トップページがん乳がんの検査と治療について

がん


乳がん 検査 治療 マンモグラフィー乳がんは、乳腺にできた悪性の腫瘍です。病院で行われる乳がんの検査は、触診や超音波検査、乳房をはさんでエックス線撮影をするマンモグラフィーなどを行います。

分泌物がでていれば、その細胞を調べていきます。しこりに針をさして細胞を調べていきますが、それでも診断がつかないときは、しこりを切って組織をしらべていきます。

乳がんは唯一、自分で自覚でき、早期発見ができるがんです。気になる人は自己チェックによって異常を見逃さないようにすることが大切です。


普段から自分のオッパイを見たり触れたりして、平常時の様子をしっておくと、異常に気づきやすくなります。


乳がんの進行度は、0期から鹸に分類ができます。0期はがんは上皮にとどまって、しこりはありません。鬼は乳房内にがんが広がり始めています。

そのしこりは2センチ以下で、リンパ節への転移もありません。


挟、郡の状態ではしこりの大きさやリンパ節への転移の有無などによって変わってきます。鹸の状態では、しこりの大きさにかかわらず肺や肝臓などの内臓、脳などに転移している場合です。


乳がんは、手術、放射線、薬によって治療します。がんの切り取る範囲は、がんの進行の程度や性質によっていろいろです。かつては、オッパイからまわりの筋肉まで全部とってしまう方法が主な方法とされていました。


現在は、オッパイはとっても筋肉は残していく方法や、ごく初期のがんであれば、がんの部分とまわりの乳腺だけいを摂る乳房温存療法などがあります。




トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔