ガンに克った!体験者だけが知っいてる真実!資料を無料でお送りしております。

がん


卵巣がん 症状卵巣がんは自覚症状がほとんどでない病気として知られています。そのため、沈黙の病気などと言われていて、気づいたときには、進行がんになっている例が少なくありません。

卵巣は二つあるので、片方にがんが発生しても、もう一方の卵巣がんが正常に機能をしていれば、年齢相応の性機能は保たれるため、症状がでにくいということです。

卵巣がんは、子宮のように不正出血がおこることもありません。


人によっては、不定愁訴が、上・下腹部にあらわれることがあります。ただ、おなかがはるとか、重いといった程度なので、この時点で卵巣がんを疑って婦人科を受診する人はほとんどありません。


卵巣がんが大きくなって、はじめて下腹部にしこりを感じたり、腹部膨満感を覚えるようになります。


卵巣が腫れていることに気づかず、最近太ったとか、スカートのウエストがきくつなったとかいう人がいます。


このことは、卵巣が腫れているためだけでなく、腹腔内にがんが播種した結果、腹膜の機能が低下して、多量の腹水がたまっていることも考えられます。


卵巣がんの病巣が大きくなると、腹部膨満感が強くなったり、仰向けに寝られないほど苦しくなることもあります。


腹部のしこりや、腹部膨満感などの自覚症状が受診のきっかけになることが多いのですが、ここまで進行する前に、定期的に婦人科で検診することが大切になります。


卵巣は、子宮と違って、直接細胞を摂取して検査することができません。子宮体がんの検査を吸引法で行うと、卵巣表面の細胞が摂取される場合がありますが、確実な検査結果は得られません。


最近は、婦人科検診の際に経膣超音波法が用いられれるようになり、これによって一期の卵巣がんを発見することが可能になりました。


一期は基本的には治すことが可能ながんです。技術の高い婦人科医であれば、MRI検査をしなくて経膣超音波のみで、卵巣がんを早期に診断することが可能です。




直腸がん 症状直腸がんでは、便通異常や便をした後に出血がみられますが、症状はいろいろで注意が必要になります。

日本人に増加傾向のある直腸がんは、直腸のどの部位にがんが発症したかによって、あらわれてくる症状が異なります。

直腸膨大部といわれる便がたまっている袋は、肛門管の上から直腸の半分以上を占めています。


その部位にがんが発生してもそのために腸管の便通障害がおこるには、他の大腸がんよりかなりの時間がかかります。


逆にいうと、直腸膨大部では、便通異常が起こりにくく、早期に症状があらわれにくいため、症状としてみられるときには、かなり進行がんになっている場合が大部分になります。


直腸がんが進行するとなかなか便が出てこない、便が細い、肺便後またすぐに行きたくなる、便秘がちになるなどの症状を示す便通異常や排便時の出血がみられるようになります。


時には、下腹部痛や肛門の奥のほうが痛いといった痛みを訴えることもあります。


また、なんの症状もなく、検診で便潜血反応が陽性であることを告げられ、大腸内視鏡検査をスクリーニングとして施工したら、直腸がんを検出したといった場合もみられます。


このように直腸がんの症状は、まちまちなので注意をする必要があります。一方、出血は、比較的多くのがんの症例にみられるので、出血に気づいたら、すぐに専門医に見てもらうのが賢明です。


ただし、痔からの出血の場合も多いので、がんからの出血と区別する必要があります。


重要なのは、痔を患いながら、長く診察を受けずに投薬のみを受けていたり、市販の痔の薬を使用している人が、直腸がんからの出血を痔からの出血と誤認して見過ごしてしまう場合です。


痔の人にはこのような場合が多くみられます。病院を訪れたときには進行がんになっていて、人工肛門を余儀なくされるといった苦汁をなめてしまいます。


出血があったら、自分で勝手に判断をしないで、専門医の診断を受けるようにしましょう。




白血病 症状 治療白血病は、骨髄で製造される免疫細胞の白血球が無制限に増殖し、その結果、若い白血球が非常に多く血液中にでてくる病気です。白血病は血液のがんとも呼ばれています。


白血病発症の原因は不明とされていますが、放射線に長くさらされたあとの発病率が高く、ニワトリとかマウスの白血病ではウイルスが発見されたという報告もあります。


白血病の死亡率は、日本では、10万人に対し3人ぐらいといわれていますが、増加傾向にあります。


白血病は、原爆被爆者のなかから数多く発生しています。そのほか、放射線を取り扱っている技師や、放射腺治療を受けた人の発生率も高くなっています。


白血病は、急激な経過をたどる急性白血病と、ゆるやかに進行していく慢性白血病に分けられています。また増殖をしていく白血病の種類によって骨髄性、単球性、リンパ性に分けられています。


白血病の中では、急性白血病がそのやく3分の2を占めていて、3分の1が慢性白血病です。子供の場合は、ほとんどが急性白血病になります。


白血病の症状 急性白血病は、ある日突然に発病します。その症状としては、発熱、だるさ、皮下、歯根や鼻などからの出血と貧血、関節痛などがあります。はじめのころにでてくる症状が貧血だけということもあるので注意が必要です。


慢性白血病のなかでも慢性骨髄性白血病が大部分になります。いつ発病したのか、わからないことがほとんどです。貧血やだるさがあって、脾臓や肝臓のほかリンパ節のはれる人もいます。


白血病の治療 白血病は、手術による治療は不可能です。最近では、化学療法が進歩して、骨髄中の病的な白血球は減少させることができるようになりました。


特に子供の急性リンパ性白血病は化学療法がよく効果があって、不治の病と考える必要はなくなりました。


ただし、成人の急性骨髄性白血病の治療は困難になります。成人の場合は、抗がん剤を作り出されるのに、2〜3週間必要で、この間に細菌の感染や出血がおこる危険な状態に陥ります。


白血病では、血液の検査によって、白血球細胞が化学療法で、どのような変化を受けるか、追求が可能になってくるので、抗がん剤の効果を臨床的に確かめていくことができます。





食道がん 手術 治療食道がんは、大腸がんや胃がんと比較すると相対的に少ないがんです。ただし、がんが発生するとその進行が特に早いので、早期発見と治療が極めて重要ながんです。


食道がんの多くは、外科での治療が行われていましたが、早期発見ができるようになって、その治療法は大きく変化をしています。


手術を行うことで、食道がんの病巣を取り除いていくことが確実な治療法ですが、食道は、胸腔の最も内側にある組織で、気管や大血管、神経などとも交差をしているので、手術による治療も困難です。


がんの浸潤が粘膜内に停滞し、その周辺のリンパ節まで転移をしていない早期の食道がんに行われる治療では、内視鏡で観察を行って、粘膜切除を行う治療法ができるようになってきました。


また、手術の前に放射線照射での治療を行って、がん細胞を小さくさせる処置を行って、手術をする方法のほか、化学療法、温熱療法を併用する方法などが使用されています。


食道がんの手術をした後に気をつける点は、食道を切除した後、胃を頸部や胸腔内につり上げたり、腸管を移植して食道の代用などをしているので、眠っている間に胃液や腸液が逆流しやすいことがあります。


胃液や腸液の逆流症状の対処法として背をやや高くして傾斜をつけて寝るようにするか、右側にして寝るようにすることで予防をすることができます。


はじめの頃は、流動食で吻合部を慣れさせるようにした後で、少しずつ固形物に戻していきます。禁酒や禁煙に努めることが食道がんの手術をした後には特に大切になります。




骨髄異形成症候群 症状骨髄異形成症候群とは骨髄機能のトラブルによって造血器官に障害を発生させる症候群で、急性骨髄性白血病の前段階ともいわれる症状です。

骨髄にある全ての血液のもととなる細胞である造血幹細胞が異常を起こし、骨髄が正常に血液生成ができなくなり、極めてゆっくりと身体の血液成分全体に異常が起きます。

骨髄異形成症候群は、細胞の中にある遺伝子や、それがのっている染色体のトラブルであるということがわかってきています。


この病気は血液のおおもとの1個の幹細胞がわずかにトラブルを発症し、きわめてゆっくりと身体の血液成分全体に異常が起きてくる状態と考えられます。


骨髄が血液を造るという正常な働きをしなくなり、身体全体に正常な血液細胞を送り出せなくなるためさまざまな身体のトラブルをおこしてきます。


骨髄異形成症候群は、1982年にその病名が与えられたばかりなので聞き慣れない病名ですが、元東京都知事であった青島幸夫氏がこの病気で亡くなられたことで知った方も多いことでしょう。


骨髄の病気など他人事と思われるかも知れませんが、日本では、高齢化社会が進むにに伴って骨髄異形成症候群になる年配者の数が増えている状況です。


その理由として、この骨髄異形成症候群は50才以上の年齢の人、および高齢者に多く発症します。


ただし、骨髄異形成症候群は、高齢者だけの病気ではなく、発症年齢は小さな子供から中年までと、誰にでも起こる可能性があります。


発症すると動悸や息切れ、立ちくらみ、めまい、倦怠感など、貧血に似たような症状が出てきますが、進行が極めて遅いので、はっきりとした自覚症状が出てきません。


その結果、病院に行くのが遅かったり、小さな病院で単なる貧血と片付けられたりして病気を確定するのが遅れてしまいます。


骨髄異形成症候群に特有の症状というものはありませんが、病気の種類と進行度にしたがって、疲れやすい、だるいなどの貧血症状、皮膚に青あざが出るといった出血傾向、原因不明の発熱などの症状が出現します。


身体の中の血液の不足やトラブルにより引き起こされる症状ですが、なかなか診断がつかないために、「白血球減少症」とか「汎血球減少症」などの、暫定的な病名をつけられることもあります。


ただ、骨髄異形成症候群には今のところ決定的な治療法が無く、一度発症すると高齢者ほど助かる確率は無い恐ろしい病気です。


薬物治療や放射線治療を受けた場合などには、二次性の骨髄異形成症候群が起こることもあるので、唯一ともいえる治癒の可能性が最も高い治療法のひとつが骨髄移植となります。


これも年齢が若くて、その人に合う骨髄提供者が見つかればという厳しい前提条件下の話であって、治癒率も決して100%ではありません。


更に骨髄異形成症候群発症者の多い高齢者では、肉体的負担が大きすぎるため骨髄移植はできず、残念ながら成す術のないのが現状です。





白血病 診断 治療白血病は、正常な骨髄にある骨髄芽細胞やリンパ芽細胞が、正常に見られるよりも未分化なものが増えてしまう病気です。血液の多核白血球やリンパ球が減って、これに代わり未熟な細胞が増殖していくものです。

白血病の症状は、はじめは漠然としてものです。顔色がよくないとか、食欲がない、不機嫌になる、腹痛がある、疲れやすい、微熱があるといった程度です。

次第に首のリンパ節が腫れてきたり、歯茎から出血をする、鼻血がでる、皮下出血を起こす、脾臓が腫れるといった症状があらわれてきます。


進行して、白血病の細胞が中枢神経にまで運ばれ、脳、脊髄のほか肺、消化器などに出血がおこると命の危険がでてきます。


白血病の診断は、血液検査をすることで、未熟な細胞があるかどうかをまず調べ、骨髄のなかの造血組織に変化があるかどうかを検査をして決定します。


治療においては、骨髄のなかの白血病の細胞をなくしてしまうために薬物療法がおこなわれます。こうした治療法で、1カ月ほどで白血病の細胞は消滅していきます。


その後、こうした状態を維持するために薬物療法を引き続き行います。脳への転移を予防するために一緒に放射腺療法も行われます。





卵巣嚢腫 症状卵巣嚢腫にはこぶのなかにさらりとした液体が入っている漿液性、ゼラチン状の粘液が入っているムチン性、ゼラチン状の粘液が入っているチョコレート嚢胞、脂肪や髪の毛などが入っている皮様性があります。

どうして、そのようなものがたまるのかは、まだ解明をされていませんが、そのすべては良性の腫瘍になります。

ただし、こうした症状の診断も難しく、チョコレート嚢胞と診断して手術を行ったときにチョコレート嚢胞から発生した明細胞がんや類内膜腺がんが判明するケースが少なくありません。


また、皮様性の嚢腫は95パーセント以上が良性になりますが、35歳以上では1パーセントはがん化しているので、手術前の十分な検討が必要になってきます。


卵巣嚢腫も卵巣がんと同じで、かなり大きくなるまでこれといった症状はでてきませんが、嚢腫が大きくなるにつれて、おなかが膨らんできます。


触れるとしこりが感じられるようになり、腰痛も起こってきます。さらに進行すると、膀胱が圧迫され、頻尿や残尿感などを伴います。


良性脳腫は、命にかかわることがないため、必ずしも手術は必要ありませんが、問題は手術をしないと良性か悪性かの確実な診断ができない点にあります。


最近は、経膣超音波検査やMRIなどでその95パーセントが良性か悪性かの判断がつくようになりました。


良性ならば腫瘍を摘出しなくてもいいのですが、まれに茎捻転を発症することがあるので、その場合は手術を行って除去をする場合があります。


腹腔鏡手術は、腹部に数箇所穴を開けるだけですむので、体への負担が軽減されます。また開腹するときも、恥骨直上横切開による手術であれば、腫瘍を破裂させることなく、摘出することができます。


手術をした後の回復も早いようで、手術料金が高くないというメリットなどがあります。




皮膚がん 症状 予防皮膚がんは、表皮層から発生するがんで、有刺細胞がんや基底細胞がん、色素細胞から発生する悪性黒色腫、メラノーマなどがあります。

皮膚がんのなかでもっとも発生頻度が高いのは基底細胞がんですが、中高年に多く発生し、長い間紫外線にさらされたことが原因となります。

悪性黒色腫メラノーマも中高年以降にみられ、しみやいぼ、やけどや外傷が誘因のものもありますが、やはり紫外線によるものが多いようです。


表皮ないがんの症状 日光角化症では、頭部や耳、顔、首やうなじ、手足の甲、前腕といった、日光のあたりやすい部位に円形または不定形の発疹がでてきます。


有刺がんの症状は、はじめは約5mm程の盛り上がりが生まれ、表面にがさがさした皮膚が付着します。それが5mmを超える紅色をした大きな隆起となり、噴火口のような形の腫瘍が発症することがあります。


基底細胞がんの症状 黒色や黒褐色のほくろに似た皮膚の盛り上がりが初期症状で、数年かかって大きな腫れになります。


悪性黒色腫の症状 褐色や黒褐色の色素斑ができ、それが、中央部から色が濃さを増し、隆起や潰瘍がみられるようになります。爪の場合は、黒褐色の縦のずじがでてきます。


皮膚がんを予防するには、紫外線から皮膚を保護することが基本となります。子供の頃から対策をシッカリとたてておきたいものです。


遺伝子に傷をもったまま成長とともに細胞が増殖すると、長いあいだには遺伝子に変異がおこりやすくなります。


皮膚がんでは、皮膚の変化に注意をすることです。皮膚がんの場合前がん病変がみられ、それを放置しておくとがん化します。


なので、皮膚の変化をみのがさないようにしましょう。皮膚がんになりやすい皮膚病変があるときは、皮膚科医に経過をみてもらうようにすると確実です。





肺がん 症状 原因 予防肺がんの最大の元凶は喫煙になります。喫煙しない習慣、禁煙、防煙を実践しましょう。肺がんの罹患率は、男女と共に急速に増加しています。

男性では、死亡者数が胃がんを抜いてトップになっています。中高年以降の男性に多くみられ、年齢とともんい増加し、70歳代が最も多くなります。

肺がんは気道の粘膜から発生するもので、気道のうちの気管、気管支、その先の肺胞までのあらゆる部位におこります。

また、肺がんは発生する場所によって分類することもあります。

肺の入り口の気管支にできる肺門型肺がんは、早期からせき、喀痰、血痰などの症状がみられ、かぜの症状とにているために放置しやすいですが、発熱や鼻水、のどの痛みといったかぜ特有の症状がなく、女性や非喫煙者にもみられます。


扁平上皮がんは、腺がんよりも高齢者にみられ、肺の入り口の気管支に発生しやすく、特に喫煙との関係が深いことがわかっています。


肺がんをおこす直接の原因は十分にわかっていませんが、つぎのようなことがよく知られています。


喫煙 最も大きく、喫煙本数が多いほど、また喫煙開始年齢が早いほど肺がんになりやすことがわかっています。一日の平均喫煙本数と喫煙年数を掛け合わせたプリンクマンの値が600以上の人は危険性が高いといえます。


また、最近では、受動喫煙者の肺がん発生率は、受動喫煙の肺がん発生率が高くなっています。


肺がんを予防するには 喫煙しないことです。喫煙している人は、禁煙することで危険度は徐々に低下します。しかし、非喫煙者のレベルまで危険度が低下するには、禁煙後15〜20年もかかってしまうので、若い頃から喫煙を習慣づけないことが大切です。

お酒を飲みすぎない 喫煙と飲酒が重なると、危険度が大きく高まります。


緑黄色野菜を沢山食べる 緑黄色野菜や果物をよく食べる人は、あまり食べない人にくらべて、肺がんの危険性が低くなるという報告もあります。毎日、十分に食べるようにしましょう。


がん検診を受ける 日本では、これまで、胸部X線撮影や喀痰細胞検査がおこなわれてきました。肺がんの予後は、あまりよくないものですが、検診で発見された肺がんの経過は、自覚症状で発見された場合よりも良好であるという報告があります。


肺がんの検診の精度は低いことなどが指摘されていますが、早期発見が重要となります。早期発見に有効なCT検診も実施されるようになりました。




乳がん 検査 治療 マンモグラフィー乳がんは、乳腺にできた悪性の腫瘍です。病院で行われる乳がんの検査は、触診や超音波検査、乳房をはさんでエックス線撮影をするマンモグラフィーなどを行います。

分泌物がでていれば、その細胞を調べていきます。しこりに針をさして細胞を調べていきますが、それでも診断がつかないときは、しこりを切って組織をしらべていきます。

乳がんは唯一、自分で自覚でき、早期発見ができるがんです。気になる人は自己チェックによって異常を見逃さないようにすることが大切です。


普段から自分のオッパイを見たり触れたりして、平常時の様子をしっておくと、異常に気づきやすくなります。


乳がんの進行度は、0期から鹸に分類ができます。0期はがんは上皮にとどまって、しこりはありません。鬼は乳房内にがんが広がり始めています。

そのしこりは2センチ以下で、リンパ節への転移もありません。


挟、郡の状態ではしこりの大きさやリンパ節への転移の有無などによって変わってきます。鹸の状態では、しこりの大きさにかかわらず肺や肝臓などの内臓、脳などに転移している場合です。


乳がんは、手術、放射線、薬によって治療します。がんの切り取る範囲は、がんの進行の程度や性質によっていろいろです。かつては、オッパイからまわりの筋肉まで全部とってしまう方法が主な方法とされていました。


現在は、オッパイはとっても筋肉は残していく方法や、ごく初期のがんであれば、がんの部分とまわりの乳腺だけいを摂る乳房温存療法などがあります。