トップページ鼻の病気慢性鼻炎の症状と治療

鼻の病気

慢性鼻炎は、鼻の粘膜が慢性的に腫れてしまう症状です。鼻腔は、鼻中隔と言われる壁で仕切られていて、奥には鼻甲介という突起が多くでています。慢性鼻炎では、鼻甲介の粘膜が腫れて、息をするたびに空気の通りが悪くなってしまいます。

慢性鼻炎は、ウイルスや細菌感染から急性鼻炎を繰り返したケースであるとかまたは長びいたケースで起こります。鼻中隔弯曲症をもっていると、弯曲によって広くなった鼻腔側の粘膜がはれて慢性肥厚性鼻炎が起こります。化学物質や物理的な刺激、さらに降圧剤や末梢血管収縮薬の副作用でも起こります。

鼻づまりが慢性鼻炎の主な症状になります。軽いうちは左右のどちらかが詰まってしまったり、横になったときに下になったほうの鼻がうっ血して詰まるということの繰り返しになります。更に悪くなると詰まった状態になります。

慢性鼻炎で鼻づまりがここまでひどくなると、口で息をせざるをえなくなり、嗅覚の感覚も鈍り、臭いもわかりにくくなります。頭が重く感じられ、口やのどが渇きやすくなり、集中力も欠如してきます。

鼻の内部の状態を把握する必要があるので、エックス線検査によって副鼻腔の形状や副鼻腔炎の有無を確認してから、処置をするようにします。治療の効果がなかなかでてこない場合は、腫脹した粘膜に対しての外科手術が必要となってくるケースもあります。

慢性鼻炎で、鼻づまり、鼻漏など長期間にわたってそのような症状が継続しているときは、何が原因かを診断してもらうようにします。点鼻薬を乱用には気をつけましょう。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔