トップページのどの病気咽頭炎の症状について

のどの病気


咽頭炎 症状咽頭炎は、咽頭に炎症が発生する病気で、上気道のすべてに症状がでることがありますが、鼻や咽頭、扁桃、喉頭、気管などに部分的に症状が発症することもあります咽頭炎は、急性のものと慢性のものとに分けられます。

急性咽頭炎は、ウイルスや細菌の感染によっておこりますが、そのほとんどは、風邪の一つの症状としてでてきます。


急性咽頭炎の主な症状は、はじめ、鼻とのどのさかいのところが乾いた感じと、なにかひっかかるような感じがします。次に痛みを感じるようになり、つばや食べ物を飲み込むときに痛みが発生します。


ここまでくると、口の奥の咽頭粘膜が腫れて赤くなり、高い熱がでることも多く、身体もだるくなってきます。


慢性咽頭炎は、急性咽頭炎を何回も繰り返していくことでなってきます。

鼻に病気を持っている人は慢性咽頭炎になりやすく、常にほこりを吸ったり、喫煙をしていたり、アルコール度数の高いお酒を多量に飲んだりしていると咽頭炎をおこしやすくなります。


慢性咽頭炎の主な症状としては、のどがいがらっぽくなったり、なんとなく乾いた感じがするものです。


のどの奥のほうが急性ではないですが、あかくなっています。慢性咽頭炎では、むせるような軽い咳がでるのも特徴です。急性咽頭炎も慢性咽頭炎も体質改善をし丈夫にすることが第一です。




トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔