トップページ耳の病気難聴の主な症状

耳の病気

難聴は、耳がよく聞こえない状態のことをいいます。言葉は、音波の一つとして耳介から外耳道を通って鼓膜に達して、鼓膜を震動させます。

この鼓膜の震動は、耳小骨をゆりうごかして、内耳にある蝸牛の中に伝えられます。この蝸牛というところで神経に対して刺激が発生して、それが脳に伝えられて音が聞こえてきます。

こうした音の聞こえる通路のどこかにトラブルが発生するようになると難聴になります。それらのうち、外耳道、鼓膜、中耳、耳小骨を伝音系とよばれ、こうしたトラブルの場合を伝音性難聴といわれています。

伝音性難聴を起こすものとして、鼓膜に穴があいたとき、耳硬化症、浸出性中耳炎や急性中耳炎などが主なものです。

特殊なものでは、外耳道が生まれつきふさがっていたり、鼓膜や耳小骨に奇形があったりする先天性のものもみられます。

そのどちらも、外耳、中耳のトラブルによる伝音性難聴は、手術をすることで治癒することが可能です。

難聴にはこうした伝音性難聴のほかに、蝸牛や、内耳神経、中枢までを含めた部分のトラブルによっておこる感音性難聴、内耳性難聴があります。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔