低血糖症 症状低血糖症というのは、血糖値は普通、
60〜160mg/dlに保たれていますが、
なんらかの原因で、50mg/dl以下になり、


特有の神経症状があらわれた状態をいいます。


低血糖症の主な症状として、
脱力感、発汗、動悸、ふるえなどの


交感神経症状が現れてくる他に
著しい低血糖状態に陥ると、意識が低下し、
昏睡に至ることもあります。


低血糖症の原因には様々なものがありますが
最もよくみられるのが、糖尿病患者に


投与されたインスリンや
経口血糖降下薬による作用となります。


時間どおりに食事をとらなかったり、
激しい運動をしたりすると、
薬が効きすぎて発症することがあります。


最近では、糖分や脂分の多い
菓子類などを食べる人が増えて、
それに比例するように
低血糖症になる人が増えているようです。


お菓子などの使われる糖分は、
身体にに吸収されすい糖分になっていて、


急激に血糖値があがるため、
膵臓は血糖値を下げようとして
インスリンホルモンを血液中に分泌します。


甘いものを多く食べる習慣が
継続していると、膵臓が
オーバーワークになって機能が低下してしまい、


インスリンを過剰に
分泌するようになる場合があります。


低血糖の状態がながく続くと、
身体のなかではエネルギー不足
の状態が常につづきます。


特に脳組織はブドウ糖を最大の
エネルギー源として働くため、


血糖値が下がったままの状態では
集中力が低下をしてきます。


低血糖症にかかると、めまいや頭痛
といった不調がでてきて、
重症の場合は、昏睡状態になることもあります。


低血糖症の状態をそのまま放置を
しておくと糖尿病や高脂血症などを
発症する危険性も非常に高くなるので
気をつけるようにしましょう。


低血糖症では、糖尿病以外では、
過量の飲酒や下垂体、副腎の
機能低下などが関与します。


低血糖症を起こしたら、
すぐにブドウ糖、またはブドウ糖を
含んだ清涼飲料水、またはショ糖を
含んだ飲み物を飲むようにします。





偏頭痛 原因 予防偏頭痛の症状を持っている人は、
日本において凡そ840万人いるといわれています。


偏頭痛になると痛みの為に何も手をつけることができません。
そして、仕事や家事など休んでしまうことも
珍しくありません。


偏頭痛で医療機関を受診をしても、
正確な診断がされなかったり不適切な治療で
症状を悪化させたりするなど、
なかなか治癒に結びつかない場合が多いようです。


偏頭痛は、動作によって痛みが強く激しくなります。
少しでも活動するとがんがんする
痛みがでてきたり、首をふっただけで
痛みの症状がひどくなります。


痛みのために仕事を休んだりと
社会生活を送るのに支障があることも多々あります。


偏頭痛は睡眠不足や睡眠過多で起こりやすくなります。


週末頭痛とも言われていますが、
これはウィークデーの睡眠不足が影響したり、
週末で睡眠をとりすぎるためが原因で起こります。


偏頭痛を予防するには、睡眠と覚醒のリズムを
シッカリとつくることです。


そして過度なストレスを避けることも大切です。
困難な仕事に向かっているいる時は
起こりませんが、終わったとたんに偏頭痛が起こります。


炎天下や人ごみのなかでも起こることもあります。
ワインやビール、チョコレートや
ビールなどが原因で起こります。


偏頭痛を起こす原因になることが
思い当たったときはそれを避けることが大切です。


偏頭痛は男性よりも女性に多いのが特徴です。
男性の3〜4倍といわれています。
年齢が60歳を越える頃になると少なくなるようです。


これは、偏頭痛が血管の弾力性に
関係していることが原因です。


血管が一旦収縮して、再び拡張するときに
痛みがでてくると考えられています。


という理由から年齢も若い頃のほうが
偏頭痛で起こる痛みも激しくなります。


偏頭痛の予防薬には発作の回数を少なくしたり、
頓挫薬の効果を引き出すこと役割があります。


一月に5〜6回ほど頭痛が起こる人は、
予防薬と頓挫薬の併用が効果的なようです。






栄養素


人の身体を動かしているエネルギーは
ATP、アデノシン三リン酸といわれる物質です。


そして、このアデノシン三リン酸を生成するのに
必要な栄養素がコエンザイムQ10になります。


細胞の中にはミトコンドリアと呼ばれる小器官があります。
ミトコンドリアは太古に細胞内に寄生したとされる
微生物です。


この小器官によって生成されるエネルギーは
全エネルギーの凡そ90パーセントを超えるとされています。


特に身体のなかでエネルギーが必要な臓器
心筋や骨格筋、脳や肝臓などの細胞に多くあります。


24時間フルに働いている心臓は、莫大なエネルギーを
消費します。心筋細胞にあるミトコンドリアでは
コエンザイムQ10がフル稼働してATPを作り出しています。


規制が緩むまでは、心臓の薬として使用されていたのが
コエンザイムQ10です。


人気の栄養素ですが、実はその多くが日本で
製造されていることはあまり知られていません。


病気がちな人や、疲れ気味の人には、一度試してみる
価値のある栄養素ですが、一日の目安になるのが
60mgとされています。


市販のサプリメントのなかにも高品質のものがかなり
販売されているようなので、一日飲む60mgが含まれているか
どうかを目安にして摂るといいですね。


がん


卵巣がん 症状卵巣がんは自覚症状がほとんどでない病気として知られています。そのため、沈黙の病気などと言われていて、気づいたときには、進行がんになっている例が少なくありません。

卵巣は二つあるので、片方にがんが発生しても、もう一方の卵巣がんが正常に機能をしていれば、年齢相応の性機能は保たれるため、症状がでにくいということです。

卵巣がんは、子宮のように不正出血がおこることもありません。


人によっては、不定愁訴が、上・下腹部にあらわれることがあります。ただ、おなかがはるとか、重いといった程度なので、この時点で卵巣がんを疑って婦人科を受診する人はほとんどありません。


卵巣がんが大きくなって、はじめて下腹部にしこりを感じたり、腹部膨満感を覚えるようになります。


卵巣が腫れていることに気づかず、最近太ったとか、スカートのウエストがきくつなったとかいう人がいます。


このことは、卵巣が腫れているためだけでなく、腹腔内にがんが播種した結果、腹膜の機能が低下して、多量の腹水がたまっていることも考えられます。


卵巣がんの病巣が大きくなると、腹部膨満感が強くなったり、仰向けに寝られないほど苦しくなることもあります。


腹部のしこりや、腹部膨満感などの自覚症状が受診のきっかけになることが多いのですが、ここまで進行する前に、定期的に婦人科で検診することが大切になります。


卵巣は、子宮と違って、直接細胞を摂取して検査することができません。子宮体がんの検査を吸引法で行うと、卵巣表面の細胞が摂取される場合がありますが、確実な検査結果は得られません。


最近は、婦人科検診の際に経膣超音波法が用いられれるようになり、これによって一期の卵巣がんを発見することが可能になりました。


一期は基本的には治すことが可能ながんです。技術の高い婦人科医であれば、MRI検査をしなくて経膣超音波のみで、卵巣がんを早期に診断することが可能です。




がん

直腸がん 症状直腸がんでは、便通異常や便をした後に出血がみられますが、症状はいろいろで注意が必要になります。

日本人に増加傾向のある直腸がんは、直腸のどの部位にがんが発症したかによって、あらわれてくる症状が異なります。

直腸膨大部といわれる便がたまっている袋は、肛門管の上から直腸の半分以上を占めています。


その部位にがんが発生してもそのために腸管の便通障害がおこるには、他の大腸がんよりかなりの時間がかかります。


逆にいうと、直腸膨大部では、便通異常が起こりにくく、早期に症状があらわれにくいため、症状としてみられるときには、かなり進行がんになっている場合が大部分になります。


直腸がんが進行するとなかなか便が出てこない、便が細い、肺便後またすぐに行きたくなる、便秘がちになるなどの症状を示す便通異常や排便時の出血がみられるようになります。


時には、下腹部痛や肛門の奥のほうが痛いといった痛みを訴えることもあります。


また、なんの症状もなく、検診で便潜血反応が陽性であることを告げられ、大腸内視鏡検査をスクリーニングとして施工したら、直腸がんを検出したといった場合もみられます。


このように直腸がんの症状は、まちまちなので注意をする必要があります。一方、出血は、比較的多くのがんの症例にみられるので、出血に気づいたら、すぐに専門医に見てもらうのが賢明です。


ただし、痔からの出血の場合も多いので、がんからの出血と区別する必要があります。


重要なのは、痔を患いながら、長く診察を受けずに投薬のみを受けていたり、市販の痔の薬を使用している人が、直腸がんからの出血を痔からの出血と誤認して見過ごしてしまう場合です。


痔の人にはこのような場合が多くみられます。病院を訪れたときには進行がんになっていて、人工肛門を余儀なくされるといった苦汁をなめてしまいます。


出血があったら、自分で勝手に判断をしないで、専門医の診断を受けるようにしましょう。



豚インフルエンザが猛烈な勢いで増加をしているようです。今日のお昼のワイドショーで豚インフルエンザを予防するには、うがいと手洗いとマスクと言っていました。

3M社製1870 N95マスク(折り畳み式)結核感染予防、鳥(H5N1)・新型イ

こちらの商品は 個別包装です! (1枚当り200円税別) 【注記】 マスクは医療用品ではありませんが, 3Mヘルスケア社のN95製品の中で、医療向けサージカルマスクは「1860」「1870」タイプだけです。 この2タイプは他と異なり『耐水性』仕様です。 他の目的用マスクとの違いにご注意ください。


豚インフルエンザウイルスは70度以上の加熱処理をしていれば安全ということです。


人から人への感染をするようで、シッカリと対策を行うことで予防す必要があります。


ヤフーニュース記事より

27日午前、豚インフルエンザに関する閣僚会議を首相官邸で開き、当面の政府対処方針としてウイルスの国内侵入を防ぐために水際対策を講じることや、ワクチンの製造を早急に検討することなどを確認した。

  [イラストでチェック]豚から新型インフルエンザ発生への仕組み

 麻生太郎首相は会議の冒頭、全閣僚に対して「日本としても警戒を強化すべき事態にある。各省庁が一丸となって国民の安全、安心の確保に万全を期さなければならない」と述べ、対策を強化するよう重ねて指示した。

【関連記事】
・ 豚インフル拡大懸念 鳥に重点…「想定外」困惑
・ 28日に再びWHO緊急委 豚インフル警戒水準引き上げ焦点
・ 豚インフル 米が緊急事態を宣言
・ 豚インフルってナニ? 食べてもOK、ワクチンは…
・ 豚インフル、米国に見えない脅威 水際での防止は極めて困難

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090427-00000034-mai-soci




詳細は2009年豚インフルエンザの集団発生を参照

2009年4月24日、メキシコにおいて、人が豚インフルエンザウイルスA型(H1N1型)に感染する事例が相次ぎ、2009年4月25日夜にかけて1300人以上が感染し、80人以上が死亡する事態となっている。同時に、アメリカでも感染例が報告された。ニュージーランドでもメキシコから帰国した25人が感染の疑いがあるとし、[1] 拡大の兆しを見せている。

ウィキペディアより


豚インフルエンザの感染を予防するには、豚を食するときは、過熱シッカリと行って、手洗い、うがい、マスクはシッカリと行いましょう。


3M N95マスク 8000N95(防護マスク30枚入り)N95規格適合スリーエ

通常のインフルエンザは、感染した人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫とともに放出されたウイルスを吸入することによって感染します。そのため、外出後の手洗い、マスクの着用、流行地への渡航、人混みや繁華街への外出を控えること(不要不急の外出の自粛)が重要です。



口内炎 症状 治療口内炎は、口腔粘膜の炎症です。食べ物がしみて痛み発熱もでてきます。白い膜ができると触ると痛みを発したり、赤くなったり、食べ物をとると痛みを発したりと起こる症状は多岐にわたります。


数ミリから1センチ程度の大きさのものですが、時には激痛が走ったり、集中力が下がり仕事や家事の能率が下がるなどの弊害もあります。口内炎は、口の粘膜の炎症の総称で、症状によって、カタル性口内炎、潰瘍性口内炎、壊疽性口内炎などに分類されます。


カタル性口内炎

口内炎のなかでは最も軽いもので、口内の粘膜が赤く腫れたり、熱くなったり、所々に赤い斑点ができたりします。


唾液の出る量が多くなり、粘っこくなって口臭が強くなることもあります。痛みはそれほど強くありませんが、酸っぱい物や塩気の強いものなど刺激性の飲食物はひりひりとしみます。


潰瘍性口内炎

舌や歯ぐきなどの粘膜のあちこちに、小さな潰瘍ができる口内炎です。潰瘍のタイプによってびらん性、偽膜性、アフタ性などに分けられます。


びらん性は潰瘍の表面が赤くただれ、偽膜性は表面に白い偽膜様のものがつき、アフタ性は円形の潰瘍の中央が白っぽくくぼんでいます。


いずれも、強い痛みがあって、話すのもつらく、食べ物がとてもしみます。重症で高熱がでることがあります。


壊疽性口内炎

口内組織が腐ってしまう最も重い口内炎で、まれな病気ですが、肺炎やはしか、白血球、がんなど身体の抵抗力が弱っているときに起こることがあります。


口内炎の治療法では、まず口の中を清潔にすること。過度な疲労やストレス、睡眠不足に十分に気をつけること。栄養の偏りのないバランスのよい食事を心がけること。禁煙はもちろんアルコールの多飲にも気をつけることなどが必要です。





腹膜炎 原因 症状腹膜炎は経過から急性腹膜炎と慢性腹膜炎に分けられます。腹膜におこる病気のなかで最も多いのが細菌感染による急性腹膜炎です。

なかでも虫垂炎(盲腸)によって虫垂が破裂したときにしばしばみられます。


その他に、胃や十二指腸の潰瘍、腸閉塞などによる穿孔や、腹部外傷によって胃や腸に孔が開いたときにも腹膜炎が起こります。


その他、穿孔によって腹腔内に胆汁や膵液がもれたり、膀胱から尿がもれたとき、あるいは卵巣のう腫などが破裂したときにも、二次的な細菌感染によって腹膜炎が誘発されることがあります。


女性の場合、子宮や卵巣などの炎症から腹膜炎が起きることがあります。主な症状は強い腹痛ですが、痛み方は、もとになる病気や原因によって一様ではありません。


胃潰瘍による穿孔が原因となって腹膜炎が起こる場合には、突然、腹痛がおこります。虫垂炎による穿孔の場合には、それまでにあった痛みが一段と強くなります。


いずれにしても腹膜炎からおこる痛みの症状は強烈で、痛み止めの注射をしないと我慢をすることができないほど強烈です。


特に腹部に手を当て、押してから、離すと、反射的に強い痛みを感じます。腹痛とともに、腹膜炎では、嘔吐や腹部の膨満感といった症状も現れます。


全身症状としては、ショック状態に陥り、血圧が下がって、手足が冷たくなってきます。さらに進行すると、苦悶の表情になり、目がくぼんで、腹部に触れると板のようにかたくなっています。


急性腹膜炎では、手遅れになると、一命を落とす危険がでてくるので、直ちに専門医の治療を受ける必要があります。




多血症 原因 症状多血症は、血液細胞の赤血球が異常に増加してくる病気で、多血症には原因がハッキリとしない真性多血症と原因が判明している二次性多血症があります。

真性多血症は、骨髄細胞が赤血球を多数作っていくことから起こるものと考えられていますが、どうして骨髄が赤血球を多くつくるのかという原因は解明されていません。


自覚症状がまったくないことも多々ありますが、多血症の多くでは、息切れ、頭痛、めまい、疲れやすい、不眠といった症状がでてきます。


その他の症状として、顔や手足が深紅色になったり、結膜に充血が見られたり、口の中や胃腸、性器からの出血があらわれ、約50パーセントの人に高血圧があらわれ、そして脾臓の腫れが見られます。


真性多血症の場合は、赤血球だけでなく、白血球と血小板も増えています。赤血球の増加が著しく、出血や心臓血管系の病気のおそれがあるときには、瀉血といって注射器で血液を体外に出す治療が行われます。


症状は一旦よくなりますが、またすぐに赤血球が増加してまた元に戻るので、ハイドロキシウレアなどの骨髄の働きを抑える薬剤を活用して赤血球の量を減少させる治療が行われます。


真性多血症は、慢性に経過するため、医師の指導を良く守って生活することが大切です。治療を怠ると赤血球と血小板の数が増える為、脳卒中や心筋梗塞などの血管障害を起こしやすくなります。


二次性多血症は、なんらかの病気があって、その病気が原因となって赤血球が多量につくられる病気です。


気圧の高くなる地域に住んでいる人、先天性の心臓病を持っている人や肺疾患がある人は、体内の酸素不足になるので、酸素欠乏を改善するために赤血球が増加します。


腎臓、肝臓、小脳の腫瘍でも多血症になります。そういうことから症状がないからといって放置をしないで、専門医の指示を受けることが大切です。


症状は真性多血症の場合と同様に、脾臓の腫れの変わりに原因疾患の症状が加わってあらわれます。治療で、原因となっている病気の治療が第一です。




子宮筋腫 原因 症状子宮筋腫は、ここ数年増加している婦人科系の疾患の一つで、成人女性の20〜40パーセントが子宮筋腫を持っているといわれています。

子宮筋腫は年代的に30代〜40代の中年女性に多く見られますが、最近は、20代の女性にも増えてきています。


子宮筋腫は、子宮の筋肉の層にできる良性の腫瘍で、転移、がん化はせず、閉経すると自然に小さくなっていくので、命にかかわる病気ではありません。


ただし、子宮筋腫ができる場所によっては、過多月経やそれに伴う貧血、めまいをおこしたり、子宮が攣縮したり、子宮筋腫がねじれて急激な腹痛を起こす恐れもあります。


子宮筋腫は子宮内膜症との合併も多く、この場合は生理痛が強くなります。子宮筋腫が骨盤の神経や血管を圧迫すると腰痛に、直腸や膀胱を圧迫すると便秘や頻尿に、卵管を圧迫したり受精卵の着床を妨げる不妊、流産の原因になります。


子宮筋腫は、初潮前にはほとんどみられない、女性ホルモンの分泌が活発な30代〜40代に多い、閉経後は自然に縮小、消失するなどの理由から、子宮内膜症同様に、女性ホルモンのエストロゲンが深くかかくかかわっていると考えられています。


エストロゲンそのものは、骨にカルシウムを蓄えたり、正常な月経周期を維持するために必要なホルモンですが、過剰な刺激は子宮内膜症や子宮筋腫だけでなく、子宮がんや卵巣がん、乳がんなど婦人科系がんの引き金にもなるといわれています。


エストロゲンが過剰になる原因としては、女性のライフスタイルの変化や食生活の欧米化、ダイオキシン汚染といった現代社会特有の問題が指摘をされています。


子宮筋腫で現れてくる主症状には、月経量の増加、不正子宮出血、月経困難症、下肢のむくみや腹痛、人によってはまったく自覚症状がない場合もあります。子宮筋腫はそのまま放置をしておくと危険な場合があります。


子宮筋腫の治療では、手術をおこなって切除をするしか方法がありません。筋腫を取り除いてしまうか、子宮を全部とってしまうかです。