齢を重ねると物忘れがひどくなり、もの覚えもわるくなるのが普通です。

しかしどういう物忘れがぼけの初期で、どういう物忘れが健忘かを区別するのは、一般にはなかなか難しいものです。



ボケの記憶障害は、進行すれば健忘症と比べものにならないほど病的にかんじられます。

朝に何を食べたのか忘れて食べなおすのがボケ。

昨日初めてあった人の名を今日わすれているのが健忘なら、いま聞いた名前を忘れて何度も聞くのがぼけといった具合です。



ボケの本人は、今、何を食べたばかり、いま、言ったばかりと指摘されても、食べていない、聞いていないと主張することが多いです。



大切なのは進行したボケではなく、初期のボケに早く気づき、早く専門家の検査を受けることです。

物忘れがひどくなったときは、一度ぼけの検査を受けることをお勧めします




認知症では、脳の記憶司る部位が障害されるため、もの忘れが現れます。

しかし、脳も筋肉と同じように鍛えることで活性化し、認知症の予防につながると考えられています。


認知症の特徴的な症状として物忘れがあります。


認知症、どうしてものを忘れることがおこるのか?

大脳の表面にはしわがたくさんあります。

この部分は大脳脂質と言われていて、思考力とか判断力など、人間の精神活動に深く関連をしています。

外部からの情報は、まず大脳皮質に入り、その後、海馬という部分に送られます。

海馬は、記憶に深く関与している部分です。

そして海馬に入った情報は整理され、必要な情報だけが再び大脳皮質に送り出されて、記憶として保たれます。


海馬が深く関わっているのが、直前の記憶や、数時間、数ヶ月ほど覚えている短期記憶です。


そこで認知症の早期では、この海馬の神経細胞に障害が現れ、短期記憶が障害されます。

それは、物を置いた場所や自分が言ったことをすぐに忘れたりします。

昔のことより、最近のことが思いだせなくなったり、何度も同じ言動を繰り返すのもそのためです。


そして進行するにつれて、だんだんと大脳皮質も傷害されていき、知的活動全般に支障がでてくるようになります。


認知症の予防は脳を鍛えることです。

脳が働いていると、神経細胞に酸素や栄養を供給する血液の量が増えます。

また脳は、神経細胞同士が非常に複雑に手を結んだ緻密なネットワークによって情報交換を行っています。

このネットワークは、脳が働けば働くほど強固になります。


このようにして脳に多少の負荷をかけて働かせることが認知症の予防につながると考えられます。



認知症を防ぐには、魚と野菜を中心に、さまざまな食品をまんべんなくとることが効果的であることが厚生労働省の調査でわかりました。

(主任研究員、橋本彰 自治大学大宮医療センター教授)


研究班の山下一也・島根県立看護短大教授らは、同県の高齢者(平均72歳)95人を対象に、04年夏ごろから1年間追跡して、認知症のが改善したグループ、認知症が変化なしのグループ、認知症が悪化したグループに分け、食品一日あたりの摂取量を比較しました。


魚介類は認知症悪化グループの91gに対して、認知症改善グループは151gと多く、タンパク質やDHAやEPAなどの脂肪酸の摂取も統計的に高い数値をしめしました。


総摂取エネルギーでは認知症改善グループは、認知症悪化グループの1.16倍の2149キロカロリー、緑黄色野菜は同1.25倍の137gと、それぞれ高い傾向にありました。


さらに認知症改善グループは、肉類も含めた総脂肪酸、コレステロール、亜鉛などの微量ミネラルなどさまざまな食品や栄養素をシッカリとっていました。


研究班は運動や脳への刺激のほか、食事指導の方法を確立する必要があるとしています。


魚少々と野菜をたっぷり摂る食生活は、認知症だけではなく身体全体の機能を高めるのにも大変よいですね。