ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

活性酸素

活性酸素による身体のサビは、老化や万病の元です。

呼吸によって体内に取り込まれた酸素の3パーセントは活性酸素という非常に反応性が高く、障害性の強い酸素になります。


活性酸素は身体に重要なタンパク質、脂質、核酸、遺伝子、DNAなどを傷つけて、生体を無差別に損傷していくもとになります。

酸素の消費量の多い人ほど活性酸素が大量に作られ、それだけ老化が進んでいきます。


呼吸に肺に取り込まれた酸素の80パーセントは、血液に運ばれて、細胞の中のミトコンドリアで栄養素を燃やすために使われます。


その過程で酸素は電子を四個受け取って最後には水になって安定しますが、ミトコンドリアの中で酸素はすべて水に還元されるわけではなく、約3パーセントが電子一個の還元によって活性酸素になります。


そしてこれがスーパーオキシドといわれる活性酸素で一番の元になる活性酸素です。

スーパーオキシドから活性の強い殺菌剤のオキシドールと同じ過酸化水素が作られ、そこに鉄イオンがあるとさらに活性の強いヒドロキシルラジカルができます。


で、活性酸素はこのように細胞内のミトコンドリアで作られる以外にも、肝臓やミクロソームで、薬や農薬などの毒物を解毒するとき、臓器移植や血栓などで一時的に血流が止まって再び流れ出すとき、白血球が細菌を殺すとき、放射線や紫外線を浴びたとき、糖尿病などでタンパク質が糖化されたときにも、酸素が活性酸素に変わることがわかっています。


そして周りの環境から、たばこの煙や大気中の窒素化合物などからも体内に取り込まれます。


そして活性酸素は、細胞膜のリン脂質や遺伝子のDNA、タンパク質などを傷つけることによって老化を始め、がん、動脈硬化、炎症、リウマチ、脳疾患、糖尿病といった、多くの生活習慣病や現代病の引き金になります。


自分が気をつけていても知らず知らずのうちに発生している活性酸素は、その対処法を知って早め早めに手を打つことが大切になります。


万病の元は活性酸素