トップページのどの病気声帯ポリープの症状について

のどの病気


声帯ポリープ 症状声帯ポリープは、左右の声帯の中央部の前方に粟粒くらいの大きさの腫瘍状のものをいいます。

声帯という声を出す器官は、声帯が閉鎖した上で震えることできれいな声がでます。ところが、声帯の突出物があるポリープができると声帯がきれいに閉じず、嗄声というが起こります。


声帯ポリープができると、濁声のように声がかすれてしまったり、声がでなくなったりしますが、痛みのないのが特徴です。


声帯ポリープの原因は、何かの炎症が起こることで、声帯の粘膜上皮下に出血が発せします。


このことは炎症によって、たとえば性喉頭炎などで粘膜が充血してるときあるいは大声の張り上げによって、または声帯の激しい振動で発症するといわれています。


そのために声を使う職業の人が起こりやすいとされ、アナウンサー、歌手、タレントや役者といった職業の人によくみられます。


声帯ポリープはがんにすすんでいく心配はありません。早期の発見で声をできるだけ使わないようにするだけでよくなります。


ただし、あまりにも進行してしまったものは、手術で声帯ポリープが発生する箇所を手術で切除してきます。


子供も大声で騒ぎすぎたりしていると大人と同じようにポリープや結節ができることがあります。


小学生の場合は、高学年になると、ほとんど自然に治癒していくようなので神経質にはならないほうがいいです。




トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔