トップページ鼻の病気慢性副鼻腔炎の症状

鼻の病気

慢性副鼻腔炎は、副鼻腔に膿がたまることでおこります。

慢性副鼻腔炎は、一般的に蓄膿症といわれています。副鼻腔に膿がたまった状態で、その多くは、急性副鼻腔炎が慢性化することでおこります。

急性副鼻腔炎は、抗生物質などの薬物療法によって比較的短期間のうちにそのほとんどがよくなります。

また、時間の経過と共によくなるケースもあります。

ただし、副鼻腔粘膜の炎症がおさまらないで長引いてしまうと、本来膿をだす働きをする粘膜の働きがなかなか回復しないで、細菌感染が加わってよけいに炎症が治りにくくなってしまうという悪循環に陥ります。

このような状態になってしまったものが慢性副鼻腔炎です。

風邪の症状をきっかけにして急性の副鼻腔炎になり、その症状が3ヶ月以上を続いてしまうと慢性副鼻腔炎に移行する例が多くなります。

なかには、急性副鼻腔炎からすぐに慢性副鼻腔炎になってしまったり、急性副鼻腔炎を何度も繰り返しているうちに慢性化してしまうこともあります。

軽度の風邪をひいてしまい、それをぐずぐずと引きずっているうちに、アレルギーなど、他の要因などと絡み合って慢性化することもあります。

急性副鼻腔炎が完全に治りきらないうちに、再び風邪をひいたりすると炎症が再燃してしまいます。

粘膜がはれあがり、洞の孔がふさがれてしまい、鼻腔への通気が悪くなり、分泌物がうまく排出されなくなってしまいます。

そこに細菌がついてしまうと、炎症はますます悪化をしていきます。細菌がつくる毒素も病態形式にかかわりをもっています。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔