トップページがん食道がんの手術による治療の注意点

がん


食道がん 手術 治療食道がんは、大腸がんや胃がんと比較すると相対的に少ないがんです。ただし、がんが発生するとその進行が特に早いので、早期発見と治療が極めて重要ながんです。


食道がんの多くは、外科での治療が行われていましたが、早期発見ができるようになって、その治療法は大きく変化をしています。


手術を行うことで、食道がんの病巣を取り除いていくことが確実な治療法ですが、食道は、胸腔の最も内側にある組織で、気管や大血管、神経などとも交差をしているので、手術による治療も困難です。


がんの浸潤が粘膜内に停滞し、その周辺のリンパ節まで転移をしていない早期の食道がんに行われる治療では、内視鏡で観察を行って、粘膜切除を行う治療法ができるようになってきました。


また、手術の前に放射線照射での治療を行って、がん細胞を小さくさせる処置を行って、手術をする方法のほか、化学療法、温熱療法を併用する方法などが使用されています。


食道がんの手術をした後に気をつける点は、食道を切除した後、胃を頸部や胸腔内につり上げたり、腸管を移植して食道の代用などをしているので、眠っている間に胃液や腸液が逆流しやすいことがあります。


胃液や腸液の逆流症状の対処法として背をやや高くして傾斜をつけて寝るようにするか、右側にして寝るようにすることで予防をすることができます。


はじめの頃は、流動食で吻合部を慣れさせるようにした後で、少しずつ固形物に戻していきます。禁酒や禁煙に努めることが食道がんの手術をした後には特に大切になります。



トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔