ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

糖尿病


低血糖症 症状低血糖と低血糖症 血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のことです。子供の早朝空腹時の正常な血糖値は60〜100mg/dlとされます。低血糖とは、血糖値が50mg/dlに低下した場合をいいます。

低血糖症とは、低血糖であると同時にさまざまな神経症状がでるときに診断されます。神経症状は大きく交感神経刺激症状と脳神経症状に分けられます。

低血糖になると脳がエネルギー不足となり、活動が思うようにできなくなるので、頭がボーッとしてきて、気力も減少してきます。


そのため脳は、低血糖の状態からのがれれるために、アドレナリンの分泌を促し、体内に蓄積されている糖分を血液中に放出して正常な血糖値にするよう命令を出すようになります。


血糖値が正常域を外れて低くなっても、症状が出にくいこともあります。こうした症状は、低血糖症を起こす血糖値を数字で表すことができないことにも関連しています。


低血糖の症状は、自律神経症状と中枢神経症状とに分けられます。血糖値が急激に下がる時は自律神経症状が強く、血糖値が緩やかに下がる時は中枢神経症状が強くあらわれてきます。


交感神経刺激症状には、不安感、空腹、動悸、顔面蒼白、脈が速い、発汗、ふるえがあります。


脳神経症状には、頭痛、ものが二重にみえるなどの視力障害、精神、身体の異常行動、けいれん、昏睡があります。


このように、重症の低血糖症は危険な症状が多いので、低血糖の原因を突き止めて早期に治療を行うことが大切になります。


多くはブドウ糖の静脈注射で回復します。甘いものを食べてみて、それから症状が回復するなら低血糖の可能性があるので医師の診断を仰いでみるようにしましょう。



糖尿病からおこるさまざまな感染症 人の体は、白血球が細菌を殺して感染を防いでくれています。

ところが血糖が高い状態にあると、白血球の働きを弱めてしまい、その殺菌力を弱くします。そのため、感染症がおこりやすくなります。

糖尿病の人で、特に気をつけたいのは、皮膚感染症や口腔内感染症などです。

最近では、感染症に対する治療法も発達してきているので、むやみに怖がる必要なないにしても、予防法として血糖コントロールをしておくことは大切です。

糖尿病の人によく起こる皮膚感染症は、真菌症と細菌感染症の二つに分けられます。

真菌症は、かびの一種である真菌によるもので、皮膚にかゆみと痛みをもたらすカンジダ症、白癬症などがあります。この二つは糖尿病の人の約20〜30パーセントにみられるようです。

カンジダ症は、特に女性の外陰部、太ももの内側、乳房の下や、肛門の周りなどのこすれる箇所、それにわきの下などの汗をかきやすい部位にかゆみを起こし、治りにくい皮膚病です。

足や手の指、足のうら、おしりにできやすいのが白癬症です。特に水虫は、ほうっておいたり不潔にしたままだと細菌が入って二次感染を起こし、それがもとで糖尿病性壊疽に進行してしまうことさえあります。

そのどちらも治療は、皮膚を清潔にし、医師に処方してもらう抗真菌の塗り薬を使用します。

尿路感染症としては、膀胱炎、腎盂腎炎、腎盂炎などがあります。膀胱炎では排尿回数が増え、排尿時に痛みを感じます。放置をしておくと、腎盂炎や腎盂腎炎を起こします。

腎盂炎や腎盂腎炎をおこすと、腰痛やふるえ、発熱などの症状がでるようになります。慢性化してくると症状がでなくなることもあります。

こうした症状の治療でたいせつなことは、早期に発見をすることが大切で、そのためには尿検査をすることがポイントです。

膀胱炎のケースでは、尿中の白血球の数を調べる尿沈査という検査が必要になります。また腎盂炎や腎盂腎炎では、尿の細菌検査を行います。

こうした検査で病気が発見されたら、抗生物質による治療を行うことになります。


糖尿病性神経障害の症状 三大合併症のうち最もよく見られるのが神経障害です。

一口に神経といっても、いくつか種類があり、脳と脊髄からなる中枢神経と、中枢神経から枝分かれしてでている末梢神経とに大別できます。

末梢神経は、全身に網の目のように張り巡らされ、脳の指令を伝えたり、逆に末端からの情報を脳に伝えます。

この末梢神経は、その働きの面から、運動神経、知覚神経、自律神経の3種類に分類されます。

運動神経というのは手足を動かすなどの働きをつかさどり、知覚神経は痛みや冷たさなどを感じる働きをつかさどっています。

これら2つの神経とは性格が違うのが自律神経です。自律神経は、生命を維持するために、内臓の働きや体温、発汗の調節など、さまざまな機能をコントロールしています。

これら3種類の神経系のうち、糖尿病の人が障害を受けやすいのは知覚神経と自律神経になります。

神経とは、もともとは、電気信号を伝える電線のような性質を持っています。ところが、高血糖がつづくとソルビトールがたまり、あたかもその電線がさびついたかのように、情報が神経を伝わるのに時間がかかったり、情報が正しく伝わらなくなったりします。

また、タンパク質の酸化によって細小血管がつまってしまうため、神経に栄養を供給できなくなってしまいます。

これらの理由から、末梢神経そのものと、その神経が調節しているいろいろな臓器に不調が生じます。

この状態が糖尿病性神経障害です。こうした神経障害は糖尿病の人の約3分の1の人になんらかの形であらわれるといわれています。

糖尿病性神経障害では、しびれや痛みなどの知覚障害を起こします。これは最もよくおこる神経障害です。

糖尿病性神経障害のなかでも、早い時期に最もよくおこりやすく悩ますのが、足のしびれや痛みなどの知覚異常です。

知覚神経がおかされて足先に、ジンジンした感じ、チクチクした感じ、あるいはピリピリ、ビリビリと電気が走るような痛みが生じます。

また、逆に痛みなどに対する感覚が鈍くなったり、なくなってしまう場合もあります。

一般に、これらの症状は、ほぼ同じ時間に両足にあらわれ、夜、床についている間に強くなる傾向があります。

そして、糖尿病になってからの期間がながいほど、また血糖コントロールが悪いほど、強くあらわれてきます。

ただし、単に高血糖によっておこるだけでなく、血糖値を急激に改善すると、一時的に痛みやしびれなどがひどくなることもあります。

なお、運動神経がおかされておこる神経障害にこむらがえりがあります。

普通のこむらがえりと違って、運動しているようなときや、夜寝床にはいってから突然おこるという特徴があるようです。


糖尿病では感染症に細心の注意をするようにしましょう。健康な体では、体のなかに細菌やウイルスが入っても、白血球がそれを攻撃して殺してしまいます。

しかし、血糖コントロールが悪いと白血球の働きが低下して、病原菌を撃退する力や抗体をつくる力が減少します。

そのため、感染症にかかりやすくなります。例えば、血糖値が200mg/dl以上の状態で推移していると、体の抵抗力は半分前後まで低下するという報告があります。

一方、体にはいった細菌やウイルスにとって、高血糖であるということは好都合で、病原菌の栄養が血液中に豊富にあるということを意味しています。

そのため、病原菌が一度感染すると、どんどん繁殖してなかなか治らないという状態になります。

感染症にかかりやすくなり、一度かかるとなかなかなおらない、これは、血糖コントロールがよくない人に実際によくみられる状態です。

感染症にかかると、インスリンの働きが低下します。そうなると、もともと高い状態の血糖値がさらに上昇します。血糖値が上昇すれば、感染症はさらに治りにくくなります。

糖尿病でない人でも、感染症にかかることは珍しくありません。もちろん血糖値が適切にコントロールされている人も、感染症にかかります。

感染症にかかるとインスリンの働きが低下するのは同様なので、普段の血糖コントロールがうまくいっている人も、感染症には十分な注意が必要になります。

病原菌は、呼吸器から侵入するほか、歯周病の患部、虫歯、靴擦れ、切り傷、とげ、やけどなど、さまざまなところから入りこんできます。

糖尿病の有無にかかわらず、それを完全に阻止するのは、困難なことになります。なので、感染があったらそれをいち早く発見し、徹底的な体をうすることが大切になります。

感染症は、日常での細かい配慮が求められます。そのなかで最も基本的で重要なのは、いうまでもなく、血糖コントロールの改善です。

例えば、小さい傷でも治りきるまで徹底的に治療するとありますが、具体的には、かさぶたができ、それが自然にとれるまで治療の手をゆるめないということです。


糖尿病神経障害は、糖尿病でおこる合併症のなかでも最も早くあらわれて全身に影響する障害です。

高血糖が続いてブドウ糖が正常に利用されなくなると、神経細胞に栄養を送っている血管に障害がおきるだけでなく、過剰になったブドウ糖がソルビトールという物質に変化して、神経細胞にたまっていきます。

その結果、神経細胞が正常に機能しなくなり、糖尿病神経障害が発症するといわれていますがいくつかの説があってはっきりしたことはまだ解明をされていません。

糖尿病神経障害は、いろいろな合併症のなかでは最もよくみられる障害であるとともに、最もよく現れる障害です。

糖尿病神経障害は、末梢神経障害と自律神経障害、運動神経障害とに分類されます。


末梢神経障害 末梢神経は、体中にくまなく届いている神経で、脳の中枢からの指令を伝えたり、温感、冷感や痛み、触感などを感じたりする役目をもっています。

この神経が障害を受けると、それらの刺激を過敏に感じたり、逆に感じにくくなったりします。

また、外的な刺激がないのに痛みや冷え、ほてり、しびれなどを感じることもあります。その強弱はいろいろです。

足裏に薄紙を貼ったような感じを持つ人や、寝ているときにこむら返りを起こす人などよくあるケースです。

末梢神経障害で特に注意が必要なのは、痛みの感覚がなくなることです。足などの壊疽につながる恐れがあるためです。


自律神経障害 自律神経は、消化器や心臓、排尿など、意志に関係なく、自律的に働く組織の活動を支配している神経です。

したがって、この神経系に障害が生じると、自律的に働く組織が総体的に機能低下を起こすおそれがあります。

がんこな便秘、下痢、心拍の異常、立ちくらみ、排尿障害、勃起不全などが典型的な例になります。

自律神経障害は、末梢神経障害に比べて、おきていることを自覚しにくいため、注意が必要になりmす。

運動神経障害 障害を受けるのは、筋肉を動かすようにという脳の中枢からの指令を末梢に伝える運動神経も、例外ではありません。

ただ、末梢神経障害や自律神経障害に比べると、発症例はあまり多くありません。

運動神経が障害を受けると、調和のとれた筋肉運動が阻害されるばかりでなく、やがて筋力低下、筋肉萎縮という事態を招きます。

顔の筋肉や眼球を動かす筋肉の麻痺が生じると、顔がゆがんだり、寄り目になったりすることもあります。

糖尿病神経障害の症状の多くは、本人に感じ取れるものですが、なかには無自覚性のものもあります。

そのために、医師は、患者さんからの訴えによるだけでなく、必要に応じて神経障害が起きていないかどうかの検査をして、発症の有無を判断します。


糖尿病性網膜症は、糖尿病にかかっている人の社会復帰を妨げてしまう多いな原因となっています。糖尿病で、糖の代謝トラブルを持っている人は、十分に管理をされながら、しかも眼底出血を繰り返しながら、失明へとすすんで糖尿病性網膜症は、なかなか治癒されないことはしばしば経験されます。

「糖尿病性網膜症 網膜には栄養を補給する多くの血管が広がっています。血糖値の高い状態が長く続くと、血管がもろくなったり、一部が膨らみ瘤をつくり出血します。小さな血管が血栓でつまったり、つまって血流が途絶えた部位に血流を補充するために新しい血管ができてきたりします。この新生血管は、急ごしらえのため非常に脆く、ちょっとしたことで出血を起こす原因になり、これらが進行していくと、失明に繋がってきます。」

糖尿病性網膜症では、下垂体前葉の働きを手術やその他で低下させる方法以外にはないといわれていますが、この下垂体前葉の働きを悪くするための方法は、必ずしも安全な方法とは言えず、すべての病例に必ず有効であるというものではないと考えられています。

糖尿病性網膜症に対しては、最も大切なことは予防といえます。予防は当然、糖尿病をなるべく早期に発見して発病間もないときから常にコントロールを良好に保つことにつきます。

糖尿病ということに気づかず、長い間放っておいて糖尿病性網膜症が進展し、そのために眼底出血が起こり、はじめて糖尿病の治療に取り掛かったような場合には、一般には網膜症や視力に対する予後はあまりよくないようです。

ただ、遅くなったからといっても、糖尿病の治療によって、かなり回復をすることはあるので、発見が遅れたといって糖尿病の治療そのものをあきらめる必要はありません。

また、あまりに急激に糖尿病の代謝異常の是正をはかったり、それによって低血糖を起こしてしまったりすると、かえって進展を早めることがあります。要はあせらず、ゆっくりと、本格的に治療をすすめる必要があります。


糖尿病では1型と2型がありますが、通常、糖尿病というと2型糖尿病のことをいいます。初期のころは自覚症状がほとんどありませんが、血糖値が高いまま放置すると、全身の血管や神経が犯されてしまい、いろいろな合併症を引き起こします。糖尿病で怖いのはその病気そのものよりも合併症です。

糖尿病の原因には遺伝と高カロリー、高脂肪食、運動不足などにより引き起こされるインスリンの作用不足が考えられます。インスリンは、すい臓のランゲルハンス島のβ細胞で作られるホルモンで、血糖値を下げる働きがあります。糖尿病では「インスリンの作用不足」を改善し、血糖値を上手にコントロールすることが大切です。そうすることで、病気の進行を防ぎ、合併症を防ぐことができます。

一〇〇〇一〇〇〇
 
糖尿病の治療に携わる医師の半数が、生活習慣が原因の2型糖尿病の子供がこの1年で増えていると感じていることが医薬品輸入販売会社ノボノルディスクファーマの調査でわかりました。

この一年間で増加、増えている14.4パーセント、やや増えている33.9パーセント

子供たちの食生活、ファーストフードコンビニなど偏った食生活が増えている85.7パーセント

好き嫌いがある子が増えている71.8パーセント 野菜嫌いの子が増えている67.8パーセント

原因、子供に何でも好きなものを与えるなど、親の責任が大きい81.3パーセント

子供の健康への懸念、運動不足、睡眠不足、不規則な食生活の子供が増えている、夜更かし朝食をとらない子供が増えている、ファーストフードなど、脂分の多い食事に慣れ親しんだ子供が大人になり、肥満がすすむとしたら、50年先にはどうなってしまうのか心配、小児期から生活習慣病の芽が見られることが増え、若年発症の動脈硬化性疾患が増加しているなどなど

多くの医師が子供の健康、生活、健康管理、将来などに危機感を抱いていることがわかりました。



小児糖尿病とは

小児糖尿病は、その名のとおり、小児期にかかる糖尿病のことをいいます。糖尿病のは四つに分類されていますが小児糖尿病にはこの4つの病型の糖尿病がすべてあります。現在では小児糖尿病表現せず、1型糖尿病または、2型糖尿病といいます。
 
10歳未満で発症する糖尿病は1型糖尿病がほとんどで、10代になると1型糖尿病は増加しますが、2型糖尿病も増えてきます。20歳以降になると、2型糖尿病がほとんどになります。
 
以前は、小児糖尿病は、1型糖尿病と同じとかんがえられていましたが、10代の子どもでも以前から2型糖尿病患者がいました。ここ数年では肥満小児の増加とともに肥満の2型糖尿病患者の増加が目立ちます。日本では大人の2型糖尿病の増加とともに、子どもの2型糖尿病も増えたと考えられています。


1型糖尿病の症状のあらわれ方は急です。肥満でない子どもが急激に痩せる、水をよく飲む、トイレが近くなった、夜尿が増えた、などの症状が多くみられます。2型糖尿病は、成人と同じく無症状であるため、学校検尿が毎年1回実施されています。

肥満児が急激にやせてきて、2型糖尿病と診断されるケースもあり、この典型例が一般にペットボトル症候群といわれているもので、清涼飲料水ケトーシスとも呼ばれます。一度に大量の単糖類がとられた時、体内での糖代謝がうまくいかなくなり、1型糖尿病のように急激なケトアシドーシスで発症してくるタイプです。



小児糖尿病について 教えてgoo ヤフー知恵袋より

小児糖尿病について
・・・I型糖尿病(小児糖尿病)のことについて伺いたいのですが、どれくらいの年齢から発症する…というラインなどはあるのでしょうか?主人が糖尿病なのですが、1才半の娘のことについて心配しているようです。風...(続きを読む)

小児糖尿病の補食について
・・・小児糖尿病の子供がいます。小学校に通っているのですが、補食について教えてください。低血糖時の補食として即効性の高いものまたは低いものを具体的に教えてください。また持続性のあるものないものについて...(続きを読む)

小児糖尿病?
・・・んでしたよ」と担任の先生。小児糖尿病を調べてみると、認知度の低さから、治療などには専門の病院を選んだほうがいい。などとあります。現在息子はとても元気で、疲れやすいことも無く、糖尿病に当てはまるよ...(続きを読む)

小児糖尿病で低血糖になったら
・・・現在小児糖尿病で入院しています。低血糖になったらという指導で砂糖かあめ、ジュースなどを飲むようにいわれましたが、ラムネ(お菓子)ではだめでしょうか?ラムネの原材料を見るとブドウ糖とその他何かまざ...(続きを読む)

小児糖尿病について
・・・8歳の娘が一型糖尿病になり、一日4回、インシュリンの自己注射をうっています。一生直らない病気といわれて、とてもやりきれない気持ちです。誰か、完治したような例をご存知でしたら、教えて下さい。お願い...(続きを読む)



2型糖尿病は最も問題

2型糖尿病は生活習慣病の中で最も問題のある症状で、生活改善が最も必要とされるのが、2型糖尿病です。日本人の糖尿病の95パーセントを占める2型糖尿病は、30年ほど前はほとんどいなかったそうですが今は、成人の5人に一人が糖尿病やその予備軍です。増加をしているのは、今の日本人の多くが糖尿病になりやすいライフスタイルになっているからです。

糖尿病が怖いのは、三大合併症を始めとして、さまざまな合併症を起こしてしまうことです。特に糖尿病では、初期でも死の四重奏といわれる、肥満、高血圧、高脂血症を合併している人たちが非常に多くそうなってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞などをひきおこすとリスクが非常に高まっていきます。

2型糖尿病の発症は、なりやすい素因の上に、食事や運動不足が原因で、インスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなったりして、筋肉細胞や脂肪組織が、エネルギー源となるブドウ糖をスムーズに取込めなくなり、血糖値が上がるわけですが、初期には多くの場合、インスリンが分泌していても効きが悪く、それを補うためにインスリンが過剰に分泌され、血中のインスリン濃度は高くなる傾向があります。そうなってくるといろいろな弊害が起きてきます。

細胞レベルでは、ブドウ糖を燃焼することで、ATPというエネルギー物質をうみだしているわけですから、その供給が悪くなるというのは身体にとってはかなりストレスになります。



糖尿病の二つのタイプ

糖尿病は、大きく分けると、次の二つのタイプに分類されています。IDDM、儀燭療尿病と N-IDDMという況燭療尿病があります。儀燭論菘契のもので、況燭聾綸契のもの、生活習慣やライフスタイルの誤りからおきるもので、糖尿病のほとんどは況薪尿病です。

「IDDMはインスリン依存型  N-IDDMは、非インスリン依存型という意味です。」

1型糖尿病 
膵臓のインスリンを作り出す細胞(β細胞)が破壊されてしまい、インスリン分泌がほぼゼロになってしまうタイプです。自己免疫疾患(本来は体外からからだに侵入しようとする病原菌などを無力化するための免疫機能が、自分のからだに対して作用してしまう病気)や、ウイルス感染などにより、突発的に発病することがほとんどです。小児や若年層に多く発病しますが、成人になってから徐々にβ細胞が破壊されてくることもあります。

況薪尿病
インスリン分泌が低下はしているもののゼロではなく、いくらかは分泌されているタイプです。インスリン抵抗性によって、作用が不足しているケースもあります。日本では圧倒的に2型糖尿病が多く、生活習慣病と呼ばれる糖尿病はこのタイプの糖尿病です。


況燭療尿病ならば初期の段階では十分にインスリンがでている糖尿病です。ですからインスリン誘発したり、体外から注入をする前に、なぜインスリンが十分でていても働かなくなったのかを考えることが重要です。