トップページ>>急性胃炎の症状と治療について


急性胃炎 症状 治療急性胃炎は、よく知られている胃の病気の一つです。急性胃炎は単なる胃の粘膜の浮腫から、発赤や糜爛、潰瘍形成に至るものまで、いろいろな胃の粘膜病変像を引き起こしてしまう症候群のことをいいます。


急性胃炎のタイプには、症状がすぐに治癒するものから、かなり重症のものまでが含まれています。急性胃炎の症状や原因はさまざまで、大きく七つのほどに分けられます。


食事は、過食や香辛料、漬物。 アルコール性 薬物性は、非ステロイド系消炎、鎮痛剤、ステロイド剤、抗がん剤など。腐食性は、塩酸や硫酸などの強酸や、アルカリの強いもの、砒素、パラコート


感染性は、サルモネラ菌、ポツリヌス菌、病原性大腸菌など。放射線性は、肺がんやその他の治療で放射線治療を受けたときなど。やけどは、中枢性疾患、身体的ストレスによるものと、精神性ストレスによるものなどです。


急性胃炎の症状は、原因によって多少異なってきますが、その多くは上腹部のしぼるような痛み、胸やけ、むかつき、嘔吐といった症状から始まります。


食中毒などを起こしている時は、発熱や下痢を伴うこともあります。お腹の炎症がひどときには、激痛とともに吐血や下血の症状がみられます。


急性胃炎の治療としては、症状の強さや原因によって異なります。一般的には食事療法と薬物療法を併用します。


食事療法として軽症の場合は、食事回数と食事の量を減らす、吐血したりして重症のときは、絶食が必要になります。


食中毒などが原因の場合は、高熱や激しい下痢で脱水症状を起こす危険性があって、点滴注射が必要となることもあります。


病原性大腸菌による場合は、細菌毒素が体内に回らないように早期治療が不可欠です。腐食性ものが原因の場合は、体内に吸収しないように胃の洗浄が必要なので、緊急な治療が必要です。


薬物療法としては、胃酸分泌抑制剤、胃粘膜保護剤、消化剤などが使用されます。精神的ストレスの場合は、環境を変えることが大切ですが、精神安定剤の使用も効果があります。



トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔