トップページがん骨髄異形成症候群の症状について

がん


骨髄異形成症候群 症状骨髄異形成症候群とは骨髄機能のトラブルによって造血器官に障害を発生させる症候群で、急性骨髄性白血病の前段階ともいわれる症状です。

骨髄にある全ての血液のもととなる細胞である造血幹細胞が異常を起こし、骨髄が正常に血液生成ができなくなり、極めてゆっくりと身体の血液成分全体に異常が起きます。

骨髄異形成症候群は、細胞の中にある遺伝子や、それがのっている染色体のトラブルであるということがわかってきています。


この病気は血液のおおもとの1個の幹細胞がわずかにトラブルを発症し、きわめてゆっくりと身体の血液成分全体に異常が起きてくる状態と考えられます。


骨髄が血液を造るという正常な働きをしなくなり、身体全体に正常な血液細胞を送り出せなくなるためさまざまな身体のトラブルをおこしてきます。


骨髄異形成症候群は、1982年にその病名が与えられたばかりなので聞き慣れない病名ですが、元東京都知事であった青島幸夫氏がこの病気で亡くなられたことで知った方も多いことでしょう。


骨髄の病気など他人事と思われるかも知れませんが、日本では、高齢化社会が進むにに伴って骨髄異形成症候群になる年配者の数が増えている状況です。


その理由として、この骨髄異形成症候群は50才以上の年齢の人、および高齢者に多く発症します。


ただし、骨髄異形成症候群は、高齢者だけの病気ではなく、発症年齢は小さな子供から中年までと、誰にでも起こる可能性があります。


発症すると動悸や息切れ、立ちくらみ、めまい、倦怠感など、貧血に似たような症状が出てきますが、進行が極めて遅いので、はっきりとした自覚症状が出てきません。


その結果、病院に行くのが遅かったり、小さな病院で単なる貧血と片付けられたりして病気を確定するのが遅れてしまいます。


骨髄異形成症候群に特有の症状というものはありませんが、病気の種類と進行度にしたがって、疲れやすい、だるいなどの貧血症状、皮膚に青あざが出るといった出血傾向、原因不明の発熱などの症状が出現します。


身体の中の血液の不足やトラブルにより引き起こされる症状ですが、なかなか診断がつかないために、「白血球減少症」とか「汎血球減少症」などの、暫定的な病名をつけられることもあります。


ただ、骨髄異形成症候群には今のところ決定的な治療法が無く、一度発症すると高齢者ほど助かる確率は無い恐ろしい病気です。


薬物治療や放射線治療を受けた場合などには、二次性の骨髄異形成症候群が起こることもあるので、唯一ともいえる治癒の可能性が最も高い治療法のひとつが骨髄移植となります。


これも年齢が若くて、その人に合う骨髄提供者が見つかればという厳しい前提条件下の話であって、治癒率も決して100%ではありません。


更に骨髄異形成症候群発症者の多い高齢者では、肉体的負担が大きすぎるため骨髄移植はできず、残念ながら成す術のないのが現状です。




トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔