トップページがん卵巣嚢腫の症状と治療法

がん


卵巣嚢腫 症状卵巣嚢腫にはこぶのなかにさらりとした液体が入っている漿液性、ゼラチン状の粘液が入っているムチン性、ゼラチン状の粘液が入っているチョコレート嚢胞、脂肪や髪の毛などが入っている皮様性があります。

どうして、そのようなものがたまるのかは、まだ解明をされていませんが、そのすべては良性の腫瘍になります。

ただし、こうした症状の診断も難しく、チョコレート嚢胞と診断して手術を行ったときにチョコレート嚢胞から発生した明細胞がんや類内膜腺がんが判明するケースが少なくありません。


また、皮様性の嚢腫は95パーセント以上が良性になりますが、35歳以上では1パーセントはがん化しているので、手術前の十分な検討が必要になってきます。


卵巣嚢腫も卵巣がんと同じで、かなり大きくなるまでこれといった症状はでてきませんが、嚢腫が大きくなるにつれて、おなかが膨らんできます。


触れるとしこりが感じられるようになり、腰痛も起こってきます。さらに進行すると、膀胱が圧迫され、頻尿や残尿感などを伴います。


良性脳腫は、命にかかわることがないため、必ずしも手術は必要ありませんが、問題は手術をしないと良性か悪性かの確実な診断ができない点にあります。


最近は、経膣超音波検査やMRIなどでその95パーセントが良性か悪性かの判断がつくようになりました。


良性ならば腫瘍を摘出しなくてもいいのですが、まれに茎捻転を発症することがあるので、その場合は手術を行って除去をする場合があります。


腹腔鏡手術は、腹部に数箇所穴を開けるだけですむので、体への負担が軽減されます。また開腹するときも、恥骨直上横切開による手術であれば、腫瘍を破裂させることなく、摘出することができます。


手術をした後の回復も早いようで、手術料金が高くないというメリットなどがあります。



トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔