トップページがん白血病の症状と治療

がん


白血病 症状 治療白血病は、骨髄で製造される免疫細胞の白血球が無制限に増殖し、その結果、若い白血球が非常に多く血液中にでてくる病気です。白血病は血液のがんとも呼ばれています。


白血病発症の原因は不明とされていますが、放射線に長くさらされたあとの発病率が高く、ニワトリとかマウスの白血病ではウイルスが発見されたという報告もあります。


白血病の死亡率は、日本では、10万人に対し3人ぐらいといわれていますが、増加傾向にあります。


白血病は、原爆被爆者のなかから数多く発生しています。そのほか、放射線を取り扱っている技師や、放射腺治療を受けた人の発生率も高くなっています。


白血病は、急激な経過をたどる急性白血病と、ゆるやかに進行していく慢性白血病に分けられています。また増殖をしていく白血病の種類によって骨髄性、単球性、リンパ性に分けられています。


白血病の中では、急性白血病がそのやく3分の2を占めていて、3分の1が慢性白血病です。子供の場合は、ほとんどが急性白血病になります。


白血病の症状 急性白血病は、ある日突然に発病します。その症状としては、発熱、だるさ、皮下、歯根や鼻などからの出血と貧血、関節痛などがあります。はじめのころにでてくる症状が貧血だけということもあるので注意が必要です。


慢性白血病のなかでも慢性骨髄性白血病が大部分になります。いつ発病したのか、わからないことがほとんどです。貧血やだるさがあって、脾臓や肝臓のほかリンパ節のはれる人もいます。


白血病の治療 白血病は、手術による治療は不可能です。最近では、化学療法が進歩して、骨髄中の病的な白血球は減少させることができるようになりました。


特に子供の急性リンパ性白血病は化学療法がよく効果があって、不治の病と考える必要はなくなりました。


ただし、成人の急性骨髄性白血病の治療は困難になります。成人の場合は、抗がん剤を作り出されるのに、2〜3週間必要で、この間に細菌の感染や出血がおこる危険な状態に陥ります。


白血病では、血液の検査によって、白血球細胞が化学療法で、どのような変化を受けるか、追求が可能になってくるので、抗がん剤の効果を臨床的に確かめていくことができます。




トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔