トップページ>>子宮体がんの早期発見と早期治療が大切です


子宮がんは、食生活の欧米化など、高脂肪で高蛋白の食事や女性のライフスタイルのアドの大きな変化などにより増加しているがんです。


子宮体がん、子宮の体部にできるがんです。今現在では、子宮頸がんの方が圧倒的に多いですが、子宮体がんにかかる人も増加の一途をたどっています。


アメリカやヨーロッパなどの欧米諸国においては、子宮体がんと子宮頸がんの発症比率についてはあまり数値の変化はありません。


子宮頸がんの発症原因では、性交渉との関連が広く言われています。但し子宮体がんの場合はそのようなことはありません。それとは反対に、妊娠、出産を経験したことのない人に多くみられます。


体型として肥満の人、また高血圧や糖尿病の人に多く、脂肪の過剰摂取が関係しているのではないかという説もあります。欧米で子宮たいがんと子宮けいがんがほぼ同率で、日本でも子宮たいがんが増えていることからもそれは示唆されます。


子宮体がんの診断法には、細胞診(さいぼうしん)、組織診(そしきしん)、子宮鏡診(しきゅうきゅうしん)などがあります。


細胞診という診断方法は、小さな組織を採取してがん細胞が存在するかどうかを調べる検査を言い、「子宮膣吸引法(しきゅうちつきゅういんほう)」を用います。


子宮体がんの初期症状は、子宮けいがんと同様、不正出血がみられることです。子宮たいがんの場合は、比較的早くから出血があります。


また帯下もあり、やがて痛みを伴うようになると、全身症状(貧血など)へと進行します。そうなる前に、婦人科の受信が必要です。


子宮体がんの場合、1期で発見できれば、5年生存率は83パーセントです。この数値から明白なことは、早期発見と早期の治療を行うことが極めて大切になります。


また、日頃から、脂肪分の多い食事をしている人やお肉や卵など、動物性のタンパク質を多くとる習慣を持っている人は、予防のためにも意識してその量を減らすことをこころがけるといいようです。



トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔