ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

神経痛

坐骨神経痛の症状

一般に腰部から下肢、ことに足の裏側にかけて走る痛みを坐骨神経痛と呼んでいます。坐骨神経は、ひとりでに痛むということはまれですから、その原因を考えます。

坐骨神経痛の痛みの起こり方は、何か重いものを中腰の姿勢で上げようとしたらピリリッと走る痛みで、そこに座り込んでしまってたてなくなってしまったようなぎっくり腰、長時間電車に揺られてきたら、下りるとき足がしびれて痛いとか、ゴルフのショットのときギクッときて以来とかさまざまです。

坐骨神経痛の痛みの激しいときは、ひや汗をかいてうずくまってしまうというほどのものから、いやな感じで、重だるいという痛みまで多彩ですが、痛みの走り方も一概にいえず、ひざの後面、ふくらはぎの外側とかいろいろあります。

ぎっくり腰のようなものは、安静や温浴によって一週間ぐらいで、一皮ずつはがすように軽快しますが、ヘルニアなどになるとつかれる、さかれる、ひきちぎられるような痛みが、しばしばおこり、歩けないという急激なもので、ひや汗をかいて、特定の姿勢で寝ている以外、手のない人もいます。安静しているだけで痛みのおさまる人もいます。



坐骨神経痛について

教えてgoo ヤフー知恵袋より

坐骨神経痛について質問します。40代の女性です。一年になりますが、いろいろ治療...
坐骨神経痛について質問します。40代の女性です。一年になりますが、いろいろ治療しましたが治りません。どなたか、治し方や私のような人で治った方を知っている人がいましたらぜひ教えてください困っています。(続きを読む)

坐骨神経痛について
・・・義父の知人が「坐骨神経痛で辛い。病院でシップをもらった。」と言っていました。適当に相槌を打ってしまったのですが、坐骨神経痛って何ですか?それと、シップで治まるのですか?....(続きを読む)

坐骨神経痛の治し方を
・・・。1年前に坐骨神経痛になりました。だいぶよくなりましたが、今も歩くと左足ににぶい痛みがともないます。私は山が好きで登山をよくするのですが、すこし険しい山になると、坐骨神経痛の後遺症の痛み....(続きを読む)

坐骨神経痛の手術について
・・・。また、椎間板ヘルニアが悪化したのが坐骨神経痛だとネットで見ました。ヘルニアの手術でも難しく下手をすると歩けなくなることもあると聞いた事がありますが、坐骨神経痛の手術の危険性などはどうなのでしょ...(続きを読む)

坐骨神経痛
・・・痛???仕事は事務をしており、1日中パソコンと向き合ってます。が、お尻がだんだんだるくなり長時間座っている事が出来なくなります。最近では、足のつま先までにも痺れ?みたいなのが感じつらいです。坐骨...(続きを読む)

坐骨神経痛の先生
・・・母が坐骨神経痛を患っていますここ一ヶ月足がしびれていたようなのですがどうやら動けなくなってしまったようなのです。坐骨神経痛治療で有名な医院、先生をご存知の方いませんか?埼玉県(JR高崎線近辺、東...(続きを読む)

坐骨神経痛
・・・ぎっくり腰から、尾を引いて坐骨神経痛と三ヶ月程付き合っていますが、適切な治療法はあるのでしょうか?もし、あればアドバイス願いたく、よろしく。....(続きを読む)

坐骨神経痛なんですが…
・・・こんにちは。坐骨神経痛について教えてください。病院で「普通は1個の椎間(?)から1本の神経しか出てないけど、あなたの場合は2本が一緒に入っていたから圧迫しあって痛みが出る」といわれました。「10...(続きを読む)

坐骨神経痛?
・・・はじめたのですが、普段あまり運動していないせいか、おしりの割れ目の上の辺りが座るとずきずき痛むようになってしまいました。立ち上がる時もずきんとします。これって坐骨神経痛?でしょうか?痛みを緩和す...(続きを読む)

坐骨神経痛と卵巣脳腫
・・・ってると言われたまま、そのままにしていたのですが、そろそろ病院行かなきゃとおもってる状態です現在、坐骨神経痛で5月から病院通いをしてて(効果があまりないとも効きましたが骨盤牽引を続けています)、...(続きを読む)



三叉神経痛とは

顔面から前頭部にかけての前側の痛みを、顔面神経痛とか、三叉神経痛という人がいますが、この部分の感覚をつかさどる神経は、三叉神経、顔面神経のの中間枝、舌咽神経、頸神経一部、自律神経の求心技というように、数値の支配を受けています。

ですから、それぞれの神経の分担応じた、痛みの範囲、性質があるわけで、的確に区別しないと十分な鎮痛効果が得られず、転々と医師を変えることになってしまいます。

典型的な三叉神経痛の例として40歳以降の高年者に多く、頻度も下あご、上あご、前頭部の順になり、割合、右側のほうが左側よりも多いです。しかも下あごと上あごの両方にくるのも少なくありません。しかしおもなほうの痛みをとると双方なおってしまう場合、一つがなおってあとから別の枝にくるというのもあります。

前頭部にくるのは、1パーセントくらいのくわめて少ない例ですが、これは上あご枝からの放散とか、片頭痛、眼疾患によるものと誤診されやすい傾向があります。



肋間神経痛症状

胸神経の12対の前枝は肋間神経とよばています、肋間神経は、動静脈とならんで各肋骨の下縁に洽って肋骨間の間を走っています。

下半分は肋骨弓を越えて腹壁をななめ下前方へと走ります。


これらの神経は走行中に小枝をだして肋間筋と腹壁のそれぞれの筋肉を支配し、胸腹部の前面と側面の皮膚に分布します。


肋間神経が胸部だけでなく、腹壁の大部分に分布し,その知覚を伝えることは重要です。

へその高さには第10肋間神経が達しています。


この、第1〜12肋間神経の障害が生じたときは、その支配域の皮膚や筋肉の痛みを生じます。


胸椎は、肩の部分から腰の上の方まであり、全部で12個です。

この骨と骨の間には椎間板という軟骨があり、これらの骨と軟骨の隙間部分から神経が出てきます。

この神経は、肋骨と肋骨の間を通って走行しています。


この神経が何かの原因で圧迫を受けたり、感染をしたりすると、この神経にそって痛みや痺れ、皮膚の異常などが出てきます。


これが大まかに肋間神経痛と呼ばれている症状です。


肋間神経痛の症状について

ヤフー知恵袋 教えてgooより

肋間神経痛ってどんな症状なのですか?病院に行かなくてはいけないのでしょうか?
肋間神経痛ってどんな症状なのですか?病院に行かなくてはいけないのでしょうか?(続きを読む) 2005/12/25 15:23:42

頻繁に起こる肋間神経痛
・・・あたりがキリキリと痛くなったり、息をすると同じように痛みが出る時があったのですが周囲に話すを肋間神経痛を言われ、皆よくある症状だとも言われました。しかし、最近頻繁に肋間神経痛と思われる症状が出て...(続きを読む) 2006-11-16 01:57:00

左胸のあたりが
・・・い打ち身が出ているのかというような感じがしだしました。締め付けられる感じはなくなったのですが、最近そんな症状が出て気になっていますが、どういうことが考えられるでしょうか。肋間神経痛とかではないで...(続きを読む) 2006-02-06 20:57:00

肋間神経痛でしょうか?
・・・は仕方ないなと思っていました。でも最近痛みが持続しているので、ちょっと調べていたら『肋間神経痛』という症状をみつけました。この神経痛だったとしたら、私の病気と関係あるのでしょうか?また、このよう...(続きを読む) 2006-04-10 20:50:00

肋間神経痛?
・・・、現にこのような違和感や症状があるので困っています。素人なりに考えるのですが、肋間神経痛かな?と思うのですがいかがでしょうか?また、対策とすればどのようなことをすればよいでしょうか?肋間神経痛だ...(続きを読む) 2003-09-22 08:54:00

肋間神経痛について
・・・は21歳の女ですが、15歳くらいから軽い肋間神経痛を持っており、断続的に左胸が刺すように痛むことが年に2〜3日あったのですが、今年になり既に5日程度痛む日があり、先日は断続的でなく、....(続きを読む) 2005-11-02 08:52:00

左胸下付近の痛み
・・・すると肋間神経痛とかありましたが、暖かい時期でも同じ症状は出るのでしょうか?私は、ここ一ヶ月ぐらい前から心臓なのかどうか解らないのですが、その近辺で掴まれた感じや、差し込むような感じが毎日のよう...(続きを読む) 2001-06-20 16:56:00

肋間神経痛
・・・不明の胃痛で悩んでまして、何度も医者も変えましたが、最近行ってる医者が肋間神経痛かもしれないって言うんです。肋間神経痛の症状を調べたら自分とはぜんぜん違うと思うんですが、肋間神経痛で胃が痛かった...(続きを読む) 2006-10-15 12:57:00

朝だけの肋間神経痛・・?
・・・治ってしまうのですが、気になって調べてみたらどうも肋間神経痛の症状に似ているようです。日中に特に問題はなく、押しても痛みはありません。(朝いちの時は触れると痛みます)軽い場合の原因は、骨格の歪み...(続きを読む) 2004-03-01 16:59:00





三叉神経痛とは

三叉神経痛は、顔の感覚を司っている、三叉神経に異常が生じて、顔に激しい痛みが繰り返し起こる病気です。

三叉神経痛の痛みは、顔を突き刺すとか電気が走るなどと表現されるほど強いものです。


三叉神経痛の特徴

症状は顔の片側におこります。

多くの場合は、痛みは、発作的に突然おこります。


痛みの発作が突然おこる

強い痛みは、発作的に突然おこり、短時間でおさまります。


わずかな刺激で起こる

三叉神経痛の痛みは、顔へのわずかな刺激でもおこります。

洗顔、髭剃り、歯磨き、化粧、食事、会話など

顔に手やものがふれたり、口を動かすときのわずかな刺激でおこります。



三叉神経は、知覚神経の一つで脳の奥の脳幹から左右に一本ずつ出て、それぞれ顔の左右に伸びています。

各神経は、3本にわかれるところから、三叉神経と名づけられていて、3本に分かれた神経は、額、頬、あごへと伸びていき、痛みとか、熱さとか、冷たさなどを感じて、それを脳へと伝えています。


三叉神経痛の主な原因は、三叉神経が3本に分かれる手前の部分が血管に圧迫されていることだと考えられています。


神経は絶えず圧迫されていると、情報が正常に、伝わらなくなり、わずかな刺激が痛みとして伝わるようになります。


血管が神経を圧迫する原因の一つに動脈硬化があります。

三叉神経痛は、比較的高齢の人によく見られますが、高齢の人は動脈硬化のために、血管が蛇行したり、硬くなって、神経を圧迫するといわれます。

若い人でも生まれつき神経と血管の位置が近いために起こることがあります。


人間の身体って本当に繊細ですね。



肋間神経痛とは

胸神経の12対の前枝は肋間神経とよばています、肋間神経は、動静脈とならんで各肋骨の下縁に洽って肋骨間の間を走っています。

下半分は肋骨弓を越えて腹壁をななめ下前方へと走ります。


これらの神経は走行中に小枝をだして肋間筋と腹壁のそれぞれの筋肉を支配し、胸腹部の前面と側面の皮膚に分布します。


肋間神経が胸部だけでなく、腹壁の大部分に分布し,その知覚を伝えることは重要です。

へその高さには第10肋間神経が達しています。


この、第1〜12肋間神経の障害が生じたときは、その支配域の皮膚や筋肉の痛みを生じます。


胸椎は、肩の部分から腰の上の方まであり、全部で12個です。

この骨と骨の間には椎間板という軟骨があり、これらの骨と軟骨の隙間部分から神経が出てきます。

この神経は、肋骨と肋骨の間を通って走行しています。


この神経が何かの原因で圧迫を受けたり、感染をしたりすると、この神経にそって痛みや痺れ、皮膚の異常などが出てきます。


これが大まかに肋間神経痛と呼ばれている症状です。


そして、肋間神経痛の原因は多岐にわたります。


神経痛とは、老化が進行して筋肉の硬直や風邪、外傷など、何らかの原因で末梢神経が刺激されて起こる痛みのことを総称していいます。

痛む部位は、抹消神経の支配する領域に限られ、鋭く激しい痛みに突然襲われます。それほど持続しませんが、繰り返し痛むのが特徴です。


主な神経痛には〇伊神経痛∀彰嵜牲伉豊座骨神経通の三つがあります。


三又神経痛

 三又神経とは、こめかみから目、あご、頬に枝分かれした三本の神経をいいますが、この神経が支配する領域に起こる痛みを三又神経痛といいます。
三又神経痛は、腫瘍などが原因で起こる事もありますが、多くは、脳に流れる血管がこめかみで神経に触れたり、神経を圧迫して起こります。


肋間神経痛

 肋間神経とは、背中から出て胸腹部に分布している左右一二対の神経をいい、肋骨に沿って激しい痛みが起こります。
肋間神経痛は、変形性脊椎症など脊椎の病気による事が多いものの、心臓や、呼吸器の病気が原因になる事もあります。


座骨神経痛

 座骨神経とは、腰から足の末端まで縦に伸びている最長の末梢神経をいい、これが支配する領域に及ぶ痛みが座骨神経痛です。
原因は椎間板ヘルニアなどで、ずれた腰椎が神経に触れて起きる事が多く、糖尿病などの代謝性疾患、風邪、外傷などが引き金で起こる事もあります。




神経痛は季節の変わり目、気圧の変化があるときなどその痛みは耐え難いものがあります。

神経痛の中でもその痛みの度合いが大きいのが肋間神経痛です。


肋間神経痛は病名では無く、肋間神経に痛みが起こる症状の名前になります。

肋間神経痛症状としては肋骨に沿って走る神経そのものを痛めて起こる場合もあれば、脊椎を痛めた結果起こる場合もあります。



肋間神経痛は、帯状疱疹の後遺症や糖尿病の合併症、アルコール中毒、脊髄の疾患などにともなっても起こります。


その症状には慢性的に痛む場合もあり、咳やくしゃみなど横隔膜の急な動きによって激痛が走る場合もあるということです。



他の神経痛もそうですが、痛みに対抗しようとして自律神経の交感神経が緊張すると、血管が収縮をして血液の流れが悪くなり、全身の神経細胞に酸素や栄養が届かず老廃物も蓄積しやすくなります。



これが新しい痛みの原因となって、痛みが痛みを呼ぶという悪循環に陥ってしまいます。



肋間神経痛の治療は主に3カ所です。


1 神経の治療
2 筋肉の治療
3 肝臓の治療



神経痛も根本から改善使用とする場合、食事、栄養療法を視野にいれて、神経系の健康を保っていく視点を持つことが大切です。


それと身体を十分に暖めることを意識しましょう。