ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

動脈硬化

動脈硬化活性酸素が深くかかわっている

動脈硬化は血管の病気で全身病です。動脈硬化は心疾患や脳疾患を引き起こしてしまう元凶です。その原因には活性酸素が深くかかわっています。

日本人の死亡原因のトップはがんです。そして第二位が心臓病で、第三位が脳卒中になっていますが、心臓病も脳卒中も動脈硬化がその主な原因になっているので、実質的な第一位は動脈硬化からおこる血栓症ということになります。

動脈硬化は全身的な血流障害ですが、心臓では心筋梗塞や狭心症を、脳では脳梗塞や脳出血などをひきおこす原因になります。

そして、最近になって、この心疾患や脳疾患の元凶である動脈硬化に活性酸素が深くかかわってきています。

動脈硬化というのは血管の壁が肥厚して硬くなり、動脈の内腔を狭くすることをいいます。このプロセスで、コレステロールが深くかかわっています。

コレステロールは脂肪なので、そのままでは血液中に溶けませんので、リポタンパクの形で血液中に存在をしています。

リポタンパクのうち、LDLが動脈硬化おこしHDLが動脈硬化を防ぐことはわかっています。一般の人にはLDLは悪玉コレステロールとして、またHDLは善玉コレステロールとして知られています。

最近の研究で、本当に恐ろしいのはこの悪玉コレステロールではなく、活性酸素により生じた変性LDLが本当の悪玉だったということが判明しました。

つまり、活性酸素がLDLを酸化して性質のことなる変性LDLに変えてしまったということです。そしてこの変性LDLが問題になります。

活性酸素が真の悪玉 生活習慣病を引き起こすとされる動脈硬化の犯人として、悪玉コレステロールが有名ですが、実は活性酸素が真の犯人といわれています。

動脈硬化は、文字通り動脈の壁が硬くなることです。血管の壁が厚くなり、血管そのものの弾力性がなくなって血管の内腔が狭くなって、血管がもろくなります。

動脈硬化には、硬化がおこる場所によって次の三つのタイプがあります。

粥状硬化 これは胸部大動脈や冠動脈などの大型、中型の動脈におこり、血管にこぶをつくります。

このタイプの硬化をアテローム硬化といいます。心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす動脈硬化はこのタイプになります。

中膜硬化 中型、小型の動脈に硬化がおこり、動脈の石灰化が起こります。このタイプでは、動脈の内腔が狭くなることは少ないようです。

細動脈硬化・小動脈硬化 脳や腎臓の中型、小型の動脈や細動脈におこり、高血圧との関係が深い動脈硬化になります。

本来、血液中のLDLは、LDL受容体により細胞内の取り込まれ、細胞を構成する成分となったり、エネルギーとして使われます。

ところが、血液中にLDLが増えてくると、LDL受容体がそれを細胞内に収容しきれなくなります。

そうすると、余分なLDLは血管のいちばん内側の内皮細胞の隙間から内膜に入り込みます。このLDLが活性酸素によって酸化され、変性LDLになります。

変性LDLになると、各組織の細胞で構成成分になったり、エネルギーに変換されることできなくなります。

そして、生体にとって異物となったこの変性LDLを、マクロファージが自分自身のなかにどんどん取り込んでいきます。

これを処理できれば問題はありませんが、この取り込みには制限がないので、変性LDLは、どんどんたまっていきます。

そうすると、マクロファージ自身が変性化して、脂肪でギラギラして膨れ上がった泡沫細胞となります。

そして、パンパンにはれあがって、血管の内膜を持ち上げます。こうして泡沫細胞は増え続け、やがてパンクしてしまいます。そうすると内臓との間はコレステロールや泡沫細胞の死骸でドロドロとなります。

こうした状態になってくると、心筋梗塞や脳卒中のもととなるアテローム動脈硬化といわれる動脈硬化です。

大型の動脈が粥状硬化となるだけでなく、中型や小型の動脈、また細かい動脈でも硬化は発症します。

これらの動脈硬化は、糖尿病などの生活習慣病と密接に関連しています。つまり、糖尿病、腎臓病、脳梗塞などの根底には、動脈硬化、高血圧、高脂血症などの病態が潜んでいます。



動脈硬化コレステロール

高脂血症にはいろいろな種類がありますが、特に動脈硬化と密接な関係のあるのは、コレステロールが増えている場合、中性脂肪が増えている場合、またこの両方が増えているばあいです。

心筋梗塞にかかった人の87パーセント、脳梗塞にかかった人の80パーセント、脳出血の70パーセントは高脂血症を認めています。血液中の脂肪の量が増えている高脂血症と動脈硬化からおこる病気とは、大変密接な関係にあります。

高脂血症には、家族性、遺伝性の場合とそうでない場合があります。家族性の高脂血症では、とくに若い人で心筋梗塞のような心臓病の発生が多いことがアメリカで認められています。

家族性ではない、続発性高脂血症は、いろいろの病気のさいにみられます。例えば、甲状腺機能低下症、更年期障害、糖尿病などのホルモンの異常が原因の場合や、肝臓の病気、腎臓の病気、肥満症などにもみられます。そしてこれらの病気のすべてではないにしてもほかの病気の場合に比べて動脈硬化の発生の頻度が高くなっています。

血液中の脂肪のうち、ことにコレステロール、中性脂肪の増加している状態では、そうでない状態と比べて、動脈硬化から起こる病気が著しく増えていることがわかります。



閉塞性動脈硬化症とは

動脈の血流が阻害される病気として、閉塞性動脈硬化症があります。


これは動脈壁のにコレステロールなどが沈着して血液の通り道が狭くなってしまう病気で、糖尿病の合併症などでもおこりやすいことが知られています。



閉塞性動脈硬化症の特徴的な症状に、ある程度の距離を歩くと足が痛んで歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになる、間欠性はこうがあります。

これは、血流が少なくなっているところに運動すると、血液が余計に必要になって酸素不足をおこし、痛みとして警告することになります。


運動するとエネルギーが必要になる分、酸素が不足して痛みを起こすというのは狭心症や心筋梗塞などと同じような症状です。



閉塞性動脈硬化症について

教えてgoo ヤフー知恵袋より

歩行障害
歩行障害2年程経過していますが、足をひきずりながらの歩行です。症状は、右足首周辺にシビレあり。他人から見ると歩き方がロボットのような感じだろう。これまでに、整形外科にて歩行障害といわれリハビリや整体に...(続きを読む) 2007/03/03 3:25:09

母が閉塞性動脈硬化症により、脚の痛みを訴えて4月19日から入院中です。今日、医師...
母が閉塞性動脈硬化症により、脚の痛みを訴えて4月19日から入院中です。今日、医師から「右足(脚)の第一指と左足(脚)の第二指を関節から切断する」という旨の説明がありました。この病気について詳しい方、そ...(続きを読む) 2006/05/09 17:24:34

ASO(閉塞性動脈硬化症)の手術時間はどれくらいですか?
ASO(閉塞性動脈硬化症)の手術時間はどれくらいですか?(続きを読む) 2006/07/19 0:40:25

閉塞性動脈硬化の症状について
・・・閉塞性動脈硬化と診断されたんですが、両足同時に症状が出る場合もあるんですか?今現在、両足に歩行困難があり、しゃがむ動作が出来ません。....(続きを読む) 2007-06-11 22:21:00

足のふくらはぎが・・・。
・・・主人のことなのですが・・・。足のふくらはぎが、痺れて痛く感じるそうです。(ふくらはぎから足のつま先まで)この症状が、2週間近く続いています。左足だけだそうです。それ以外には、別に変わったことはな...(続きを読む) 2001-12-26 01:42:00





動脈硬化の予防の鍵

ホモシステイン動脈硬化の関係から、予防の鍵はビタミンのB6、B12、葉酸


血中での濃度が増加したホモシステインは、酸素や水と反応し、活性酸素が発生します。

これで酸化される過程がすすみ、その過程でさらにフリーラジカルが沢山生まれてしまい、そうなると、これが血管内皮を障害し、血管拡張物質の働きを抑えるので、血管の柔軟性を奪い血管を固くさせます。


肝臓でホモシステインがつくられる量がうまくコントロールできるかどうか、そしてそれが生まれたあとの血中での活性酸素対策がうまくいくかどうかが、ホモシステインによる被害が広がるかどうかの分かれ道になります。


肝臓にビタミンB6と共に葉酸やビタミンB12が十分にあることがホモシステインの産出量をコントロールすることに役立ちます。


こうしたビタミンを、毎回の食事で十分にとりつづけることが、血中ホモシステイン値の低下につながり、心筋梗塞など虚血性疾患の予防に有効であることがされるのは当然です。



米国女性を対象にして調査によると

葉酸、一日、158マイクログラムの摂取者に比べて、1日696マイクログラムの摂取者は虚血性心疾患のリスクが31パーセント低下。

ビタミンB6 1.1ミリグラムの摂取者に比べ、4.6ミリグラム摂取者では虚血性心疾患のリスクは33パーセント低下

という結果になったそうです。


葉酸、ビタミンB6の十分な摂取によって、動脈硬化を予防できる可能性が示されたことになります。


動脈硬化ホモシステイン

動脈硬化をおこす危険因子として、ホモシステインという肝臓などでつくられてしまうアミノ酸分子が最近、新に注目を浴びるようになりました。


人体の構成に必要なたんぱく質は、主として肝臓で、食べ物由来の種々アミノ酸を材料として生合成されますが、ひとのたんぱく質を構成する重要なアミノ酸であり、イオウをもったメチオニンというアミノ酸の肝臓内で代謝中に、このホモシステインは生成されます。


ホモシステインは葉酸やビタミンB12働きで、体内で、再びメチオニンに戻ったり、ビタミンB6の働きでシステインとう類似のアミノ酸変換されたりして、処理されます。


従来、動脈硬化の危険因子としては、高コレステロール、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満などが指摘され、新聞、テレビなどをはじめとするマスコミでも繰り返し指摘され、大抵の人がこのことを常識レベルで知るようになってきました。


しかし最近になって、実は心筋梗塞の発作をおこした人の2割程度にしか、高コレステロール血症みられないことがわかり、コレステロールは動脈硬化の真の犯人とはいえないのでないか、それ以外に怪しい犯人がいるのではないかと真犯人さがしがおこなわれていました。


そして最近になって、その真犯人と目されて、にわかに注目をあびるようになってきたのが血中ホモシステインです。


この血中ホモシステインのれべるが高いと、糖尿病、アルツハイマー、リウマチ、などさまざまな病気に関連することもわかってきました。

海外の研究では、血中ホモシステイン値が高いと循環器疾患になる危険性は22倍、別の研究では死亡率が9倍も高くなるという報告があります。



動脈硬化は病気の元?

人は血管ととともに老いるとは医学界では有名な言葉です。

全身に酸素や栄養を、他の必要な物質を送り届ける血管がだめになったのでは、どんな臓器も元気でいられないわけです。

この血管が硬くなって内腔が詰まっているのが動脈硬化といわれる状態で、多くの病気の元になります。


血管の壁は何層もの細胞でできています。

血液が流れて、内側の血管内皮細胞が傷つくと、そこにコレステロールが付着します。

コレステロールは血管の壁をつくる材料なので細胞の中に取込まれていきますが、血液中にあまりにも多くなると、血管の内側に溜まっていきます。

コレステロールは脂質なので変質して今度は細胞の間からしみこんでいきます。


例えばサラダ油をしみこませた紙があるとします。

一ヶ月ぐらいたつと臭くなり、紙はコチコチにかたくなリます。


長年月の間に血管も同じように硬くなるので動脈硬化と呼ばれます。


動脈硬化のリスクファクターとしては、高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病、喫煙、ストレス、運動不足が上げられます。



動脈硬化について

教えてgoo ヤフー知恵袋より

動脈硬化症の成り方について
・・・私の漠然とした動脈硬化症は血管の壁がコレステロールがたまり、血栓が作られる状況だと理解しているのですが‥間違った知識でしょうか‥。あと動脈硬化症が引き起こす病気は高血圧症や脳卒中だけなのでしょう...(続きを読む) 2005-05-16 21:34:00

動脈硬化と活性酸素
・・・活性酸素が動脈硬化を促すということを聞きました。しかしその活性酸素という気体がどんなことをして動脈硬化を促すのでしょうか。また、運動も活性酸素を増やすと聞きましたし、その反対に動脈硬化は運動療法...(続きを読む) 2001-02-16 20:13:00

動脈硬化(CAVI)どうすればいいの!
・・・先日動脈硬化の検査をしてきました。心電図つけました!そうしたらCAVIが右7.5左8.0でした。年齢+10〜13位でした。動脈硬化を動脈軟化できないのですか?このままでは・・・と考えると心配です...(続きを読む) 2005-11-20 21:58:00

動脈硬化を改善する方法ありますか?
・・・るので宜しくお願いします。1.動脈硬化を「予防する」食事はよく見かけますが、高くなってしまったbaPWV値を「下げる」ことはできないのでしょうか。2.動脈硬化の説明に「コレステロール、カルシウム...(続きを読む) 2002-08-25 00:52:00

動脈硬化の実際
・・・動脈硬化について説明するとき、TVなどでは、コレステロールなどが血管壁に沈着して、血液の流れが悪くなり、その結果、血管が破れて脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす。といったことを聞くのですが、ちょっ...(続きを読む) 2001-07-04 19:14:00

肺に写った 線状影 大動脈硬化 てどんな病気?
・・・肺に写った、線状影 大動脈硬化 てどんな病気になりますか?....(続きを読む) 2006-07-22 07:07:00

動脈硬化の測定について教えてください
・・・薬を呑んだら良いか、このままでも良いか、判断に悩んでおり、どうするか自分で決めなさい、、、と言ってくれてます)動脈硬化の進み具合で判断したいので、どんな検査が良いか悩んでいます動脈硬化の検査方法...(続きを読む) 2003-05-29 10:43:00

動脈硬化と脳出血の予防
・・・珍しいケースです。統計を100%信じるわけでは無いですが・・・主人が昨年受診した人間ドックの結果にも「将来動脈硬化に要注意」とあったので少し心配です。動脈硬化と脳出血ってことは血管の病気ですよね...(続きを読む) 2004-04-05 14:59:00

動脈硬化の末期症状
・・・も血管のつまりなどは見つからなかったそうです。過呼吸だろうと言われたそうです。ただ、大動脈のところが動脈硬化がひどいと言われたそうです。動脈硬化の末期とも言われ、老夫婦二人だけの生活は無理でしょ...(続きを読む) 2007-04-02 08:17:00

動脈硬化
・・・動脈硬化の症状の一つに、足の指やかかとの痛みはありますか。3週間程まえから、左右のかかとが痛みます。特に左のかかとが痛みます。座っていて立ち上がると痛みます。歩いているうちに痛みはとれてきす。....(続きを読む) 2007-05-26 08:59:00


動脈硬化と生活習慣病

動脈硬化は生活習慣病の第一の原因です。

健康な血管はしなやかで弾力性に富んでいるため、身体のすみずむまで酸素や栄養を行き渡らせることができます。

この血管のうち動脈が弾力性を失って、かたく、もろくなった状態が動脈硬化です。


動脈硬化には、太い動脈に起きる粥状動脈硬化と、細い動脈に起きる細動脈硬化があります。

これが進行すると、血液の通り道がどんどん狭くなり、つまりやすくなってしまいます。


いったん動脈硬化になるともとの健康な血管にもどすことは非常に難しくなります。


ただし静脈のほうは老廃物を運ぶのが役目なので動脈がつまったときのように命にかかわるような病気をひきおこしてしまうことはありませんが、動脈のほうは身体の各細胞に栄養や酸素を運ぶ大切な輸送路なので問題になります。


動脈硬化と食の欧米化は、密接な関係があるので食生活には十分な注意がひつようです。



動脈硬化について

教えてgoo ヤフー知恵袋より

動脈硬化症の成り方について
・・・私の漠然とした動脈硬化症は血管の壁がコレステロールがたまり、血栓が作られる状況だと理解しているのですが‥間違った知識でしょうか‥。あと動脈硬化症が引き起こす病気は高血圧症や脳卒中だけなのでしょう...(続きを読む) 2005-05-16 21:34:00

動脈硬化と活性酸素
・・・活性酸素が動脈硬化を促すということを聞きました。しかしその活性酸素という気体がどんなことをして動脈硬化を促すのでしょうか。また、運動も活性酸素を増やすと聞きましたし、その反対に動脈硬化は運動療法...(続きを読む) 2001-02-16 20:13:00

動脈硬化(CAVI)どうすればいいの!
・・・先日動脈硬化の検査をしてきました。心電図つけました!そうしたらCAVIが右7.5左8.0でした。年齢+10〜13位でした。動脈硬化を動脈軟化できないのですか?このままでは・・・と考えると心配です...(続きを読む) 2005-11-20 21:58:00

動脈硬化を改善する方法ありますか?
・・・るので宜しくお願いします。1.動脈硬化を「予防する」食事はよく見かけますが、高くなってしまったbaPWV値を「下げる」ことはできないのでしょうか。2.動脈硬化の説明に「コレステロール、カルシウム...(続きを読む) 2002-08-25 00:52:00

動脈硬化の実際
・・・動脈硬化について説明するとき、TVなどでは、コレステロールなどが血管壁に沈着して、血液の流れが悪くなり、その結果、血管が破れて脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす。といったことを聞くのですが、ちょっ...(続きを読む) 2001-07-04 19:14:00

肺に写った 線状影 大動脈硬化 てどんな病気?
・・・肺に写った、線状影 大動脈硬化 てどんな病気になりますか?....(続きを読む) 2006-07-22 07:07:00

動脈硬化の測定について教えてください
・・・薬を呑んだら良いか、このままでも良いか、判断に悩んでおり、どうするか自分で決めなさい、、、と言ってくれてます)動脈硬化の進み具合で判断したいので、どんな検査が良いか悩んでいます動脈硬化の検査方法...(続きを読む) 2003-05-29 10:43:00

動脈硬化と脳出血の予防
・・・珍しいケースです。統計を100%信じるわけでは無いですが・・・主人が昨年受診した人間ドックの結果にも「将来動脈硬化に要注意」とあったので少し心配です。動脈硬化と脳出血ってことは血管の病気ですよね...(続きを読む) 2004-04-05 14:59:00

動脈硬化
・・・動脈硬化の症状の一つに、足の指やかかとの痛みはありますか。3週間程まえから、左右のかかとが痛みます。特に左のかかとが痛みます。座っていて立ち上がると痛みます。歩いているうちに痛みはとれてきす。....(続きを読む) 2007-05-26 08:59:00

動脈硬化の末期症状
・・・も血管のつまりなどは見つからなかったそうです。過呼吸だろうと言われたそうです。ただ、大動脈のところが動脈硬化がひどいと言われたそうです。動脈硬化の末期とも言われ、老夫婦二人だけの生活は無理でしょ...(続きを読む) 2007-04-02 08:17:00


動脈硬化予防が第一になります。

よく昔から、老化の第一歩は、血管の衰えから始るといわれていますが、その血管の老化がずばり動脈硬化です。



動脈硬化にはアテローム硬化、細動脈硬化、中膜硬化の三種類があって、中でも問題になるのがアテローム硬化と細動脈硬化です。



アテローム硬化は、大動脈や脳動脈、または心臓に栄養を供給する冠状動脈など太い血管に多発して、血中のコレステロールや中性脂肪などが増えると、

脂肪を含んだリポタンパクが血管壁にしみこんで、それが血管の内膜にまで入り込み、そこにコレステロールなどが付着して内幕がちょうど粥状に腫れた状態になります。



さらにその侵食がすすんでしまうと血管にカルシウムが付着して、繊維質が増大して動脈は厚くなります。

そうすると当然のこと、血管の通路が狭まって、血液のとおりが悪くなってしまいます。



そして今、現代人は食の欧米化で肉食になっているので、血液中に過酸化脂質が増加して、粘度の高いドロっとした液状になっている人が多いということです。

本来はサラサラした血液が血管の中をスムーズに循環していなければならないのが、血管が脂肪分で狭められているところに、ドロドロとした血液で通りにくくなるのは当然ですね。



血液の中にある血小板は、傷などがあると血を固めて止血する働きをしますが、過酸化脂質や活性酸素などの刺激で血管の内膜が傷つけられると、血小板の凝集力が高まって、血小板が血管の内膜に付着して凝固して、コレステロールなどと結合して血栓つくることがあります。



当然、血栓ができると血液の流れがわるくなり、血栓が血管の中でつまるとその先に血液がいかなくなり、これが脳に起これば脳梗塞、心臓に起これば心筋梗塞になります。

そして命の危機を迎えるわけですね。



そのそもそもの始まりが血管の老化である、動脈硬化から始まります。

動脈硬化の最善の治療は予防です。

食生活をベースに生活習慣やライフスタイルの変換が望ましいです。




動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞の土台をつくってしまいます。

そしてその動脈硬化には過酸化脂質が大きく影響します。


食事からとっている脂肪は体内に吸収をされると脂肪酸という単位に分解をされます。

脂肪酸は水素との結合によって2種類に分けられまして、一つは炭素がすべて水素と結合している飽和脂肪酸、もう一つは水素と一部結びついていない不飽和脂肪酸です。


不飽和脂肪酸のうち、リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸は身体に必須の脂肪、そして体内で合成できないことから必須不飽和脂肪酸といいます。


不飽和脂肪酸は酸化されやすく、血管内で活性酸素と結合することで過酸化脂質になると、それから生じた活性酸素と共に血管の内膜を傷つけ、そこへコレステロールや中性脂肪がしみこんでいくので、血管の平滑筋が硬化し、繊維化して古いゴムホースのようになってしまいます。


人間の身体の各組織へ必要な酸素や栄養素を送り届けるのが血液の役割ですが、末端の組織へは髪の毛の10分の1ほどの細い毛細血管を通っていくわけで、そのためにはサラサラした状態でないとうまくいかないですよね。


ところが血液の中に過酸化脂質が増えてしまうと血液はドロドロした状態になって毛細血管を通りにくくなり、腸から吸収した栄養分や新鮮な酸素を末端まで送り込むことが出来ずに途中のバイパスをぬけて静脈へもどってしまいます。


そうなると、末端組織は栄養不良となって、免疫力や抵抗力が弱まってしまいます。


過酸化脂質が増えてドロドロ状態になり、血液が栄養や酸素の運搬と老廃物の回収という重要な役割ができなくなれば、その部分に老化現象が起こるのは当たり前です。


頭の皮膚や歯茎、眼、脳などには毛細血管が多く集まっています。顔の皮膚では肌のつやがなくなりシワが増え、老化色素が沈着してシミができてきます。


歯槽膿漏も同様で、歯茎の色がわるくなるばかりか、バイ菌に対する抵抗力や免疫力が弱まって、傷ついた場合には簡単に化膿をしてしまいます。


動脈硬化の温床になる過酸化脂質や活性酸素は最近ではがんの発生にも影響を及ぼしている言われ、その解明がすすめられています。


過酸化脂質を増やしてしまうような脂の摂りすぎをしている食生活には十分に注意をしたいものです。



動脈硬化は血管の老化です。

昔から老化の第一歩は、血管の衰えから始まると言われています。

この血管の老化がずばり動脈硬化となります。



動脈硬化にはアテローム硬化、細動脈硬化、中膜硬化の三種類があって、中でも問題になるのがアテローム硬化と細動脈硬化です。



アテローム硬化は、大動脈や脳動脈、または心臓に栄養を供給する冠状動脈など太い血管に多発して、血中のコレステロールや中性脂肪などが増えると、

脂肪を含んだリポタンパクが血管壁にしみこんで、それが血管の内膜にまで入り込み、そこにコレステロールなどが付着して内幕がちょうど粥状に腫れた状態になります。



さらにその侵食がすすんでしまうと血管にカルシウムが付着して、繊維質が増大して動脈は厚くなります。

そうすると当然のこと、血管の通路が狭まって、血液のとおりが悪くなってしまいます。



そして今、現代人は食の欧米化で肉食になっているので、血液中に過酸化脂質が増加して、粘度の高いドロっとした液状になっている人が多いということです。

本来はサラサラした血液が血管の中をスムーズに循環していなければならないのが、血管が脂肪分で狭められているところに、ドロドロとした血液で通りにくくなるのは当然ですね。



血液の中にある血小板は、傷などがあると血を固めて止血する働きをしますが、過酸化脂質や活性酸素などの刺激で血管の内膜が傷つけられると、血小板の凝集力が高まって、血小板が血管の内膜に付着して凝固して、コレステロールなどと結合して血栓つくることがあります。



当然、血栓ができると血液の流れがわるくなり、血栓が血管の中でつまるとその先に血液がいかなくなり、これが脳に起これば脳梗塞、心臓に起これば心筋梗塞になります。

そして命の危機を迎えるわけですね。



そのそもそもの始まりが血管の老化である、動脈硬化から始まります。


予防は食の改善から、食の欧米化から足を洗うことが予防の第一歩になります。